プラグ交換のご依頼・・Focal Utopia用に2本 OPPO BHC-3 & Nordost Heimdall 2 Headphone Cable

続けて別な方より、Focal Utopia用としてヘッドホン側プラグ交換のご依頼をいただきましたのでご紹介させていただきます。

まずこちらはOPPO BHC-3で元はPM-2用の2.5mmプラグが付いていたものですが、ヘッドホン側をLEMO FGG.0B.302.CLAD52Zに付け替えたものです。

LEMOプラグは型番をご指定の上、こちらで入手を行いました。
このLEMOプラグは2つで8000円overの高価なものですが、Utopiaの本体価格からするとこれぐらいの価格のものは妥当とも思えますね・・

お写真とご感想をいただいています。

端子の部分、どういう感じでブーツを付けてくるのか楽しみでしたが
最初からこの状態で売っていたような見た目で非常に気に入りました。

標準のアンバランスケーブルよりややすっきりした音ですが、
大きく音質を変えずにバランスでならすことができてとても満足しています。
ありがとうございました。 

音質については、ケーブルを変更するとほぼ確実に音は変わるのですが、それでも変化の度合いは最小に抑えられたようです。仕上がりにもご満足いただけましたようで良かったです。

ありがとうございました。

また別な方より、同じ感じのご依頼をいただきました。

こちらはケーブルはNordostのHeimdall 2 Headphone Cableで、ヘッドホン用ケーブルはLEMOプラグをお持ち込みいただきそれを取り付け、変換ケーブルはアンプ側プラグに日本ディックスのPentaconnOFCを、これもお持ち込みいただき取り付けたものです。
ケーブルブーツ等は、Nordostが行った取り付けを踏襲して同じような雰囲気になるように仕上げました。

お写真でも素晴らしい処理と思っておりましたが、
改めて実物を拝見して、その素晴らしさに感激しております。
しっかりと隙間なく仕上げていただいて、
まるで「元々このような製品であった」かのような錯覚にとらわれます。
無論、音も全く問題ございません。
UtopiaでもこのNordostのケーブルを使えることに感謝いたします。 

とのご感想をいただいています。
NordostのケーブルはLEMOの0B番プラグにはかなり細かったので、引っ張っても線材には力が入らないように最適径まで収縮チューブ等で径合わせを行い取り付けを行っています。
またPentaconnOFCについてもボディのケーブル穴径とぎりぎり近くまで太さを合わせて取り付けを行いました。

ありがとうございました。

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加