Etymotic Research ER4XR(ER4SR, ER3SE, ER3XR)用 4.4mmm5極バランスケーブル Belden1804A 130cm アッシュ *Numberd

 

Etymotic Research ER4XR用としてMMCX・4.4mm5極バランスケーブル製作のご依頼をいただきました。

今回ご依頼いただいた方より・・
・erならではの解像感や繊細さを活かしたい
・ケーブルの取り回しに無理がない(硬すぎない)
・純正のケーブル長1.5mは長すぎなので、1.2mくらい・・
上記のようなご要望をいただきました。
私はER4SRを所持していますが、実際の所純正ケーブルは長く感じますね。
MMCXになり接続が容易になったかと思いきや、ドライバ筐体にMMCXプラグが直で刺さり、また回転のロックピンが有ったりと多くのケーブルを受け付けないのはER-4Sの時と変わっていない感じですね。
ただ、E4UAでは普通のMMCXに角度を付けて変換するアダプタ製作のご依頼をいただいたりしていますので、ケーブルの製作も問題無く可能です。

線材は今回はBelden1804Aをお薦めさせていただきました。
Belden1804Aは高品質な銀メッキ銅線ですので、BA1発のER4XRも上から下まで綺麗に鳴らしきると考えた為です。
線材はストレート部はBelden1804Aをそのまま(シールド・ジャケットを撤去しない)で、分岐部のみこれらを撤去して、外装ナイロン編組チューブ仕上げとしています。

ヘッドホン側プラグはMMCXプラグ軸のみを線材に取り付け、ボディをアクリル形成としました。ロックピンまで全て再現していますので、回転などもせず快適にお使いいただけるものになっています。
左右の識別は、色と形状で行うようにしました。赤色が右なのは世界共通だと思いますが、左側にポッチが有るのも世界共通のようですのでそのようにし、暗闇ではポッチを探していただく事で、見えない環境でも左右を容易に識別していただけるようにしています。

アンプ側プラグはNobunagaLabs NLP-PRO-TP44/5を使用しました。軸部分はトープラ製の高品質なプラグです。
ケーブルブーツはヘッドホン側・アンプ側ともに内装式としており、ケーブルブーツ自体の劣化を防ぎすっきりとした見た目を確保しています。

ご感想をいただきました。

バランス化したことも寄与しているかとは思いますが、解像感、スピード、音場の広がり、音の艶など、全てにおいて明確に向上が感じられ、er4xrがまったく別物になりました。

外見もきれいに仕上げていただき、ありがとうございます。満足度が非常に高いです。

WM1Aでお使いとの事で、シングルエンドとバランスでアンプの違いは有るとは思いますが、十分な変化を感じていただけましたようです。

ありがとうございました。

EtymoticResearch ER4XR用ケーブル 130cm
分岐長35cm
スライダー有
E4プレート・シリアルナンバー有
線材:Belden1804A
外装:ナイロン編組チューブ アッシュ
ヘッドホン側:MMCXプラグ軸のみ アクリル形成プラグボディ
アンプ側:4.4mm5極 NobunagaLabs NLP-PRO-TP44/5
商品代 23194円 (価格は製作当時の物です)

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加