標準在庫の4.4mm 6.3mm XLR RCAプラグ等

アンプ側によく使われるプラグいろいろです。

部品のみの販売はしておりません。

バランスアンプ用小型プラグ

4.4mm5極プラグ&ジャック

aplugjack445_nd日本ディックス Pentaconn
プラグ 5800円
(製作費換算時1200円)
ジャックパーツ 5000円
(製作費換算時1800円)

SONYから新発売のDAP等に搭載されているバランス接続専用規格のプラグ及びジャックパーツです。

プラグはケーブル穴径 7.2mm (8.6mmまで拡大可)、プラグボディ全長 32.5mmとなっており、太い線材まで対応可能です。プラグボディが大きいと感じられる方はボディを使わずパテ形成などすると短いボディやL型プラグも製作可能です。
ジャックはパーツでの供給となっており、現在の所ボディのあるものは流通していません。どこかからボディをニコイチしたりして製作しないといけないので少し製作費換算時の部品代は高く設定させていただきました。

日本ディックス Pentaconn L型 6800円
(製作費換算時1400円)

日本ディックスよりL型プラグが発売されました。待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。
ただ、E4UAでは既に4.4mm5極プラグの軸のみを抽出してボディをアクリル形成し、低背なL型プラグをいくつも製作していましたので、やっと出たか・・という思いが強いです。

プラグボディはストレート型プラグと同じくアルミ削り出し形成で強度は高いものになっています。ケーブル穴径が約4.5mmと、ストレート型に対してかなり細めなのは全くのポータブル用ケーブルを主眼において開発されたようですね。このケーブル穴の部分は素材が薄い為拡大化を行う事もできない為、使用できる線材が限られる事になってしまっています。ちょっとピーキーなプラグかもしれません。太い線材をL型で使われたい方は、やはりアクリル形成にされた方が良いように思います。
音質の傾向は先に発売されたストレート型のPentaconn(真鍮版)と同じで、(純銅プラグと比べて)ずしっと力強い音、カリカリにチューニングされたものではないですが第一選択として全く問題無いものです。
L型の純銅プラグも同時発売されていますがこちらは高価すぎるのもあり、とりあえず入手はしていますが標準在庫としては扱わない事にしています。eイヤホンなど販売店に在庫が有ればそれを入手して組み込む事は可能です。

aplug445_tp

トープラ製4.4mm5極プラグ
Bispa BSP-T445-015NG5 1750円
(製作費換算時1200円)
ボディ径9.0mm
ケーブル穴径5.0mm(太穴化で7mmまで)

日本ディックスが保有する特許技術を使わずに、従来の方法で製造された4.4mm5極プラグです。こちらは日本製で軸・メッキの品質もとても良く、価格以上の性能を持ってそうです。軸部分を抜き出してボディをアクリル形成する事で、低背で小型なL型プラグも製作可能、ストレート形状でプラグボディをそのまま使う場合でも電解メッキがされたプラグボディは長期間高品質を維持します。

オヤイデ 4.4mm5pole plug 2000円
(製作費換算時1200円)

オヤイデ店頭のみの扱いの4.4mm5極プラグを少量入荷しています。
プラグ軸はBispa扱いのトープラ製と全く同じ、ボディが金メッキのものです。どうしても金色が欲しい方どうぞ。

Nobunaga Labs 4.4mm5極プラグ
NLP-PRO-TP44/5 1700円
(製作費換算時1200円)

NobunagaLabsからも4.4mm5極プラグが発売されました。上のオヤイデ製と同じくトープラ製で、ボディが艶消し黒塗装になっています。黒いケーブルでも、色の付いたケーブルでもプラグボディは沈みますので締まりが出ますね。軸のみを抜き出す場合はこちらを使用する方が少しだけお安くもできます。

NobunagaLabs 純銅製4.4mm5極プラグ
NLP-PRO-TP44/5CQ 5600円
(製作費換算時1200円)

少し前にトープラから純銅製4.4mm5極プラグが発表されましたが1ロット100個で入手が難しく、また小売りも無い為入手が難しかったのですが、NobunagaLabsが出してくれました。
こちらのプラグ、見えないお洒落になりますが、絶縁プラスチックの色が先端から黒・灰・灰・半透明になっており、特に半透明の部分が透けてとても綺麗なんです。接続してしまえば見えませんが、接続する度にニヤけてしまうでしょう。半田部分にラインが有り、純銅製と見分けができるようになっていますが、ケーブルになってしまうと見えない部分ですので、これ以外での簡単な目視ポイントは有りません。
NobunagaLabsの開発部では最初は純銅そのままでの発売を目指したそうですが、プラグ表面に酸化被膜ができてしまう事から金メッキを採用せざるをえなかったそうです。日本の技術が詰まった最新のプラグです。

 Furutech
写真左 FT-7445(R) 3800円
写真右 CF-7445(R) 5200円
(共に製作費換算時1200円)

