E4UA

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

昨年はパンデミックから色々な分野が立ち行かなくなる、辛い年でした・・
今年はもう少し生きやすくなるといいのですが・・
ウイルスは怖いですね・・
私はと言えば元々籠りがちであったのと、妻が退院してきた事で生活のリズムが全く変わり、10円ハゲができてしまいました。
ま、ハゲぐらいで済んでよかったと思い、仕事に励んでいます。

本年もE4UAをどうぞよろしくお願いいたします。

 

blogの更新が滞ってしまっていますね・・
たくさんのご依頼をいただき私の腕も上がっており、書きたい事は山ほどあるのですが、最近やっと生活のリズムをつかめてきた所でちょっと放置ぎみになってしまっています。申し訳ありません。

昨年はたくさんのご依頼をいただきました。
全ての製作物に思い入れがあるのですが、それをここに書ききる事もできず・・
紹介しないと知っていただく事ができないのですが、いくつか印象に残った製作物の写真だけでも貼ってみようと思います。

 

AKG K701 3.5mm3極による両出し化
AKG K702 3.5mm3極による両出し化

AKG K712PRO 3.5mm3極による両出し化
AKG K712PRO 3.5mm3極による両出し化

昨年はAKG K701やK712の両出しデタッチャブル化のご依頼をたくさんいただきました。
このヘッドホンは右側ドライバーへの配線が、ヘッドバンドの2本のワイヤーを導体として使われていてこれを使わないようにする事で音質を飛躍的に向上させる事ができるようで、両出し化はかなり効くようです。

 

beyerdynamic DT1990PRO MiniXLR4極 両出し化
beyerdynamic DT1990PRO MiniXLR4極 両出し化

beyerdynamic T5p 3.5mm3極両出し化
beyerdynamic T90 MMCX両出し化

beyerdynamicの両出し化のご依頼もたくさんいただきました。
beyerdynamicは渡り配線は普通の銅線が使われていますのでAKGほど高音質化は無いのかもしれませんが、やはり渡り配線が無くなる事は精神上良いようです。
片出しの方が楽なのですが、こればバーターですね。

 

audio-technica ATH-A1000Z A2DC両出し化
audio-technica ATH-ES10 A2DC両出し化

audio-technica ATH-W100 3.5mm3極両出し化
audio-technica ATH-W5000 3.5mm3極両出し化

audio-technicaのヘッドホンの改修もたくさんいただきました。
両出し化する事でケーブルの特性を完全に引き出してやる事ができます。
純正ケーブルの音でもご満足いただいている方は、純正ケーブルを分岐化する事で基本的な音の特性はそのまま、リケーブルモデルにする事ができます。

 

AKG K3003 PentaconnEar化
RHA MA750 A2DC化

Final Heaven IV MMCX化
RHA CL1 Ceramic 普通MMCX化

JVC HA-FXZ200 A2DC化
HiFiMAN RE800 Silver PentaconnEar化

SENNHEISER IE800 PentaconnEar化
Klipsch X10 A2DC化

イヤホンのデタッチャブル化のご依頼もたくさんいただきました。
どれもこれも個性的な改造で一言では言い表せない、思い入れが有るものです。

 

ケーブルやプラグアダプタ(変換プラグ)、変換ケーブルもたくさん作りました

書く事多すぎて写真だけになってしまいました。ごめんなさい。

アクリル形成の腕が盛り上がってきてます。
特に、クリアーのものがかなり透明に造れるようになってきました。
同時に、黒も気泡を飛ばす事ができており、バフ(艶)仕上げを行うと景色が映りこむぐらいになってきました。

 

それぞれの製作物に思い入れもあり、またレビューもいただいているものもあったり、ご紹介しなければいけないのですが・・
E4UAの業務全て(メール返信、製作、発送)、そして家事・・やらなければいけない事が多くて全く手が回ってませんね。ごめんなさい。

納期も早い方じゃないですが、これからも皆さんと共に在りたいと思っています。
よろしくお願いいたします。