外装チューブ以外の外装パーツ一覧

全て、部品のみの販売は一切行っておりません。

Yスプリッター

Yスプリッター a   2500円
(製作費換算時500円)
シルバーアルマイト・ガラス綾織り
ゴールドアルマイト・カーボン平織り
ブラックアルマイト・ガラス綾織り (NEW)
の3種類が有ります。
寸法は直径12.5mm 長さ26mmで、ヘッドホン側使用可能線径は3.5mmまで、アンプ側は9mmまで使用可能。
巷ではガラスマットのFRPをシルバーカーボンなどと呼ぶようですが、炭素ではなくガラスですのでここでは素材的に正しい呼び方をしています。

 Yスプリッターb 1800円
(製作費換算時500円)
雰囲気はYスプリッターaと似たものですが、少し廉価版のものも入れてみました。リング部は平織りカーボンのみで、金属部がゴールドアルマイト・アルミ素地アルマイト、ブラックアルマイトの3種類となっております。
ケーブル穴はヘッドホン側が3.3mm、アンプ側が5mmで、アンプ側は7mmまで拡大可能、穴径は大き目で比較的多くのケーブルに使用可能だと思います。

Yスプリッターc 2500円
(製作費換算時500円)
Yスプリッターaの小型版とも言えるサイズのものです。

シボブラック 艶無しリング (新種)
梨地ブルー 艶有りリング
梨地スモーク 艶無しリング
梨地スモーク カーボンリング (新種)
ピンクゴールド ガラスリング

Yスプリッターc(小型)に新顔追加、シボブラック艶無しリングと、梨地スモークカーボンリングの2種類です。
タッチノイズはケーブルを重くする事で効果的に抑制できますが、Yスプリッターcはとても小型で軽量な為、タッチノイズ抑制効果は少なく装飾品と考えていただくものです。
ナイロン編組チューブを柄物で仕上げ、色の無いYスプリッターを入れるとケーブル雰囲気が締まり、格好良くなりますし、沈んだ色のケーブルに色のあるYスプリッターを入れると豪華に仕上げる事もできます。
ケーブル穴はヘッドホン側2.8mm、アンプ側7mmで、イヤホン用ケーブルとしては殆どのものが使用可能だと思います。

Yスプリッターaとbとcを並べて撮ってみました。サイズ比較をしていただけると思います。

Yスプリッターは線材と編組チューブやブーツ部収縮チューブなどの構成によって使えるもの・使えないものが出てきますので、詳細はお問い合わせください。


Viablue Yスプリッター
左(太) SC-2 1300円
右(細) NF-A7 1000円
(製作費換算時、各500円)

Viablueのケーブルスプリッターも少し入れてみました。

SC-2 長さ40mm 外径φ20mm
通常はスピーカー用とされたもので、ヘッドホン用にするには少しサイズが大きいですが、EPC-4をViablueの編組チューブに入れた状態でも問題無く使える唯一のスプリッターです。太めのケーブルを据え置きでゆったり使いたい方に。
NF-A7 長さ30mm 外径φ15mm
こちらはSC-2よりも小型です。ですがそれでもイヤホン用には大きすぎるかもしれません。分岐側も1穴仕様になっています。

 オヤイデ Yスプリッター 432円
(製作費換算時500円)

オヤイデ電気よりYスプリッターが販売されました。
太さ的にはYスプリッターbと同程度で、少し長さが短くずんぐりした形状です。
アルミ素地アルマイト仕上げで軽量、イヤホン用の細いケーブルには合わないかもしれませんが、イヤホン用でも太いケーブルや、ヘッドホン用には良いものになるでしょう。
ケーブル穴径は分岐前は約6.0mm、分岐後は約2.9mmとなっていますが、6.5mm/3.5mm程度まで拡大可能で比較的太めの線材まで対応可能です。

  

ウッド削りだしスライダー&スプリッター
2000円~ (素材による)

完全にそのケーブル専用に、Yスプリッターとスライダーを削り出します。完璧な完成度でお届けできるものです。
ウッドの種類は現在の所 黒檀とマホガニーをご用意しています。上の写真のものはどちらも黒檀(縞黒檀)より削り出したもので、オイルサンディング仕上げとしたものです。

耳掛けワイヤー

耳掛けワイヤー
カッパー・ゴールド・シルバー

分岐タイプのケーブルの場合で耳掛けタイプにされる場合、ここにワイヤーが有るとケーブルが耳を沿うようになり装用感が良くなります。
このワイヤーを黒の収縮チューブで固定すると見えませんが、透明の収縮チューブで固定する場合、その色が見える事になります。

電流の流れる所に別な金属を置く場合、それが磁性体であると電流は磁力に変換されて逃げてしまい、ドライバーに届けるべき電力が少なくなってしまいます。この為E4UAでは一切磁性体をワイヤーに使用した事は有りません。ただ、非磁性にこだわるあまり今までは銅製ワイヤーしかご用意する事ができませんでしたが、この度シルバーとゴールドの銅製ワイヤーを見つけましたのでこれが選択可能になりました。どれもウレタン被覆ですので錆びる事がありません。
どのワイヤーを選択されましても商品価格に変わりは出ません。線材の色に合わせて、またお好みでお選びいただけるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加