SENNHEISER HD800用ケーブル Viablue EPC-2 HD700用から作り変え

SENNHEISER HD800用ケーブルを、以前HD700用としてお作りした(作り替えた)ケーブルからプラグ付け替えのご依頼をいただきました。

P1020732 P1020734

SENNHEISERのフラグシップモデル HD800用ケーブルです。
元はHD700用としてお作りしたものを、今回ヘッドホン側プラグを交換する形でHD800用に転身しました。HD700用としてお作りしたものも、元はMDR-1R用だったとの事なので2度目の転身ですね。十分にエージングされたケーブルはその人の聴かれる音楽に最適化されていますから、こうしてヘッドホン側プラグを交換して受け継いでいかれるのはとても良い事だと思います。
HD700用にお作りした段階で、編組チューブはブライトグリーンでした。個人的にもSENNHEISERのHD700やHD800にこのブライトグリーンの組み合わせは好きな感じです。ちょっとサイバー感の漂うHD700やHD800の風貌を、底上げしてくれる感じでしょうか。
線材はViablue EPC-2、アンプ側プラグもViablue T6s 6.3mm、ヘッドホン側プラグのみ中華製ですが半田もViablue Silver Solder Wireを使用しており、かなりの部分をViablueで固めたこのケーブルは、ドイツSENNHEISERとの組み合わせでどのような音を奏でるのでしょうか。

ご感想をいただきました。

HD800の美音すぎて、ツルンとした、どこか浮足立った、浅い、アルミニウム的微熱感がごそっと消え、落ち着きました。そして、HD700的な、濃い、深い、太い、実在感のある音、低音増加。欠点としては、少しこもり、重苦しくなり、狭く、伸びやかでなく、鮮度と透明感後退。

…聴き込んで数時間、どんどん力を出してきます。純正ケーブルにあるハイファイ感が少し犠牲になりましたが、ヴァイアブルーの腰の据わった、低域寄りの深い音の方が好きです。純正ケーブルには戻れないと思います。

HD800、いい音だとは思いながら、ベイヤーダイナミックのT1の方がいいと思ったり。でもT1はきつく、800のやさしい鳴り方が好きで…今回、ヴァイアブルーのおかげで、800にどうしても残っていた違和感が消えました。これは大きいことです。E4UAさんのおかげです。思っていた以上の効果。心から感謝しています。

HD800の純正ケーブルはフラグシップモデルらしく、シールド付き2芯ツイストペアの銀メッキOFC並行線が使われており高域の抜けと煌きを与えています。対してViablue EPC-2はシールド付きの2芯ツイストペア錫メッキOFC線で、今回の製作ではシールドを半分に分けて左右のGNDとしています。錫も鳴きやすい素材ですが銀には敵いませんので鮮度と透明感が後退したと感じられたのでしょう。
ですがやはりHD800でも、HD700の時と同じように「無骨だが実体感のある音」への変化を感じていただけたようです。
Viablueの音作りはT6sプラグでも少し分かりますが、どうやらHiFiを追求するのではなく、どちらかというとどっしりと座った音を目指しているのでしょうか。今の時代にはそぐわない所も有りますが、選択肢としては有っても良いと思います。EPC-2とEPC-4は標準在庫としても良いかもしれないですね・・

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加