AKG K545 GND分離化(バランス接続対応化) 専用ケーブル製作 *Numberd

 

AKG K545のGND分離化のご依頼をいただきました。

同ヘッドホンは既に生産終了モデルです。K550のスタジオリファレンスの表情を残したまま、ポータブルで使用できるようにリファインされており、K550より小ぶりのイヤーカップと薄く畳める形状、着脱式ケーブルなど、楽しい要素が織り込まれたヘッドホンでした。

ケーブルは着脱式ですがヘッドホン側は2.5mm3極で、かなり細身のプラグしか受け付けない構造になっており、対応可能な交換用ケーブルは純正以外では殆ど無いのが現状かもしれません。E4UAではもっと細いプラグでも対応可能ですが、今回はヘッドホン側をGND分離化するご依頼と専用ケーブル製作のご依頼を受けました。

ヘッドホン側の改造は、純正ケーブルも使用可能なように形状を保ったまま、2.5mm4極ジャックを内蔵しました。内部配線や渡り配線は全分解が必要で再組み上げも不可能な量産品の為、変更はしていません。
この改造により、ヘッドホン側は2.5mm4極でGND分離接続やバランス接続が可能なようになりました。シングルエンド接続においても左右のクロストークを極限まで減らす事ができるようになりますので、有効な改造だと思います。

専用ケーブルは新入荷のACROLINK 極軟銀メッキ6NOCC線を4芯ツイストし編組チューブ仕上げとしたものです。
この線材、どれぐらい柔らかいかというと・・指に巻いても巻き癖が付かず、ストレートに簡単に戻るぐらい・・です。

ちょっと強めに巻いてみましたが、この状態でもぶわーっと広がったりする事もありません。大抵の純正ケーブルの柔らかさと同程度でしょうか。それでいて銀メッキ線であり、アラミド繊維も入っていますので断線にも強く、K545などのポータブルヘッドホンには最適の線材のような気がします。

ご感想をいただきました。

ヘッドホンとケーブルが到着しました。
ヘッドホンは純正ケーブルも変わらずそのまま使用できるので生産完了モデルですが断線も怖くなくなりました。
GND分離の効果なのか銀線の効果なのかはっきりとは分かりませんが、左右の音の分離、定位がはっきりしてK545の良い所がさらに進化したように思います。
ケーブルはとても柔らかくタッチノイズも殆ど無いので移動の時はとても楽です。バッグに丸めて放り込んでも一切癖が付かないのは気持ちがいいですね。ここでもK545の持ち運びの楽さがさらに進化しました。
大切に使っていきたいと思います。制作ありがとうございました。

この線材、ポータブル用途には最適となるものかもしれません。私もHD8DJなどで使用していますが、巻き癖が付かない所が最高に気持ちが良いのです。
ありがとうございました。

AKG K545 GND分離化
商品代 5400円 (価格は製作当時のものです)

GND分離化 K545 専用ケーブル 120cm
線材:ACROLINK 極軟銀メッキ6NOCC
外装:ナイロン編組チューブ デジタルカモ
ヘッドホン側:2.5mm4極 プラグ軸のみ
アンプ側:3.5mm3極 Viablue T6s(small)
商品代 14358円 (価格は製作当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加