SENNHEISER HD650用ケーブル Mogami2799 150cm コロニアルブルー

P1100374 P1100377

SENNHEISER HD650用ケーブル製作のご依頼をいただきました。

HD650というヘッドホン、10年以上前に発売されて未だに販売され続けています。移ろい発売されてはすぐに消えていくヘッドホンが多い中、この年月の間売られ続けているのは凄い事だと思います。HD700やHD800も出ましたが、まだまだファンは増え続けているヘッドホンだと思います。

今回はこのHD650を、屋外で使用される為に軽量なケーブル製作のご依頼をいただきました。過去には別な方よりHD700用などでも製作依頼はいただきましたが、開放型ヘッドホンを屋外で使う事はとても良い事だと個人的には思います。普段聴きなれた音楽でも、屋外の音とMIXして聴いていると新たな発見があります。木々の音だったり車の音だったり鳥や虫の鳴き声、普段耳にするすべての音と、自分の好きな音楽をそれも高音質でリアルタイムでMIXしながら聴く事ができるのは、ポータブル+開放型ヘッドホンでしか味わえない醍醐味だと思うからです。

線材は安価で高音質なMogami2799を芯のみとして使用しました。シールドとジャケットを撤去する事でとても柔らかく使いやすい線材になります。そのままですとバラけてしまいますので編組チューブに通してケーブル化しています。今回はコロニアルブルーの編組チューブにされました。青空の青の内、濃いい所の青に似た気持ちの良い青色です。

ヘッドホン側プラグはゼンハイザープラグの鍔を落として収縮チューブで仕上げています。ゼンハイザープラグは内部の接続子が見えています。ここはグルーなどで固めないといけないのですが、そのままでは格好悪いですので収縮チューブでボディを形成します。鍔を落とす事でストレート形状になり無用な出っ張りを無くす事ができます。ヘッドホン本体から見える部分はほぼ全て収縮チューブの黒のみになり、特に右プラグの赤色は表に出ません。ヘッドホンの形状が左右鏡像ですので左右の判別はつきますので、接続する時にのみ識別できればいいと考え、この形状にしました。

アンプ側プラグは3.5mm3極Pailiccs段付きプラグです。軸ズレなども殆ど無く、安価ですが品質の良いプラグで段付きなのでカバーを被せられた機器にでもそのまま使っていただけます。段無しより少しだけプラグボディが長くなってしまいますが、それでもその他の段付きプラグよりは短いので取り回しも良く、屋外使用であればとても使いやすいプラグです。ケーブルブーツは内装式にしており、さらっとした見た目を保持するようにしています。

お写真とご感想をいただきました。

IMG_1718

丁寧なお仕事ありがとうございました。
マッキントッシュのアンプで聞くようになってから、青色が好きになりブルーのコードを注文いたしました。
HD650は黒っぽいのでブルーのコードとの色合いがとても気に入りました。
とにかくコードが軽いのとタッチノイズがないことが嬉しいです。
毎日ヘッドホンを着けて朝ウオーキングに出かけます。
でかいヘッドホンも朝早くなら恥ずかしく有りません。
朝の鳥の声と共に聞く音楽はとても気持が良いですよ。
オープンエアで良かったと本当に思います。
夜型でしたが、朝型に変わってしまいました。

やはり、高音質を外で使用すると生活のリズムがそれに引っ張られてしまいますね。毎日同じ場所でも、音楽を聴いていると新しい発見やひらめきが有るかもしれません。
ありがとうございました。



SENNHEISER HD650用ケーブル 150cm 分岐長35cm
 線材:Mogami2799 150円/m x1.5 225円
 外装:ナイロン編組チューブ 100円/m x1.9 190円 (コロニアルブルー)
 ヘッドホン側:ゼンハイザープラグ ACROLINK FP-650 1200円
 アンプ側:3.5mm Pailiccs段付きブラックメタリック 350円
 その他:収縮チューブなど 200円
  部品代合計 2165円
  製作費 5412円
商品代 7577円(価格は製作当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加