RHA CL1 Ceramic MMCX デタッチャブル化

RHA CL1 Ceramicの普通MMCXへのデタッチャブル化のご依頼をいただきました。

CL1は専用ケーブルや変換ケーブルなどを何本か作ってきましたが、MMCX化のご依頼は初めていただきました。
最近CL2が出て、普通のMMCXになったようですがこのCL1はsMMCXとかいう、耳慣れないものでした。sMMCXは形状的には接続部分だけ言えば普通のMMCXなのですが、その他の部分がかなりイヤホン内部に埋まりこむ形状をしており、ほぼ全てのケーブルを受け付けない構造をしています。またRHAの純正ケーブルも、耳かけ部の被覆が貧弱だったり、ケーブルがぺとぺとした材質で絡まりやすかったりと、このイヤホンも音は良いのにケーブルでだいぶ損をしているイメージでした。

今回ご依頼いただいた時、当初は他の方からいただいたご依頼と同じく変換ケーブルをお考えでした。が、E4UA blog内をご覧いただいている内に、普通のMMCXにできればもっとリケーブルの幅が広がって、使い勝手も上がるのではないか・・と考えられましたようで、最終的には通常のMMCXプラグが刺さるような形でのMMCX化のご依頼をいただいたものです。

仕上がりはRHAでしたらT20などと同じ感じにしましたが、MMCXジャックは埋め込んだ方が格好良いかなーと考え、イヤホンぎりぎりまで埋め込んだ形で形成しています。
内部配線等はそのままですので、音質的には全く変更有りません。

ご感想をいただきました。

音出し確認問題ありません。
hiby R6直刺しにてestron baxのバランス接続とfinalシルバーコートのアンバランスでリケーブルしてみましたが、どちらも良いですね。
高音も刺さりませんし細かなニュアンスも良く拾ってくれます。
何より純正比較での取り回しの良さ、どちらのケーブルでもタッチノイズも無く非常に快適です。
個人的な好みはestronなのでsuper baxでも購入しようと思います。
これは持ち出す機会が増えそうです^ ^
ありがとうございました。 

CL1は鳴らしにくいイヤホンですが、パワーのあるアンプでバランスドライブしてやると広がる世界が変わりますね。セラミックツイーターは刺さる事が有るのですが、estronだと使いやすく、音もフラットぎみですので気持ち良いでしょう。

ありがとうございました。

1+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加