ロジウムメッキプラグを意欲的に発売しているFurutechからも、4.4mm5極プラグが発売されました。
どちらもプラグ軸は同じものが使われていますが、この軸には弱磁性銅合金が使用されているらしいですが真鍮(銅と亜鉛の合金)だと完全非磁性ですので真鍮でもないですし、いつものFurutechの謎に包まれた合金という事でしょうか。
どちらも軸部分では同じものが使われていますので、ボディの雰囲気違い、お好みのものをお選びいただく感じになりそうです。
FT-7445(R)はステンレス製の重厚なボディで制振効果が高そうです。ナーリングとも違う、Furutech削りがただの寸胴なボディをお洒落に演出しています。
CF-7445(R)のボディはドライカーボンのリングをクロム系メッキのステンレスでサンドした構造になっており、その大きさもあってかなり精悍なイメージに仕上がっています。
ケーブル穴径はどちらも6mm(拡大化で8.2mmまで)で、太いケーブルも大抵のものは使用可能でしょう。

 
  4.4mm5極 アクリル形成ボディ
ケーブル製作時 部品代1000円 (軸代別)
プラグ交換時 製作費6000円 (軸代別・8芯まで取り付け工賃込み)
プラグ軸は市販プラグより軸のみを抽出し、これに低背化加工(500円)を施して使用します。

4.4mm5極のL型プラグは現在の所日本ディックス製しかありませんが、E4UAではアクリル形成を行っておりますので小型で堅牢、とても取り回しの良いプラグを作る事ができます。
ボディをこちらで製作していますので、日本ディックス製L型プラグ(ケーブル穴径4.5mm)では通す事のできない太いケーブルでも、L型でお使いいただけます。
またケーブル出し角度も自由自在、完全な90度から極小プラグでストレートボディまで製作可能で、ボディの色も標準色の黒・透明から調色対応を行えばお好みの色を作り出したり、バフ仕上げを行えば透明度の高い艶のあるプラグを作る事もできます。

トープラ 4.4mm5極ジャック TMP-Y3(試作品) 6000円 (少在庫)
(製作費換算時1400円)
ケーブル穴径6.5mm (拡大化で9mmまで可能)

皆さん待望の純日本製4.4mm5極ジャックのボディ付きです。
約1年前から待っていた日本のサードパーティー製のボディ付き4.4mm5極ジャックが来て、ぬか喜びしています。
実は中華製の4.4mm5極ジャックは1か月程前に入手していたのですが、挿抜に力が要りすぎ&挿入時にプラグが回転するとプラグに傷が入るというとんでもないものが来てしまい、これは出す事はできないな・・とお蔵入りになった経緯が有ります。
ここにきて、何故ぬか喜びかというと・・その価格です。今回は試作品を某店のご厚意で入手できたのですが、試作品としては上記価格では今後は出荷できないかも・・とも伝えられており、ちょっと二の足を踏む価格になってしまっています。というのも上記は試作品としていますが、現在の所はトープラの社長さんが1点1点、接点を手作業で削り出しているそうで、量産体制が整うまでは価格を下げる事ができないとの事。上記試作品のジャックは手作り品となっており、今しか入手できない貴重品とも言えるものです。

NobunagaLabs
NLP-PRO-TPFEM44/5 2780円 

(製作費換算時1400円)
ケーブル穴径 5.5mm (拡大化で9.0mmまで対応)

かねてよりご要望の多かった日本製4.4mm5極ジャック(中継型)がNobunagaLabsより発売されました。

実は海外製の4.4mm5極ジャックの基板付けタイプ(日本ディックス風)は9月の時点、中継ジャックは11月の時点で入手していたのですが、これらの海外製のものは挿入がかなり硬かったり、また挿入した状態でプラグが回転すると接点が強くプラグに押されているせいでプラグに傷が入ったりと、E4UAとしては品質に難のある商品であった為標準在庫品とする事を見送っています。

こちらのNobunagaLabs製は先に入荷していたトープラ製の試作品と内部構造ではほぼ同じ(ジャック本体はトープラ製TMP-Y2型)で、するっと入ってパチンと止まります。回転させてもプラグに傷が入ったりせず、試作品からさらに改良された接点は長期間高品質を保つ事ができるものになっています。

汎用 6.3mm プラグ

aPlug_633ストレート
NEUTRIK NP3X-B 920円
(ケーブル製作費換算時800円)
AmphenolAudio ACPS-GB-AU 750円
NEUTRIK NP2X-B 800円(ブラックボディ・金メッキ軸 2極 非掲載)

L型
NEUTRIK NP3RX-B 1200円
Amphenol Audio ACPS-RB-AU 800円

o_NPBNEUTRIK NPシリーズ用カラーブッシュ
NPB 120円
カラーブッシュは後入れ不可能です。仕様策定時に指定をお願いします。

aPlug_Viablue6_3Viablue 6.3mm T6s 2500円
(ケーブル製作費換算時800円)
ホログラム封緘付き正規品です。
プラグボディが短いので持ち運び用途にはかなり使いやすいプラグです。

