AKG K3003 ストレートダウン専用 MMCXデタッチャブル化

価格だけではなく、やはり今もAKGの最上級イヤホンとして君臨するK3003ですが、ケーブル直付けなのがネックになっている方も多い筈です。
K3003はとても小型に作られており、そのストレスの無い装着感もやはり、それが最上級たる所なのではないかなと思います。

今回、そんな着け心地の良いK3003を愛されている方から、乱暴に扱っていた訳ではないのにケーブルがイヤホン根元の所で被覆が破れてしまい、このままだとすぐに断線しそう・・という状態で、着け心地の良さを残す方法としてストレートダウン型でのMMCXデタッチャブル化のご依頼を頂いたものです。
AKG K3003のデタッチャブル化のご依頼は多くいただいておりますが、ストレートダウン専用としてのデタッチャブル化は初めてでした。

形状としては、耳掛け専用でのデタッチャブル化におけるMMCXやCIEM2ピンジャックの位置を前側にずらした構造にしました。純正のケーブル出し位置は着け心地の良さに直結していると考えるからです。

また今回は純正ケーブルの音も残しておかれたいと、取り外した純正ケーブルにMMCXプラグを取り付ける事も行っています。こうする事で純正ケーブルの音を残しながら、その他のケーブルも使っていただけるようになります。
耳掛け使用では純正ケーブルは分岐長が少し短いですので、これを行っても使いづらいケーブルになってしまうのですが、ストレートダウン専用であれば殆ど短くなることもなく、快適さはそのままお使いいただけるようになります。

ご感想をいただきました。

k3003到着しました。
綺麗に仕上げて下さりありがとうございました。
つけ心地も良く非常に満足しております。
k3003はとても小さなハウジングなので持ち運びも小さなケースですみますし、ストレートケーブルなのでちょっとした外出にも気軽に素早く装着できるところが気に入っています。
今回被膜破れをmmcx化にカスタマイズして頂いた事により長く愛用できるイヤホンとして生まれ変わりました。

正直なところ、購入3年目で電気屋の延長保障でメーカーに直してもらおうと修理にだしたとこら、新品交換で43,000円と言われました。
それを聞いて一瞬新品なら安いかもと思ったのですが、良く良く考えると結構ステンレスハウジングが重いのでいずれ同じように被膜破れが起きるかも知れないと気づき、今回E4UAさんにお願いする事にしました。

結果は、大正解だったと思います。
また、純正ケーブルにもmmcxコネクタを取付してもらい純正の音を記憶だけでなく、残す事が出来たのも良かったです。
2芯とは初めて知りましたが、余っていたXelento Remotoの純正ケーブルにも差し替えて聴いてみましたがk3003の純正ケーブルの方が好みでした。
まだwagnusのケーブルなど試していませんがk3003の小ささを考えると細いケーブルの方が合うなと納得していたところです。

この度は本当にありがとうございました。 

これはどのヘッドホン・イヤホンでも言える事かもしれませんが、やはり純正ケーブルの音は、メーカーが「これならいける」と考えた音ですし、不可能な所はあまり無いようには作っていますね。
これで、さらに長期間安定してお使いいただけるようになりました。

ありがとうございました。

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加