AKG K451用ケーブル オヤイデ4N純銀撚り線ツイスト 120cm ケリーグリーン “00K”

P1090952 P1090954

AKG K451用ケーブル製作のご依頼をいただきました。

このご依頼は、いくつか前にK451用ケーブルをMogami2944でお作りさせていただいた方より、さらなる高音質を求められて製作したものです。

線材はオヤイデ 4N純銀撚り線を使用しています。3芯をツイストするか、2芯+2芯をツイスト&ツイストするか、また編組チューブ仕上とするか透明収縮チューブ仕上とするか等、詳細に渡って仕様を策定し製作にあたりました。

線材は上記オヤイデ4N純銀撚り線を4芯、ツイスト&ツイスト処理して使用しています。アンプ側が3極でシングルエンドですのでGNDと左右のHotをそれぞれツイスト処理し、それらをさらに逆方向にツイスト処理しています。バランスエンドの場合この方法か4芯のスターカッド、もしくは4芯丸四つ編みか、どれかの方法でケーブルを製作する事になりますが、ツイスト&ツイストの時が一番高域の伸びが良く、低域は締まり気味になるように感じられ、銀線の良さを一番引き出せるように思います。
見た目は今回は編組チューブ仕上ですので銀線は見えませんが、収縮チューブ仕上の時よりも柔らかく仕上げる事ができますので屋外用途ではやはり編組チューブ仕上がお薦めできます。今回はケリーグリーンの編組チューブでくっきり見えるケーブルにされました。

ヘッドホン側プラグはK450系専用のオールメタルプラグを使用しました。純正プラグよりも強度的には優れており、またプラグボディも短いですので取り回しが良く、お薦めできるプラグです。ただしプラグ軸部分の内径がかなり細いですので、Mogami2799の4芯が精一杯なプラグです。

アンプ側は前回と同じViablue T6s smallにされました。精悍で重厚なルックスはやはりハイエンドを象徴しているように思います。

ご感想をいただきました。

今聴きながら書いています。

言葉がありません。本当に感動すると言葉が出ないというのは本当なのですね。音場が、音質が・・・・他の人ならそれぞれにあるのでしょう。
しかし音を楽しむに理屈は要りません。実感しました。
実は笑われました。一万切るヘッドフォンに何故そこまでと。
ならば良いのを買えば良いと。確かにそうかもしれませんし現実に買ってもみました。
価値観はそれぞれです。私は家でヘッドフォンを使う環境になく、大口径のスピーカーを鳴らせます。
となるとどんなに良いヘッドフォンも霞みます
外で聴くなら小さく持ち運べかつ音が好きが原点となりそこからステップアップしていけたら満足です。
趣味は金をかけるもの道楽は金がかかるものだとするならばこの選択は道楽としては大正解でした。
最初に言われた様にガラッと変えたいなら銀です。その通りでした。
モガミも違うベクトルで満足しています。
しかしこれは鳴らしはじめから感動でした。どう育つのか楽しみです。
それを感じとれる感性を磨いておくのは聴く人間の義務かもしれません。
本当にありがとうございました。

十分に、そして鳴らしはじめた時から、銅とは全く違ったベクトルの音を感じていただけました。AKG K451は軽量コンパクトなヘッドホンで、どちらかというとコンパクトさがウリのヘッドホンですが、その音さえも銀線は感動を、さらに得られる事を実感していただけたようです。

ありがとうございました。

AKG K451用リケーブル 120cm
線材:オヤイデ 4N純銀撚り線 1080円/m x1.3 x4 5616円
外装:ナイロン編組チューブ 100円/m x1.2 120円 (ケリーグリーン)
ヘッドホン側:K450系 オールメタルプラグ 1400円
アンプ側:3.5㎜3極 Viablue T6s small 1600円
その他:収縮チューブ少々 100円
部品代合計 8836円
製作費 7084円
商品代 15920円(価格は製作当時のものです)

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加