AKG K3003 MMCX 耳掛け デタッチャブル化

AKG K3003 デタッチャブル化のご依頼をいただきました。

P1060238P1060215

K3003と言えば、この小さな筐体の中に低域用ダイナミックドライバと中域用BAドライバ、高域用BAドライバの3機を封入したフラグシップ リファレンスイヤホンです。

今回のご依頼では既に当方以外でMMCXデタッチャブル化をされた状態で、再度の改造のご依頼でした。既に改造された物のさらなる改造は、その状態が全く掴めない事からお受けするのが難しいのですが、ノークレームという、ハイリスクな手段を受け入れていただき、ハイリターンを取っていただきました。
製作にあたってはMMCXジャックの位置を、メールと構想図で何度も意見の交換をし、決定しています。最初はAKGロゴの横のゴム部分も有る状態でストレートダウンでMMCXジャックを取り付けるような案でしたが、最終的にはSHURE掛けのように耳掛けスタイルで使用する、写真のような仕様にまとまりました。MMCXジャックの角度はSHUREのイヤホンと同じぐらいの角度にて製作しています。
右側の写真はSHUREの純正ケーブルを接続してプラグボディが当たったりしないかチェックしている所です。
MMCXジャック周辺はアクリル形成にて行っています。ステンレスは難削材で引っかかりを作る事も難しく、またそのままではアクリルも接着しないものですが、一旦アクリルをそのまま形成の後、エポキシにて接着していますので外れたりする事は無いでしょう。

ケーブルを装着されたお写真と、ご感想をいただきました。

DSC0216 DSC0215

本日無事届きました。
 動作確認中ですが特に問題ありません。
 ケーブルいくつか勘合確認しましたがこれも問題なさそうです。

 整形については見事です。MMCXの角度も最初は「こんだけついてて大丈夫かな」と思いましたが、ケーブル付けるとなんら問題無くベストフィットです。
 耳掛け専用にして正解でした。純正の下出しはタッチノイズが気になったのですが、耳掛けは全く気になりません。

 改造による音質変化(異常)も全く問題ありません。
 Kimber Kableがとても音がダイナミックで思わず聞き入ります。
 白いのは7N SP-UPOCCの6本編み銀メッキケーブルです。こちらはKimberほど力強さはありませんが、繊細で上品な音がします。

 どちらも純正ケーブルでは気になってた「物足りなさ」が完全に払拭されるので、改造して頂いた価値がありました。
 また依頼前の状態ではこのケーブル付けて装着がかなり無理があった(特にkimberは固いので)のですが、改造後の今の状態であればどちらも無理なく使用可能です。
 悲願が叶ったようでとても満足&感謝です。

ストレートダウン専用のイヤホンが耳掛け専用になると、かなりの使い勝手の変化が出そうです。ですが今回はKIMBER KABLEという太いケーブルで使われていますので、特に耳掛けスタイルでは使いやすさは向上しているでしょう。
十分ご満足いただけましたようでなによりでした。

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加