OPPO PM-3, SONY MDR-CD900ST 両出しデタッチャブル化 、専用リケーブル製作Belden1804A

P1130451 P1130457

OPPO PM-3と、SONY MDR-CD900STの両方を同時に両出しデタッチャブル化のご依頼をいただきました。

OPPO PM-3はケーブル着脱式でGND分離接続が可能な機種、SONY MDR-CD900STはケーブルは非着脱式です。どちらも片出しの為、通常ケーブルが出る逆側シェルへの改造が必要になります。

MDR-CD900STの両出しデタッチャブル化は以前に別な方よりご依頼をいただいた事があり、この改造は問題無く実行可能でした。

PM-3の両出し化は初めてのご依頼でした。PM-3の分解も初めての事で、手探りの作業が続きましたがなんとか仕上げる事ができました。
PM-3のヘッドホン側ジャックは少し奥まった所にあります。これと全く同じで左右鏡像な窪みをアクリル造形で製作し、内部に極小の3.5mm4極ジャックを内蔵する事で左右の見た目を整え、あたかも最初から両出しのヘッドホンであるかのような外観に仕上げる事ができました。
折角の片出しヘッドホンを両出しに改造するのは勿体ないように感じますが、渡り配線を使用しなくなる事での左右の音の統一化ができます。また今回は専用ケーブルの製作のご依頼も頂いており、ケーブルの音質は固定のまま、ヘッドホンごとの音の違いを感じていただける改造になりました。
どちらも内部配線はBelden1804Aを使用しており、線材の全てを統一しての製作でした。

専用ケーブルはBelden1804Aを片チャンネルに1本使用したもので、オレンジゴールドの編組チューブ仕上げとしました。
Belden1804Aはカッド(4芯)の線材です。殆どの場合はこの4芯を左右のHotとColdに使用するのですが、対ノイズ性能を上げるには4芯を対で使用、片チャンネルあたり1本(4芯)とする事で、今回の接続方法ではAK120IIでお使いとの事でバランスアンプで使用する事もあり、ケーブル内でも完全な差動駆動を実現できます。これによりカッド線材を対で使用した誘導ノイズの打消し作用が期待でき、またこの伝送方式は外来ノイズからも強くなります。
ただし、ストレート部分で線材を2本撚っていますので少し硬く、太くなってしまいます。高音質化との交換条件になってしまいますが、この点のみご了承いただきました。

ヘッドホン側プラグはNobunagaLabsのNLP-01B、アンプ側プラグは中村製作所のNP-254(ケーブル穴拡大化)を使用しました。

ご感想をいただきました。

岡山 Nです。

今も視聴しながらメールしております。
全て問題なく 音が出ておりますので ご安心下さい。
外観の仕上がりも とても綺麗で 満足しました。
外観もさることながら 音の臨場感、それぞれの楽器の セパレート感
エッジの効きぐあい ただただビックリするばかりです。
今まで 結構いい音だと思って聴いていたのは 何だったんだろうと思うばかりです。

ただ このヘッドフォンで 困った問題が一つ 音が良すぎて
曲に集中し過ぎ 仕事のはかどりが 鈍ってしまいます。

音楽仲間にも しっかりPRしておきます。
また必ず お願いするようになると思いますので
今後ともよろしくお願い致します。

どちらのヘッドホンでも、十分な音の変化を感じていただけました。
お仕事に支障を来すぐらいに高音質化ができたようですが、少し慣れていただけると今度はお仕事が捗るようになると思いますよ。
ありがとうございました。

OPPO PM-3 両出しデタッチャブル化
商品代 8618円(価格は製作当時のものです)

SONY MDR-CD900ST 両出しデタッチャブル化
商品代 8618円(価格は製作当時のものです)

両出し化MDR-CD900ST PM-3 専用リケーブル 120cm 分岐長30cm
線材:Belden1804A
外装:ナイロン編組チューブ オレンジゴールド
ヘッドホン側:3.5mm3極 NobunagaLabs NLP-01B
アンプ側:2.5mm4極 中村製作所 NP-254
商品代 17184円 (価格は製作当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加