SENNHEISER HD25-1II用ケーブル OPPO HA-2対応GND分離仕様 Mogami2799(core) クランプ~アンプ側プラグ 120cm ブラック&ホワイト

SENNHEISER HD25-1II用ケーブル製作のご依頼をいただきました。

P1060469 P1060472

SENNHEISER HD25-1IIは映画やニュースの中でも使用されるほど、プロの現場で活躍するモニターヘッドホンです。買ってすぐは側圧も強く頭が痛くなるのですが、エージングが進むと使う人に合ったヘッドホンになっていきます。

そんなプロ仕様のヘッドホンのケーブルですが、HD25シリーズはAmperiorを除き全て鉄線が使われています。これは、乱雑に扱っても壊れない”超”耐久性を考えられたからで、耐久性があれば高域の伸びや低域の沈み込みなど関係無く、まともに聞こえる事が最優先された結果と考えられます。

ただ民生用で考えると、この超耐久性はあまり必要ではなく、それよりも高音質である事が大事となります。HD25シリーズはケーブルが簡単に交換できるように造られていますので、この鉄線を銅線に変えてやると激変する事になります。もっさりとした高域の表現がスカッと晴れるようになり、ベールのかかった中域は今回はMogami NEGLEX OFCですので艶やかになり、また塊のようなと表される事も多いHD25の低域がMogami2799の4芯で安定し、少しですが沈み込みも感じられるようになります。

今回はOPPO HA-2対応のGND分離配線(HiFiMANアサイン)ですが、SONY NW-ZX2などにもそのままお使いいただけます。オヤイデの3.5mm4極プラグ P-3.5/4Gはメッキの質も良く、長期間安定した品質を保ってくれます。

ヘッドホン側プラグは市販のプラグを使用していますがそのまま使用はせず、使いやすいようにモディファイしています。プラグの両横に開いた穴は、プラグを抜く際に指をひっかける穴になりますし、右を示す赤色を少しだけ覗かせる色窓にもなっています。色窓は3方に開けられており、3つ目の穴が内側になるように装着していただくと、プラグの向きをピンの太さで確認する事無く装着していただけます。

お写真とご感想もいただいています。

12F4AAC76C85

双方とも一聴しただけで解像度がかなり向上したのが分かります。
ロックを聴くのですが、ベースのフレーズ、ハイハットやパーカッションの動きがクッキリと
分かるようになりました。
ビートルズはアレンジに手拍子を使うのですが、それも埋もれる事なく再生されます。
Oppo HA-2は4極プラグで再生して、その本領を発揮すると思います。
ありがとうございました。
 
双方ともと言いますのは、同時にお作りしたケーブルが有りますからです。
どちらも同じ線材が使われていますので使用感は同じですが、ヘッドホンが違いますので鳴り方も違うでしょう。
十分ご満足いただけたようでなによりでした。
ありがとうございました。
 
SENNHEISER HD25用ケーブル クランプ~アンプ側プラグ 120cm
 線材:Mogami2799 150円/m x1.7 255円
 外装:ナイロン編組チューブ 100円/m x1.2 120円(ブラック&ホワイト)
 ヘッドホン側:SENNHEISERプラグ ACROLINK FP-650 1000円
 アンプ側:3.5mm4極 オヤイデ P-3.5/4G 1100円
 その他:収縮チューブなど 300円
  部品代合計 2775円
  製作費 x2.5 5937円 (オヤイデ P-3.5/4Gを700円で換算)
商品代 8712円(価格は当時のものです)
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加