Walkman用USBケーブル WMC-NWH10 改造L-Lケーブル

WMC-NWH10のプラグをL型化するご依頼をいただきました。

P1050049 P1050050

これまではiPod touchを使われていたそうですが、これが故障しWalkmanに買い替えられた方より、PHA-3との接続用にWMC-NWH10を改造してほしいとのご依頼でした。

その方はこれまでにも何度か、アフターメーカーのストレート型ケーブルを購入されてお使いになっていたそうですが、ケーブルがストレート型なのもあり毎回断線に見舞われてしまい途方に暮れていた所、当方を見つけていただきました。
Walkmanは小型で使いやすいDAPですがデジタルOUT・・というかUSB OUTしようとすると途端に大きなプラグのこのWMC-NWH10を使わなければならず、小さな筐体に大きなプラグというアンバランスな構成になってしまい使いにくくなってしまいます。今回はそれをプラグ後端より内側からケーブルを生やすことで、大きなプラグをバンパー代わりにも使えるようなケーブルになりました。DAC&アンプ側であるマイクロUSBは、接続されるのがPHA-3との事ですしここは大きいと使いにくいと考え小さなプラグを形成しました。
このWMC-NWH10というケーブル、大きなプラグの内部にはハブが入っています。1対1で繋ぐのに何故ハブが必要なのか分かりませんが、接続される機器を固定しない為にも必要だったのでしょうね。それでこんな大きなプラグになってしまっています。
使用したケーブルはWMC-NWH10から抜き出したもの・・抜き出したと言うより、半田を外さずに可能な限りすぐに曲げられる位置でケーブルを曲げ、プラグボディに穴を開けてケーブルを出して隙間を埋めた形です。ですのでケーブルはWMC-NWH10から変わっていません。このケーブルは大変硬いものが使われていたのですがそれもその筈、電源とデータの2本ずつそれぞれにアルミラップシールドがされ、さらにそれらを編組シールドが覆うという凝った作りのケーブルが使われていました。一方向での曲げでしたら少々の事では断線しないような作りでしたので、少し短くはなってしまいますが線材は切らずそのまま使用しました。使用開始時はかなり硬く感じられると思いますが、縛って型を付けていただければそのままずっと使っていただけると思います。

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加