beyerdynamic T51p MMCXデタッチャブル化

p1140235 p1140241

beyerdynamic T51p MMCXデタッチャブル化、及びBeatAudio製ケーブルを専用ケーブルに改造するご依頼を頂きました。

beyerdynamic T51pは軽量で高音質なヘッドホンです。ケーブルは固定式ですので、断線などが起こると使えなくなってしまいますが、MMCXなどでデタッチャブル化する事でケーブル変更による音変化を楽しめるようになりますし、断線の心配からも解放されます。

今回のご依頼では、一度ご自分でデタッチャブル化を行おうと分解されたもののMMCXレセプタクル(ジャック)の固定方法が見つからず片方は完全に分解された状態でのご依頼でした。ドライバー内部での断線などが無い限り、どのような状態からでもデタッチャブル化は可能ですので、一旦はやってみられるのも良いかもしれません。

デタッチャブル化において、内部配線を変更するかしないかという事は、重要になってきます。ノーマル状態の音を温存されたいのでしたら、たとえ純正ケーブルが一部で断線していたとしても断線していない部分から線材を切り出して内部配線にする事で、ノーマル状態の音は温存できますし、さらに高音質化を狙うのでしたらこれを変更する事で、ヘッドホンを新たな境地に運んでやる事ができるでしょう。
今回は内部配線は4N純銀撚り線を使用しました。十分な線径の取れる線材ですので、専用ケーブルと共に高音質化に繋がる事でしょう。

MMCXジャックは純正ケーブルの出口のケーブルブーツを除去した所に樹脂を盛り付けた上にこれを削り出し&穴を開けて取り付けました。国産のMMCXジャックですので中心電極のへたりも少なく、長期間安定した品質を保つことができます。元々密閉型のヘッドホンですので、内部容積をほとんど変えずに密閉を保ちながらMMCXジャックを取り付ける方法としてはこの方法が最もスマートだと思います。

専用ケーブルは、もともとはBeatAudioのSONY用でした。これのヘッドホン側プラグと耳掛けの形状記憶収縮チューブを除去した上で、短いケーブルブーツの付いたMMCXプラグ(オヤイデのもの)を取り付けました。MMCXは汎用ですのでこの他のヘッドホンや、ストレートダウンスタイルのイヤホンなどでも使っていただけるものです。

ケーブル変更のできる小型軽量のヘッドホンは各社から出ていますが、変更できないものでもなんとかなる事もあります。今回はMMCXでしたがCIEM2ピンなどでも改造できない事はありません。屋外でケーブル変更しながらこの曲にはこのケーブル・・という楽しい使い方もできるようになりますね。

ありがとうございました。

beyerdynamic T51p MMCXデタッチャブル化
商品代 9370円 (価格は製作当時のものです)

既成ケーブルヘッドホン側プラグ交換
商品代 6050円(価格は製作当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加