Campfire Audio CASCADE用ケーブル ACROLINK銀メッキ7NOCCツイスト 合皮チューブ仕上げ

Campfire Audio CASCADE用ケーブル製作のご依頼をいただきました。

同ヘッドホンは、イヤホンをメインにリリースしていたCampfire Audioが満を持してリリースした、オーバーヘッド・アラウンドイヤー・密閉型のヘッドホンですね。私も何度か専門店にて試聴していますが、重厚で楽しい音のヘッドホンだと思います。

ご依頼いただきました方は、以前B&W P7用ケーブルの製作をさせていただいておりました。
P7は私も所持しておりCASCADEは欲しいと思っていますが、やはりというか似た感じのヘッドホンですよね・・ヘッドホンは音で決める所ですが外見も重要な要素です。今回のケーブルは外見にもマッチングを考えてみました。

まず線材はACROLINK銀メッキ7NOCCをご指定でした。この線材は十分な太さが有り超低域から超高域まで、ビシっと描ききります。
ここに、新入荷の合皮チューブをお勧めさせていただきました。
CASCADEの純正ケーブルはALO Audioの布巻ケーブルが付いています。これはこれで取り廻しも良く、良いケーブルなのですが是非E4UAで製作してほしいと言っていただけたので、CASCADEの雰囲気と合うものを探してきた次第です。
本革ではない分、十分に柔らかく取り廻しは良いもので、またヘッドバンドの素材と雰囲気が似ており統一感が出ます。
ヘッドホン側プラグはCASCADE純正ケーブルと同じプラグを使用、アンプ側は3.5mm3極でオヤイデ P-3.5Gを使用、プラグの色の雰囲気を合わせています。
ヘッドホン側プラグの左右識別は、溝の意匠の所に赤/青のクリアー塗料を墨入れの要領で流しました。

ご感想をいただきました。

Campfire audio の cascadeのご報告をいたします。
以前作っていただいたB&W P7のアップグレードケーブルと
製作していただいたケーブルとの比較ほどは違いが顕著ではありませんでした。
しかしながら、今回も純正ケーブルに比べると高音が綺麗に出るようになって
低音のボワボワした感じがスッキリした感じになりました。
視聴環境はiPhone SE+DENON DA-10です。 

P7はViablue EPC-1で製作したものでしたが、CASCADEはALO Audioの良いケーブルが付いていますから変化度合いは臼井k

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加