Maxell MXH-MD5000用バランスケーブル Mogami2799 ブラック&メタリック

Maxell MXH-MD5000用バランスケーブル製作のご依頼をいただきました。

今回ご依頼いただきました方、現在のケーブルの音質には特に不満点は無く音質はあまり変えたくない、バランス接続が可能であればそうしたい、ケーブル断線は避けたい、取り廻しは良い方が良い・・といったご要望をまずいただいていたのですが・・
まず、線材は音楽信号が通るかなり重要なパーツで、これを変えると音はほぼ必ず音が変わる事をご理解いただきました。音質を変えないでリケーブルする方法は、同じ線材を使用するしかないのが現状です。今回はE4UAで標準的に使用しているMogami2799をお勧めし、これで製作する事になりました。
またヘッドホン側プラグについても、MXH-MD5000はネジ式プラグが採用されています。このネジ式のプラグ軸は、ある程度は流通もあるのですがそれは3.5mm3極プラグの場合で、4極プラグになると一気に流通が無くなります。できればこのネジ式の3.5mm4極プラグでの製作をご希望でしたが、上記をお伝えし、製作には使用実績のあるNobunagaLabs製 NLP-PRO-IS35/4を使用しました。MXH-MD5000はSONY MDR-1Aと同じアサインでプラグも同じものが使用できますので、ケーブルの相互利用ができるのも良い所ですね。

アンプ側プラグはDAPにPioneer XDP-30Rをお使いとの事で、こちらもNobunagaLabs製 2.5mm4極プラグ NLP-PRO-IS25を使用しました。
3.5mm4極プラグと同じく日本製(こちらはボディも日本製)で、高品質なプラグです。

ご感想をいただいています。

お品物無事に届きまして、早速拝見、試聴してみました。

まず見た目、チューブのメタリック部分は地味なものを想像していましたが、とても綺麗で存在感が有りとても気に入りました。

そして肝心の音についてですが
アンバランス駆動、純正ケーブルで聴いていた際は、曲によっては高音がシャリついてるなぁと感じたこともあったのですが
バランス駆動、ケーブル変更後はシャリつきが緩和され、中高音はマイルドに、低音は厚みが増し、解像度の向上も感じられました。

全体の音質変化が確認でき、初めてのバランス駆動は大変満足な結果になりました。
他の線材で聴き比べもしてみたくなりますね。

初めは自作することも考えていましたが、思い切ってお願いして良かったです。
ようやくへッドホン、DAP共にフルパワーで使えます。
これから音楽を聴くのがより一層楽しくなりそうです。

この度は素晴らしい作品をありがとうございました。
また機会が有りましたら、どうかよろしくお願い致します。 

音質的には変化が有るとお伝えしておりこれにはご同意いただいていたのですが、とても良いベクトルでの変化を感じていただけ、ご満足いただけましたようです。

ありがとうございました。

maxell MXH-MD5000用ケーブル 120cm
E4プレートのみ有
線材:Mogami2799
外装:ナイロン編組チューブ  (ブラック&メタリック)
ヘッドホン側:3.5mm4極 NobunagaLabs NLP-PRO-IS35/4
アンプ側:2.5mm4極 NobunagaLabs NLP-PRO-IS25
商品代 10479円 (価格は製作当時の物です)

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加