JH Audio SIREN Series Layla用リケーブル Belden1804A(core) 140cm ワインレッド

JH Layla用リケーブル製作のご依頼をいただきました。

P1060302 P1060308

JH Laylaと言えばSIRENシリーズ中、最高峰のモデルですね。Roxanne Angie共にそれぞれ表情が違い、迷われている方も多いのではないでしょうか。
今回はBelden1804Aをご指定いただき製作となりました。

使用線材はBelden1804A たくさんの方にご好評いただいている良質な線材です。これのジャケットとシールドを撤去、芯のみとして編組チューブに通して軽量なケーブルになりました。ワインレッドの編組チューブは落ち着いた色合いながらもLaylaの存在を惹き立てるでしょう。
SIRENシリーズのヘッドホン側プラグはこの小ささの中に4極を備えており、High Mid LowのHot側3極とCold側1極になっています。純正ケーブルは片チャンネルあたり4芯の線材が使われています。4芯の理由は正しくは聞いた事も無いので分からないのですが、チャンネル間のクロストークを可能な限り抑えようとしているのと、Low用の調整ダイヤルを手元に持ってきたかったからだと考えます。
今回、Belden1804Aは片チャンネル2芯での仕様です。低域調整用ダイヤルは極小配線によりヘッドホン側プラグに搭載(c)し、2芯の線材でも低域調整をオミットせず使用可能にしています。手元で操作するより少し調整は面倒で、誰かに回してもらうか、耳から外して回してやる必要が有りますが、2芯の線材で純正ケーブルにあった機能をそのまま使えるので、線材でお悩みだった方には是非試していただきたい方法です。ご要望により耳かけ用の形状記憶ワイヤーは無く、Laylaの大きなボディはそれのみの支持でケーブルは軽く耳に掛けていただき、ケーブルスライダーでぶらぶらしないように締めるように使っていただきます。軽いケーブルですので装着感は良いと思います。
アンプ側プラグはIRISプラグとなっています。ケーブルブーツは芯線と編組チューブの間に形成してありますので保護・固定の為の収縮チューブは可能な限り短く付けました。ケーブルの軽さを損なわないよう、可能な限り軽快な使用感を出せるように気を配って製作しました。

お写真とご感想をいただいています。
JH_layla_00000

本日、製作いただいたケーブルが到着いたしました。
早速 Layla に装着しましたが、やはり抵抗が耳元にあるとケーブルの取り回しが格段に良くなりました。
また、ご提案頂いた Belden1804A ケーブルと、ナイロン編組チューブの組合わせは、非常に柔らかくフィットし使いやすく仕上がっています。
音質ですが、Layla 標準の 2.5mmTRRS バランスケーブルとAK240を直結した場合と、今回のケーブルと以前製作頂いた 2.5mmTRRS – RSA/ALO バランス変換プラグを組合わせた場合ですが、標準ケーブルにくらべ製作頂いたケーブルは高音の伸びが良くなり、低音に関しては標準と同等に出ています。 まったく問題ないかと思います。
とても素晴らしいケーブルをありがとうございます。もう Layla は、ケーブルスパイラルから脱出できました。
 
ケーブルスパイラルから脱出していただけたとは製作者冥利に尽きますね。
低域の調整ツマミは一度自分の最適値を見つけられると早々変更する場所ではないですね。手元にあった方がクリクリ変えられて楽しいのかもしれませんが、それはモニターとしては不要な機能かもしれません。耳元に移設してやる事で快適さを得ていただけました。
ありがとうございました。
 
JH4ピンケーブル ALO/RSA式バランス 140cm 耳かけワイヤー無し 分岐長40cm スライダー有り
 線材:Belden1804A 820円/m x1.4 1148円
 外装:ナイロン編組チューブ 100円/m x1.8 180円 (ワインレッド)
 ヘッドホン側:JH4ピンプラグ 6500円
 ヘッドホン側:半固定抵抗 TOCOS 100Ω 80円 x2 160円
 アンプ側:EIAJ RC-5204 4ピンプラグ 200円
 その他:収縮チューブ、アクリル等 500円
  部品代合計 8688円
  製作費 x2.3 19982円
商品代 28670円
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加