XLR4極 – 2.5mm4極バランス 変換ケーブル Belden1804A 150cm ネイビーブルー

XLR4極タイプの据え置きバランスアンプで2.5mm4極プラグのヘッドホンを使用できるようにする変換ケーブル製作のご依頼をいただきました。

P1060078 P1060080

今回のご依頼ではOPPO HA-1をご使用の方より、延長&変換のケーブルのご依頼でした。
blogを十分読んでいただいたようで、線材も部品構成も最初からお決めいただいていましたのでサクサクと仕様が決まり、製作となりました。

線材はBelden1804A 若干クール寄りに思えるが低域から高域まですっきりと出る銀メッキOFC線です。低域の解像度が高く、また高域は銀特有のサラサラと流れる音で淀みも感じられず、気持ちの良い音ですね。ネイビーブルーの編組チューブに通していますが落ち着いた色で良いと思います。
ヘッドホン側は2.5mm4極ジャックをマル信のものを使用しています。中華製でも小型のものは有るのですが接点の質は流石日本製ですね。今までかなりの数を使ったと思いますが未だ1件も不良が有りません。鍔部分がプラスチックなので、今回はPailiccsカーボンボディですがオヤイデボディなどにも削って入れる事ができ、汎用性の高いジャックです。
アンプ側は高品質はNEUTRIK製 NC4MXX-Bプラグを使用しました。NC4MXXはシルバーボディに銀メッキ軸、NC4MXX-Bはブラックボディに金メッキ軸で、標準はNC4MXXですが、ブラックの方が良い環境・・発売当初は舞台においてプラグが光っては目立ってしまう事からブラックボディが出たそうです。ですが軸のメッキは銀メッキ(でブラックボディ)のNC4MXX-BAGというものも存在し、金メッキか銀メッキか、こだわる方は選ばれるのだそうです。
金メッキか銀メッキかですが、E4UAでは金メッキ軸を推しています。と言いますのも舞台のような頻繁に抜き挿しされる現場では銀メッキ軸でも抜き挿しされる度に磨かれて接点不良は起きないのですが、それほど抜き挿しを行わないホームユーズでは金メッキの方が錆びずに長期間、安定した品質で使っていただけるからです。電気抵抗だけを取れば銀<銅<金なんですが、いちいち使用される前にプラグを抜き挿ししてくださいなんて言えませんもの・・
そのNEUTRIKも最近では遊びを覚えられて、クリスタル付きのXLRプラグなんてのも出していますが・・格好は良いのでマイク用では映えそうですね。中身を入れ替えて4極化とかもできそうです。4260円は高すぎですが。

ありがとうございました。

XLR4極 – 2.5mm4極バランス 変換ケーブル 150cm
 線材:Belden1804A 820円/m x1.5 1230円
 外装:編組チューブ 100円/m x1.5 150円(ネイビーブルー)
 ヘッドホン側:2.5mm4極ジャック マル信 MJ-068H 200円
 ヘッドホン側:Pailiccs カーボン柄ゴールドリングプラグボディ 450円
 アンプ側:XLR4P NEUTRIK NC4MXX-B 800円
  部品代合計 2830円
  製作費 x2.0 5660円
商品代 8490円(価格は当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加