3.5㎜プラグ 2.5㎜プラグ MMCXプラグなど標準在庫部品を更新

何種類か、プラグやジャックを新規入荷(標準在庫)しました。

~2.5㎜ 3.5㎜ プラグ~

aPlug_NP-2354

中村製作所
NP-354 2500円
NP-254 3100円
(どちらも製作費換算時700円)
外径10.2mm ケーブル穴径4.5mm
ケーブル穴は7.5mmまで拡大可能

高品質な4極プラグです。ドライカーボンのリングをアルミニウムと金メッキ真鍮でサンド、金メッキ部分はナーリング処理がされており使いやすい構造です。Sleeve部分はアルミニウム部分と導通が有りますがジャック面とは絶縁されており、またドライカーボン・金メッキ部分とも絶縁されています。
プラグが太く安定感が有り、またケーブル穴を拡大化した時にかなり太めに設定できますので、このプラグでしかできない(orパテ形成とする)事もあります。

aPlug_353_L_oaPlug_353_2_o

オヤイデ
P-3.5SRL 1100円
P-3.5SR 1100円
(どちらも製作費換算時700円)

高品位な3.5㎜プラグ オヤイデのP-3.5シリーズでシルバー&ロジウムメッキのものも入れてみました。純銀線や白系の編組チューブを使う時、プラグからも色を無くすと全体的な雰囲気もまとまりやすくなります。
ケーブル穴は6.0㎜のものと4.0㎜のものがありますが、使用するケーブルに合わせて適宜使用します。

aPlug_352_o

オヤイデ
P-3.5MSR 1100円
(製作費換算時700円)

ほぼDENON AH-D7100専用と言っても良いようなプラグです。
少量ですが在庫しました。

aPlug_AK254

Astell&Kern
AK-2.5MM-PLUG 2000円
(製作費換算時700円)
外径8.8mm ケーブル穴径4.5mm
ケーブル穴は6.0mmまで拡大可能

非常に高品位なプラグです。軸(Sleeve)とボディは絶縁されていて、ケーブルクランプとも絶縁されています。ボディはハードアノダイズドのアルミニウムで細かなナーリングが施されており、またAstell&Kernのロゴ入りです。ナーリングの目が細かくエッジが立っているので指に吸い付くように馴染み、使いやすいプラグです。

aPlug_FT735SM

Furutech
FT-735SM(R) 2400円
(製作費換算時700円)
外径10.3mm ケーブル穴径5.0mm
ケーブル穴は7.0mmまで拡大可能

こちらも高品位な3.5㎜3極プラグです。軸はズレなど一切無く、厚めのロジウムメッキ(ロジウム貼り)が施されています。プラグボディは重厚なステンレス製でかなりの重量があり、制振作用も期待できます。
「Viablueのプラグは押し出しの強い音、Furutechのプラグは精緻な音」とは友人の弁ですが、このFT-735SM(R)プラグは銀線、もしくは銀メッキ線と合わせた時に特に性能を発揮するように感じました。

~2.5㎜ 3.5㎜ ジャック~

j_23534_0

オヤイデ
J-3.5SR 700円

高品位な音響用3.5㎜3極のジャックはこれのみと言って良いほど、よく設計されたジャックです。接点はシルバー&ロジウムメッキが施されており、接点抵抗を可能な限り下げるようにデザインされています。ボディにナーリングの意匠は有りませんが、さらっとしたデザインはどのような環境にでも溶け込みます。

j_23534

ジャックシリーズ
①3.5mm 4極 200円 (マル信)
②3.5mm 4極 200円 (マル信)(Pailiccsカーボンシェルと互換性有り)
③3.5mm 3極 200円 (マル信)(Pailiccsカーボンシェルと互換性有り)
④3.5mm 4極 500円 極小タイプ
⑤2.5mm 4極 200円(マル信)
⑥2.5mm 4極 200円(マル信)(Pailiccsカーボンシェルと互換性有り)
⑦2.5mm 4極 500円 極小タイプ

4と7の極小タイプは中華製で、たまに接点不良のある個体がありますが、使用の前に20~30回ほどプラグを抜き刺ししてアタリを出してから導通検査し、使用するようにしています。
その他のマル信のジャックは特に音響用とはされていませんが、バネの品質はとても良くカチっと嵌り、長期使用による接点不良がかなり少なくなっています。

~ヘッドホン側プラグ~

pPlug_mmcx_opPlug_ciem_o

オヤイデ MMCX 1400円
オヤイデ CIEM用 0.78mm2ピン 1300円
外径5.8mm ケーブル穴径3.0mm
ケーブル穴は4.0mmまで拡大可能

ついにオヤイデより、アルミニウムのシェルが付いたMMCXプラグとCIEM2ピンプラグが発売されました。
これを使ったケーブルはE4UAでも既に数件の製作依頼をいただきましたが、プラグボディは今までのものより太めで持ちやすく、赤(右)と黒(左)のラインが印刷されていますので左右の識別も容易になっています。

このプラグが出た事で今まで標準在庫としていたCIEM用プラグとの価格差をなくす為、今までのプラグの部品代を1300円に値下げします。

以上、よろしくお願い致します。

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加