DENON AH-D7100用ケーブル Mogami2799 250cm オレンジ&ブラック “05A”

DENON AH-D7100用ケーブル製作のご依頼をいただきました。

少し前にAH-D7200が発売されましたが、AH-D7100はこれまでのフラグシップモデルであり、大事に育てて使われている方も多いのではないでしょうか。フラグシップモデルですから純正ケーブルにも十分力を入れて作られているものだとは思いますが、それでもケーブルを変更してやる事で、さらなる高音質を手に入れていただく事ができるのはケーブル着脱式ヘッドホンの良い所ですね。

今回ご依頼いただいた当初、純正ケーブルでは中低域が混ざってしまって残念な感じがあるとの事、他にはSTAXのヘッドホンもお持ちで、どうしても比較してしまう。解像度をさらに上げて能力を開放してやりたいとの事で、特に中・低域の解像度向上をお望みでした。またBLOSSOMのBLO-0169をお持ちで、バランス接続による分離感の向上もお考えでした。

E4UAでは多くの線材を標準在庫としてご用意しておりますが、中でも一番使用実績の高いのがMogami2799です。
バランス接続がこれほどまでに市民権を得るまではMogami2944がよく使われていましたが、同じ芯線が使われたMogami2799は4芯であり、手軽にシングルエンド接続でもバランスエンド接続でもどちらのケーブルでも製作できる事、また安価ながらその値段に見合わず高音質な事からもE4UAではMogami2799を標準の線材としてお薦めしています。
今回も・・と言うか、他の方のケーブルですが以前にもMogami2799でAH-D7100用ケーブルをお作りし、ご好評をいただいていましたのでこちらをお薦めさせていただきました。オレンジ&ブラックの編組チューブ仕上げとしましたが、シェルのマホガニーとの色合いも遠目に見ると合っているように思います。

ヘッドホン側プラグはオヤイデ製P-3.5MSRを使用しています。DENONのヘッドホンの為に作られたかのようなプラグは、現行のAH-D7200でも、勿論AH-D7100でもぴったりと嵌まります。シルバー&ロジウムメッキは金メッキよりも解像度的には優れたものになりますので今回のご要望には合致すると考えました。

アンプ側プラグは材料ページには非掲載で少量在庫のみですが、NC3MXX-HEを使用しました。オヤイデのプラグと同様にボディがベリクロームメッキされた、NEUTRIKのハイエンドプラグです。プラグ軸部分も耐熱性の高いプラスチックと金メッキ軸が使われており、耐久性・音質ともにNEUTRIKのプラグの中では別物となっています。
ただし残念ながらXLR4極プラグ版(NC4MXX-HE?)は存在せず、XLR3極の場合のみ選択いただける仕様になってしまいます。NC4MXXやNC4MXX-Bなどとボディをニコイチすれば、ボディのみHE版のプラグというのは製作可能ではあるのですが。

ご感想をいただきました。

 本日、無事届きました。
早速試聴いたしましたところ、こんなにも音が変わるのかと腰が抜けました。
もちろん、バランス接続にしたことの恩恵も当然加点されているでしょうが、とにかく最高の音。
今までこのD7100半分眠ってました、このリケーブルで完全に眼を覚まして能力全開って感じです。
具体的な音の変化は、今まで不満だった中低域のゴチャ感は、完全に拭われました、これ程解像度が変わるとは驚きです。
高域もシャキッとしました。聴くジャンルによっては輪部がキツくなったと取られるかもしれませんが、小生が聴く昭和のJPop(レベッカ、ユーミン、サザン、布袋など)にはピッタリの傾向でした。

クラシック用のスタックスを脅かすほどの解像度には正直ビックリです、そろそろL500と言う製品に買い替えようと思っていたのですが、D7100でいいかと思えるほどです。
いかに、このヘッドフォンとブラッサムのアンプのポテンシャルが高かったのかを知りました。

ありがとうございました。

十分な、またとても良いベクトルでの音質変化を感じていただけました。
BLOSSOMのヘッドホンアンプは整然と整頓された音を出すようですが、これがMogami2799の解像度の高さと相まってAH-D7100の能力を開花させたようですね。

ありがとうございました。

DENON AH-D7100用ケーブル 250cm
ヘッドホン側分岐長 35cm
アンプ側分岐長 20cm
E4プレート・シリアルナンバー有
線材:Mogami2799
外装:ナイロン編組チューブ オレンジ&ブラック
ヘッドホン側:3.5mm2極 オヤイデ P-3.5MSR
アンプ側:XLR3極 NEUTRIK NC3MXX-HE
商品代 15717円 (価格は製作当時のものです)

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加