汎用MMCX 4.4mm5極バランスケーブル オヤイデ4N純銀撚り線 16芯編み込み *Numberd

汎用MMCXケーブル製作のご依頼をいただきました。

当初このケーブルは、FitEar用としてヘッドホン側プラグはFitEar用プラグを取り付ける形で承っていたのですが、MMCX-FitEarの極短変換アダプタも一緒にご依頼いただき、FitEarは変換アダプタ経由で使われるとの事で汎用性の高いMMCXでの製作になりました。

16芯の編みこみはE4UAでは初めてご依頼いただきました。事前に編み方の検討を含めて別な線材で編み込みを行いましたが、16芯の編み込みは気の遠くなるような作業でした。ですが出来上がったのを見る限り、他にはない・見たことも無い物が出来たので良かったです。

線材はオヤイデ4N純銀撚り線を使用しています。8芯の編み込みでは綾杉編みという編み方を行いますが、これを12芯や16芯に増やすと硬くなる傾向があります。綾杉編みは編み目が細かいととても綺麗なのですが、緩い編み目にすると途端に格好が悪くなります。8芯以上はどうしても緩めの編み目にしないと硬くなるのですが、恰好悪くなるのもいけませんので編み方の再検討が必要でした。
16芯用に選んだ編み方は「捻じり編み」とも言えるものでした。この編み方を行うと、編みあがったものは完全に円柱状になり、内部で完全に編み込まれて、延長線上で潰してみても編み目が緩んだりしません。本来、円柱状が一番硬くなる筈ですが、編んだ円柱はすこぶる柔らかく、上記写真でもぱっと置いただけで固定もせずにあの状態になり、使用時は巻き癖も付かずストレート状に戻ります。多芯ケーブル用の理想的な編み方かもしれません。
当初は外装に収縮チューブでの仕上げをご希望でしたが、出来上がりがかなり太くなってしまった事でこれを無しに変更させていただきました。円柱状で収縮チューブ仕上げをするととても硬くなってしまう事が原因です。

Yスプリッターはaタイプでシルバーアルマイト・綾織ガラスマットのものを使用しました。両端のプラグはブラック、中間点のYスプリッターはシルバーとしており全体の雰囲気を中間点で締める役割をしています。分岐ケーブルが8芯捻じり編みでちょっと太いので、Yスプリッターの分岐後穴径をできる限り拡大して使用しています。
ヘッドホン側・アンプ側ともにプラグはNobunagaLabs製を使用、アンプ側は純銅製のNLP-PRO-TP44/5CQを使用しました。純銅のさんさんと輝くような音は多芯純銀ケーブルにも合うものになると思います。

ご感想をいただきました。

16芯銀線リケーブルの質の高さに大変驚いております。写真で拝見するよりも、ずっと高品質でした。今後も大切に使用させて頂きます。
納期がとても早く、丁寧な対応にも大変感謝しております。

写真ではやはり手に取っていただく事はできませんし、細部まで見る事もできませんものね。
ご満足いただけましたようで良かったです。
ありがとうございました。

汎用MMCXケーブル 120cm 16芯編み込み
分岐長50cm
耳掛けワイヤー有 6cm
スライダー有
E4プレート・シリアルナンバー有
線材:オヤイデ 4N純銀撚り線
外装:Yスプリッターa シルバーアルマイト・ガラス綾織
ヘッドホン側:MMCX NobunagaLabs MMCX-DIY
アンプ側:4.4mm5極 NobunagaLabs NLP-PRO-TP44/5CQ
商品代 87200円 (価格は製作当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加