3.5mm4極バランス – 2.5mm2極x2 Ratocバランス 変換ケーブル Mogami2944 10cm アーミーカモ

HiFiMANアサイン(OPPO HA-2やSONY NW-ZX2のGND分離配線)の3.5mm4極バランスプラグを2.5mm2極x2 Ratocバランスに変換するケーブルの製作依頼をいただきました。

P1060484 P1060482

Ratoc Audio LabのREX-KEB01から最近ではKEB03が発売されましたが、Ratocの方曰く「できることなら2.5mm2極x2で接続してください」との事で、この接続方式にはそれなりの自信が有るのでしょう。デュアルモノラルの形式ですから接点の容量も多いですし、ポータブル用途としては3.5mm3極x2と並んで良い接続方式だと思います。

私の覚えている限りでは3.5mm4極プラグでのバランス接続はHiFiMANがHM-700で(それも本体横にL型プラグ専用?で)出したのが最初でした。最近ではOPPO HA-2やSONY NW-ZX2がGND分離接続を可能にした事から、3.5mm4極での接続も増えています。今回は3.5mm4極をRatocバランスに変換するケーブルの製作依頼をいただきました。

アンプ側2.5mm2極プラグはオヤイデ P-2.5MGという、オーディオグレードではこれしかないような2.5mmモノラルプラグを使用しました。小ぶりのボディで使いやすく、金メッキの質も良いプラグです。ナーリングの意匠の隙間に収縮チューブの白赤を挟んで左右の識別としています。

ヘッドホン側はマル信の4極ジャックを削ってオヤイデ P-3.5Gのボディのみを流用して組み込み、統一感を持たせています。オーディオグレードのジャックではありませんが、安心の日本製ですので接続の安定性も問題ありません。

線材はMogami2944で今回の用途にはぴったりだと思います。十分な強度も有り、音質を劣化させる原因も有りません。アーミーカモの編組チューブでどのようなケーブルにも、主張しすぎず使える事と思います。

ありがとうございました。

3.5mm4極バランス – 2.5mm2極x2 Ratocバランス 変換ケーブル プラグ肩~肩10cm
 線材:Mogami2944 70円/m x0.3 21円
 外装:ナイロン編組チューブ 100円/m x0.3 30円
 ヘッドホン側:3.5mm4極ジャック マル信 MJ-064H 200円
 ヘッドホン側:オヤイデプラグボディ 600円
 アンプ側:2.5mm2極 オヤイデ P-2.5MG 690円 x2 1380円
 その他:収縮チューブ等 50円
  部品代合計 2281円
  製作費 x2.0 4562円
商品代 6843円 (価格は製作当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加