SENNHEISER HD25用ケーブル Mogami2534 150cm ブリザード

p1130159 p1130162

HD25は私も所持していますが、永遠の名器ですね。
壊れにくい筐体、すぐに分解して修理する事も可能な簡易な構造、それでいて高音質。すぐに分解できる点は、接点のバネまで到達するのも簡単でヘッドホン側で接触不良が有るものも、ちょいちょいっと直してやる事もできます。超絶硬いケーブルを使ったり渡り配線を何かに引っ掛けてしまってヘッドホン側プラグに負担をかけてしまって接点不良が起きた時も簡単に直ります。

今回はそんなHD25に、ぶっといケーブル製作のご依頼をいただきました。
線材はMogami2534の芯のみを使用したものです。HD25のヘッドバンドは全く同形状のものを2つ合わせた構造をしており、その2つのどちらにもケーブルを這わせる溝が有ります。Mogami2534は芯線の段階で太めであり、このヘッドバンドの溝にHotとGNDの2芯を這わせるのは無理です。ですが溝は2本あるので、同時に這わせればなんとかなる・・と思って製作したのが、HD25用Mogami2534ケーブルです。HD25の良さは堅牢性と可搬性、そのどちらも犠牲にはしたくないので両出し化はできません。HD25-SPという機種もあるにはあるのですが、HD25の本来の姿は片出しであるように思います。Mogami2534の芯線は収縮チューブにて保護と線径合わせを同時に行い、2本のヘッドバンドの溝に埋め込んでいただきます。ヘッドバンドを畳めば完全に閉じますし、荒っぽく扱っても強い線材ですので断線もほぼ起きません。
またケーブル全長(クランプ部~アンプ側プラグ)も150cmと少し長めで製作しました。身長が少し高めの方でしょうか、他社の130cmの交換用ケーブルをお使いとの事でしたが、アンプが宙吊りになってしまって怖い思いをされたそうで、これをなんとかしてやりたいとも思われていました。E4UAでは1本1本完全に手作業にて製作していますのでケーブル長はお好みの長さで製作する事ができます。身長が高めの方には一般的な長さでは少し不便な事も多い筈ですが、そんな痒い所にも手が届くのがフルオーダーメイドのケーブルですね。

ヘッドホン側はゼンハイザープラグACROLINK FP-650のボディ部分を切り落としてプラグ部分を短くしたものを使用しています。このプラグは赤と黒のセットですが、赤色が見えすぎるのはあまり恰好良くないと考え、収縮チューブで黒色化しています。この収縮チューブはプラグの短辺にあたる部分に穴を開けてから収縮させており、この穴から少しだけ見える色で十分左右の識別は可能と考えます。穴はケーブルを交換する際の指のひっかかりにもなり、使いやすいプラグを考えています。

アンプ側はMogami2534の太さにも合う、Viablue T6sを使用しました。HD25の武骨なデザインとViablueの風貌はとてもよくマッチすると思います。

お写真とご感想をいただきました。

img_14911

一時間ほど試聴してiHP35S-HD25とはっきりと違いが出たので満足です。
iHP35Sも鉄線からリケーブルしたときは、解像度が上がって喜んでたのですが、ヴォーカルが少し遠ざかってしまったり高域と低域のバランスが好みから少し外れていることに気付いたので注文させていただきました。
結果は、iHP35Sの締まりすぎた低域から芯のある低域になり、自分にとっては刺さる手前な高域は丸みを帯びて好みになりました。
そして物理的に一番の問題のMojo宙吊りもこれで無くなりそうです。

物欲を満たしてくれる見た目もとても満足です。
ありがとうございました。

Mogami2534でHD25をリケーブルすると、超低域まで伸びながら締まり、パンチのある低域を体感していただけますね。ケーブル長もピッタリだったようでよかったです。

ありがとうございました。

SENNHEISER HD25用ケーブル 右出し クランプ~プラグ150cm
線材:Mogami2534(芯のみ)
外装:ナイロン編組チューブ ブリザード
ヘッドホン側:ゼンハイザープラグ ACROLINK FP-650
アンプ側:3.5mm3極 Viablue T6s
商品代 11730円 (価格は製作当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加