E4UA

Audeze SINE Deluxe open back & SENNHEISER HD650用 4.4mm5極バランスケーブル Mogami2534&オヤイデ4N純銀撚り線Mixツイスト

AUDEZE SINE Deluxe open back
SENNHEISER HD650
これら2つのヘッドホンリケーブル製作のご依頼をいただきました。

っといいましても、メールをいただきました当初はSINE用ケーブルについてのみで、HD650用は同じ線材・似た構成の兄弟ケーブルを製作するような感じで、追加でいただいたものです。

AUDEZEのSINE…
このヘッドホンが出た当初、格好も良く私もかなり欲しかったのですが、購入するヘッドホンはほぼリケーブルできる事が前提だった時期でもあり、難解な形状のプラグを再現する事ができなかった為、購入には至っていなかったんです。
ですが月日も流れ私の形成術も上がってきたのもあり、一昨年ぐらいに購入しました。
今年の初売りオークションセールではMMCXプラグアダプタ

も出品しておりましたが、今回はケーブル製作のご依頼をいただきました。

HD650用兄弟ケーブルとは外装ナイロン編組チューブの色柄のみ違います。
左(上)がSINE
右(下)がHD650
です。

線材はMogami2534(core)とオヤイデ4N純銀撚り線を2:1Mixツイスト(片チャンネル3芯)をご指定いただきました。
Mogami2534は4芯の線材ですがこれを2芯ずつに分解し、これにオヤイデ4N純銀撚り線を添わせて再ツイスト、ナイロン編組チューブに通線して再度ツイストしました。
以前blogに書いた、audio-technica ATH-ADX5000用ケーブルと同じ構成にしていただけたものですが、Mogami2534の暖かい音とオヤイデ4N純銀撚り線の抜ける音が交わります。
太さ的にはヘッドホン用としては良い感じに使えるサイズ(太さ)のケーブルになっており、ポータブルでも取り回しは良いです。
重さもそれほどなく、Mogami2534の柔らかすぎない柔らかさは、イヤホンでは使えないがヘッドホン用としては良い所にあります。

ヘッドホン側プラグはSINEは平凡な3.5mm2極プラグですが、形状が変態的。
最小サイズに最大サイズの平面振動版を持ってきたいが為、3.5mm2極プラグはその場所に置くしかないよな・・と考えさせられるデザイン。
今までは純正ケーブルでしか考えられませんでしたが、これでSINEもリケーブル可能になりました。
純正ケーブルは早々断線しないような物で問題は無いので今も使われている方も多いと思いますが、リケーブルを楽しめるヘッドホンになりましたよ。

HD650は今も人気のヘッドホンで、こちらは専用のプラグが発売されていますのでこれを使用しました。

線材のMogami2534(core)とオヤイデ4N純銀撚り線を2:1Mixツイスト、これが細線用ナイロン編組チューブには1本しか通らない為、1本ずつナイロン編組チューブに通線したものをストレート部で再度ツイストした構造になっています。
今回このナイロン編組チューブの色柄は右側のみ色柄付きのものにされる事で、ヘッドホンの左右識別ができるようにされました。
ヘッドホンごとの特徴をよく捉えた色柄を選択していただけました。

Yスプリッターのブラックアルマイト&綾織りガラスマットが目立ち過ぎないアクセントになっていますね。
Yスプリッターの裏面にはE4のロゴと、シリアルナンバーを彫刻にて入れさせていただきました。

アンプ側プラグは当初L型プラグをご希望でしたが、この太さのケーブルが入る4.4mm5極のL型プラグは製品としては無く、アクリルで形成するしか無い事をお伝えし、ストレートプラグでの製作となりました。削り出しのプラグボディは工程が多いので製作費も嵩んでしまいます。
2本同時製作だと、価格も倍近くなりますから・・
NobunagaLabsの4.4mm5極プラグはトープラ製プラグ軸が使われており耐久性も高く良いものです。

 

ご感想をいただきました。

まずSINE用は付属ケーブルからの交換だったので
高音の伸びが綺麗になり、低音の安定感も出て
変化をとても感じることができました
ヘッドホン側の特殊な形状のプラグもアクリル形成でピッタリと収まり
ケーブル自体も太さを感じさせないしなやかさでした

SENNHEISER用は市販の銀メッキ銅からの交換で
変化は大きくはありませんでしたが
低音の変化は良い方に感じられ
ゆったりと音楽を聴くことができるケーブルになりました

純正ケーブルは今までよく頑張ってくれたと褒めてあげましょう。
新しくなったケーブルで、取り回しの良さと音の良さを同時に入手していただきました。
HD650にMogami2534は鉄板なのですが、これに4N純銀撚り線を追加するのはさらに良い感じだったりします。
この組み合わせは今後もお勧めできればしたい所ですね。

 

ありがとうございました。

 

 

Audeze SINE用ケーブル 130cm
分岐長30cm
E4プレート・シリアルナンバー有
線材:Mogami2534(core)&オヤイデ 4N純銀撚り線 2:1ツイスト
外装:ツイストナイロン編組チューブ  (右ブラック&メタリック・左ブラック)
外装:Yスプリッターa  (ブラックアルマイト・ガラス綾織り)
ヘッドホン側:3.5mm2極 プラグ軸のみ アクリル形成ボディ
アンプ側:4.4mm5極 NobunagaLabs NLP-PRO-TP44/5
商品代 30100円 (価格は製作当時のものです)

SENNHEISER HD650用ケーブル 130cm
分岐長30cm
E4プレート・シリアルナンバー有
線材:Mogami2534(core)&オヤイデ 4N純銀撚り線 2:1ツイスト
外装:ツイストナイロン編組チューブ  (右ライトニング・左ブラック)
外装:Yスプリッターa (ブラックアルマイト・ガラス綾織り)
ヘッドホン側:ゼンハイザープラグ ACROLINK FP-650
アンプ側:4.4mm5極 NobunagaLabs NLP-PRO-TP44/5
商品代 28120円 (価格は製作当時のものです)

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です