E4UA

SHURE SRH1540用ケーブル Mogami2799(core) 120cm 紫鱗

SHURE SRH1540用ケーブルのご注文をいただきました。

P1040315 P1040318

SRH1540はSRH1840とSRH1440の中間に位置するヘッドホンですが、SRH1840とSRH1440が開放型なのに対してSRH1540は密閉型で、モニターヘッドホンという位置付けになっています。インピーダンスは若干高めですがポータブル用途でも十分使えるぐらいで、今回のご依頼もOPPO HA-2で使用されるとの事で、アンプ側プラグは3.5mm4極プラグでの製作になりました。
線材はMogami2799の芯のみを使いました。SRH1540はとても軽く仕上げられたヘッドホンですので、ケーブルの柔らかさや重量も重要な要素になってきます。Mogami2799の芯のみはジャケット&シールド有りの時よりも大変軽く、また柔らかい線材になりますので屋外でも快適に使っていただけます。
ヘッドホン側プラグはMMCXプラグのみをパテ形成し収縮チューブで径合わせをしています。ジャックがかなり奥まった位置にあり、プラグ本体(金属部)は全てヘッドホン側に埋まりこむぐらいですのでパテ形成は必須になります。それも埋まりこむ部分は円形にしないとスムーズに装着できないので気を使うポイントです。左右の識別は、ケーブルを装着してしまえばヘッドホンの形状により識別は可能と考え、ほぼ見えない位置に赤色の収縮チューブを入れています。これは純正ケーブルのプラグと殆ど同じような感じですね。
SRH1540の目を引く特徴であるドライカーボンのハウジングキャップと紫鱗の編組チューブのマッチングは良さそうですね。外に出るケーブル ブーツを排して編組チューブの中にそれを構成していますので、デザイン的にはさらっとした雰囲気になっています。急峻に折れ曲がる力がかかった時はきちん とケーブルブーツとしての能力を有していますので緩やかに曲がります。
アンプ側プラグは写真では中村製作所のNP-354プラグが使われていますが、ケーブルがお客様の元に到着し音出しチェックの段階で不意に音が途切れる現象が起きまして、ご返送いただいてオヤイデ P-3.5/4Gに付け替えました。こちらのプラグですと音切れは起きないらしいですが・・誤差程度の太さの違いで音切れが起こってしまうのは私も想像できなかったので難しい所ですね。導通チェックでは全く問題無いものでしたので初期不良交換とさせていただく事はできないのですが、初期に露見した相性の問題としてプラグ交換の工賃は頂かず、部品代のみのご負担でプラグを交換しました。

 

音は期待したように良好です。濁ることなく、スッキリしつつも腰の据わったフラットです。
とのご感想をいただいています。
ご期待に添えることができる音が出せたようでなによりでした。

ありがとうございました。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です