Final E3000 MMCXデタッチャブル化

Final (Final Audio Design) ヘッドホンではDシリーズ、SONOROUS、PANDORA、イヤホンではEシリーズやFシリーズ、Heaven、アクセサリーも豊富に扱い、そしてフェスティバルにおいてはイヤホン自作ワークショップなども開催する、意欲的なメーカーですね。

今回ご依頼いただいたこのE3000は価格帯で言えば下級機種ですが、上位機種に劣らない音を持ったもので、試聴の経験は有りますが音量が取りにくいかな?と思った所以外、特に欠点の見られないイヤホンでした。
MMCXでのケーブル着脱方式は、この価格でそれをやってしまうのはどうなの?と思える所で、E2000/E3000の次の機種ならやってくれると嬉しいなと思っていたものですが、よほどE3000の音がお好きなのだと思います。MMCXデタッチャブル化のご依頼をいただきました。

E2000もそうだと思うのですが、E3000の筐体は円柱から切削されて製造されています。少し分解してみたのですが、正面から接着剤で押し込まれておりドライバ背面を拝む事はできませんでした。ですので今回のデタッチャブル化は本体をほぼ分解せず、ケーブルブーツのあった部分にMMCXジャックを置き、周囲をアクリルで形成しています。
個人的にはもっとMMCXジャックは埋め込みたかったのですが、素材がステンレスで切削が難しく、ドライバ背面から切り粉が入ってしまうとお釈迦なので十分な切削はできず、この位置に置くしかありませんでした。
MMCXジャック/プラグの部分は曲がりませんので使用感は少し悪くなる事が考えられますが、元々超小型なイヤホンなので、MMCX化を行ってから試聴した所イヤーフックでもストレートダウンでもほぼ問題無く使っていただけるものでした。ケーブル交換によって断線が無くなり、また音質の追及もできるようになりますのでより楽しくなるでしょう。

ありがとうございました。

E4UAには日々たくさんのご依頼を持ちかけてくださるお客様がおられますが、お客様のお持ちの機器を改造する行為はお客様ご自身でこれを行う事を私が代わって行っているだけのものであると認識しています。
全力を尽くして作業は行いますが、私も人間ですのでミスを犯してしまう事も考えられます。ですので無責任で大変申し訳ない事なのですが、イヤホンのデタッチャブル化作業は無保証にて行っております。無保証にて行わさせていただく事で、私も全力を尽くせるものとして認識していただけると助かります。

現在の所、イヤホン直上でのデタッチャブル化は基本作業工賃としては16000円、部品代別途にて承っております。上記E3000では部品代としてはMMCXジャックのみです。
ただ、全く初めての機種のご依頼の場合のみ、私の経験値が入る事になりますので基本作業工賃の20~50%を状況によりお返しする事にしています。勿論破壊してしまった場合は工賃・部品代の100%をお返し致しますが、本体のご購入代金等を補償する事は致しておりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加