PHA-3用ケーブル RC5204(IRISプラグ)変換ケーブル Belden1804A 10cm ブラック

PHA-3用バランスケーブルを、RC5204(IRISプラグ)が使われたアンプに接続する変換ケーブル製作のご依頼をいただきました。

P1060294

PHA-3はSONY独自の3.5mm3極が2本使われたバランス出力となっています。3.5mmプラグ自体、SONYが創りだしたものですのでこのプラグに思い入れが有るのも頷ける所です。TipとRingを使ってHotとColdを入出力するのは6.3mmプラグでバランス入出力する時の規格そのままですし、強度的にも優れています。

対してIRISプラグはバランス出力黎明期よりRay Samuels AudioやALO Audioで採用されている出力用プラグで、バランスプラグとしての歴史は長いのですが、元々はCCDカメラのIRIS(絞り)駆動用プラグとして使われているものでオーディオ用ではありません。強度的に見ても嵌り込み深さが3.5mmプラグなどより浅いので劣る所が有りますが、ハードに扱わない限り長持ちするのはこの規格の歴史が長い事から想像できます。

今回はそんな異種接続用変換ケーブル製作のご依頼をいただきました。

線材はBelden1804Aで4芯となっており、HotとColdを2芯ずつカッドで使用しています。PHA-3側のGNDはシールドに落としていますがRC5204側は左右シールドを接続するのみとしています。RC5204プラグの内部は比較的スペースが大きいのですが、それでも8芯を4極に接続するのはなかなか大変でもあります。

ヘッドホン側はオヤイデ J-3.5SRを使用しました。音質に配慮されたジャックが全く無い現状において、3極のみしかラインナップには有りませんがこれが有る事がありがたいです。左右の識別は凹みの意匠部分に収縮チューブを噛ませています。

PHA-3用ケーブル RC5204変換ケーブル
 線材:Belden1804A
 外装:ナイロン編組チューブ ブラック
ヘッドホン側:3.5mm3極ジャック オヤイデ J-3.5SR x2
アンプ側:RC5205プラグ QQQ E4-191J
商品代 6874円 (価格は当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加