E4UA

SENNHEISER IE800 0.78mm CIEM2ピンでのデタッチャブル化 純正ケーブル改修2ピン取り付け・アンプ側プラグ交換

SENNHEISERのIE800
よくぞこの小さな筐体からその音を出すね と言えるイヤホンだと思います。
このIE800は現在IE800sになり販売されていますが、基本設計がしっかりしているのだと思いますが、変更点があんまり無いようですね。

ただ、IE800は昔から、リケーブルできないイヤホンでした。
これはIE800sになっても変わっていませんね。
ですが人の欲求というものは尽きる事が有りません。

今回はCIEM2ピンプラグでのデタッチャブル化のご依頼をいただきました。

CIEM2ピンプラグは、MMCXと比べて端子部と埋まりこみ部の両方が有りますのでプラグが長く、取り回しはMMCXほど良くはありません。
ですが、MMCXには無い特徴として”回転しない” ”埋まりこみさせれば結構丈夫” ”結構ラフに扱う事もできる”などでしょうか。

特に、埋まりこみプラグ&ジャックできちんと嵌りこんだ状態では、プラグは早々動揺しません。今回も埋まりこみパーツを使用しましたが、個人的には埋まりこみ対応が第一選択のように思っています。

今回は、耳掛け形状でのデタッチャブル化と純正ケーブルの改修でした。
ケーブルのイヤホン側はイヤホンに刺さってましたので、プラグは付いていません。
アンプ側プラグはケーブルブーツ近傍で断線しており、3.5mm3極45度L型プラグ(アクリル形成ボディ)を取り付けています。
ケーブルは45度の角度で出しており、真横・真上どちらに引っ張られても45度しか曲がらない設計で、特にポータブルオーディオでカラビナなどで衣類に括り付けている方には、この45度プラグはとても良いものになります。

 

ご感想をいただきました。

早速,視聴させて戴き,外観の美しさと共に,期待通り,いや,期待・以上の音質
に大満足し,至福の時を過ごす事が出来ました. 上古代 様の高い技術とセンスに
感動致して居ります. 本当に有難う御座居ました. 大切に,且つ,愛用させて
戴きます.

MMCXの時よりも短く・・というのは無理なのですが、それでも、そんな気持ちで全て製作しております。
至福の時ですか・・仕事の合間には必要ですね。

ありがとうございました。

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です