新規部品を追加 Fostex系ヘッドホン側プラグ、Focal Utopia式LEMO 0B番プラグ&レセプタクル、4.4mm5極アンプ側プラグ等

いくつか、新規に部品が入荷しましたのでお知らせします。

日本ディックス
Pentaconn中継ジャック 5000円 (製作費換算時1400円)

先にトープラから4.4mm5極の中継ジャックは発売されていましたが、やっと本家ディックスからも発売されました。
最も初期に1Aや1Zに搭載されていた4.4mm5極ジャックは基板付けタイプでしたが、接点の形状はこれと変わっておらず、きちんと2点接点が作られているのが本家な造りですね。
トープラ製よりも内部の容積が有るように見えますが、実際の所はそれほど空間が有る訳でもなく、KIMBER8芯(太い方)がぎりぎりな所だと思います。
OFCプラグの挿抜試験を行ってみましたが、するっと入ってパツっと止まり、回転させてもプラグに傷が入ったりする事もなく、値は張りますがとても良い物だと思います。
ボディの太さは13.0mm、ケーブル穴は6.7mm(11.4mmまで拡大可能)となっています。

AEC 4.4mm5極プラグ AP4.4-55O 1200円

台湾の高品質なプラグメーカー AECからも4.4mm5極プラグが発売されました。
日本ディックスやトープラ、Furutechのものと比べ、とても短いボディで取り回しの良さそうなプラグです。
プラグ軸の形状はきちんと規格通りに製造されていますので、中華製によくある接点不良はほぼ無いと考えられます。
ボディのケーブル穴は6.5mm(7.8mmまで拡大化可能)でかなり太めのケーブルまで使用可能になっています。
ボディが短いですので、ここに2.5mm4極ジャックや3.5mm4極ジャックを内蔵したりすると、かなり短い変換プラグアダプタなどを製作するのも良さそうです。

LEMO 
プラグ FGG.0B.302.CLAD52Z 8500円/2個 (製作費換算時2500円/2個)
レセプタクル EGG.0B.302.CLL 6000円/2個 (製作費換算時2000円/2個)

Focal Utopiaで使用されている、LEMOの0B番プラグ&レセプタクルが入荷しました。
かなりニッチだと思うので少量の在庫になります。
Utopia用ケーブルを製作する事もできますし、既製ケーブルにこのプラグを取り付ける事も可能です。
プラグ側は最大径5.0mmのケーブルまで使用可能、チャックシステムが働かない細いケーブルの場合は収縮チューブ等で径合わせを行い、同時にケーブルブーツを作ります。
レセプタクル(メス側)は延長ケーブル・変換ケーブルの製作や、ヘッドホンのデタッチャブル化等で使用可能です。ネジ部分の外径が約9.0mmとかなり太い為、適合するボディはほぼ存在せず、中継ジャックとして使用するのは難しいかも。

Fostex
TH909 TH900mk2 TH610対応プラグ 3500円/セット (製作費換算時1800円)

FostexがTH900mk2から取り入れた形式のプラグです。
軸部分だけで言えばJISC5512で規定されたものですが、埋まりこむ軸部分は専用形状であった為、E4UAではFitEar用のプラグを改造したりしてこのプラグを製作していたのですが、やっと専用品が出てくれました。
形状は純正を完全に模して造られており、埋まりこむ部分のロック形状も有ります。この為嵌合は完全に行われ、抜けやすかったりなどもしません。

Ultimate Ears (UE) / estron
T2 IPX互換プラグ 2300円/セット (製作費換算時1800円)

estron T2コネクタがUEのIEMにIPXコネクタとなって使用されるようになりましたが、これと互換性のあるプラグが入荷しました。
プラグ軸部にOリングが備えられており、これで防水も兼ねているようです。
UE以外でT2コネクタの使われているメーカー、例えばαデシベルのものなどは、プラグボディがIEMに埋まりこむ形状をしているものがありますが、これらのイヤホンでは使用不可能となり、プラグボディが一切埋まりこまないもののみに使用可能なプラグです。

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加