T6s レギュラーサイズ用右識別リング(赤)
80円/個

T6sレギュラーサイズ用の右識別リングです。バランス接続用ケーブルを製作する場合など、Viablueの雰囲気を壊す事無く識別を容易にします。

オヤイデ
P-240T 1100円
(ケーブル製作費換算時800円)

高品質なニッケルメッキ(ボディはベリクロムメッキ)のオヤイデ製P-240Tを追加しました。
ケーブル穴は4mmですが拡大化で8.5mmまで拡大可能であり、細いケーブルであればそのまま使用できる事からP-240Tを入れました。半田付けする者にも製作しやすく、また使用するものにも使いやすく製造された元祖とも言える形状をしており、長期間安定した品質で使っていただけるものになっています。

Furutech
FT-763SM(R) 4900円
(ケーブル製作費換算時800円)

Futrutech製6.3mmプラグも在庫しております。
厚いロジウムメッキで精緻な音を描き、ステンレス&ドライカーボン製ボディで徹底的に制振するプラグです。精悍な佇まいは音にまで現れるでしょう。

その他のアンプ側に使用されるプラグ

Mini XLRプラグ

mXLRITT
M-XL-3-11S 950円(3極)
(製作費換算時800円)
M-XL-4-11S 1100円(4極)
(製作費換算時900円)
M-XL-5-11S 1300円(5極)
(製作費換算時1000円)
使用ケーブル径によって、テールを組み替えます。

REAN
RT3FC-B 800円(3極)

Mini XLRプラグはヘッドホン側にも、アンプ側にも使われています。 ヘッドホン側ではAudeze(4極)やPionner(3極)が使われています。 アンプ側ではBispaや自作アンプにもよく使われています。 堅牢な構造とそれほど高くない価格、接続の確実性が良ポイントです。

XLRプラグ

nc34mxx-bNEUTRIK
NC3MXX-B 700円 (3極 ブラックボディ・金メッキ軸)
NC3MXX 650円 (3極 非掲載 シルバーボディ・銀メッキ軸)
NC4MXX-B 1100円 (4極 ブラックボディ・金メッキ軸)
NC4MXX 1060円 (4極 非掲載 シルバーボディ・銀メッキ軸)
据え置きアンプでバランス出力の場合はXLRプラグがよく使われます。
3極x2の場合と4極x1の場合が有ります。またラインケーブルでバランス接続の場合もXLRプラグがよく使われます。基本は2番Hotで製作しますが古めのアンプの場合3番Hotな事が有るようです。お見積り時にお伝えいただければそのように製作します。

他、延長ケーブルや変換ケーブルに使用する、上記プラグの逆側(ジャック)もあります。
NC3FXX-B 750円 (3極 非掲載 ブラックボディ・金メッキ軸)
NC3FXX 700円 (3極 非掲載 シルバーボディ・銀メッキ軸)
NC4FXX-B 1200円 (4極 非掲載 ブラックボディ・金メッキ軸)
NC4FXX 1180円 (4極 非掲載 シルバーボディ・銀メッキ軸)

NEUTRIK XLRプラグ用オプション

xxrNEUTRIK
XXシリーズ(XLRプラグ)用カラーリング
XXR 100円

リングは後入れ可能ですが、ブッシュをガッチガチに閉め込んでいますのでなかなか外れないかもしれません・・

XXBNEUTRIK
XXシリーズ(XLRプラグ)用カラーブッシュ
XXB 120円

カラーブッシュは後入れ不可、半田付け前に入れないといけません。

Viablue T6s XLR Male & Female
4000円/赤黒セット (製作費換算時1600円/セット)

プラグ軸は24Kメッキが施されており、Viablueの重心の低い音を支えるでしょう。
ViablueのBlack/Goldの雰囲気が好きな方にはお薦めできるもので、ケーブルの雰囲気がとてもゴージャスになります。

RCAプラグ

aPlug_RCA1 RCAプラグ ストレート
Mogami 7551 1100円(赤・白セット)
Switchcraft 3502AAU 600円
Switchcraft 3502ABAU 700円

RCAプラグ L型
TOMOCA JS-613L 890円
Switchcraft 3502RA 790円
Switchcraft 3502RAAU 900円
(記載無し)
Switchcraft 3502RABAU 1000円

インターコネクトケーブルによく使われるRCAプラグです。Mogami7551を片側だけ使用する場合は600円になります。色は選んでいただけます。
上記RCAプラグは製作費換算時は1つあたり550円になります。

 

Viablue RCAプラグ&ジャック
T6s RCA オス 3500円 (左右ペア)
T6s RCA メス 3800円 (左右ペア)
(共に製作費換算時1300円(ペア))

Viablue T6sのRCAプラグ&ジャックも標準在庫として揃える事にしました。
RCAプラグはなかなか用途は広いので市場には種類も豊富にあるのですが、特にジャック(メス)は延長目的でしか使用される事は無い為、殆ど種類が有りませんでした。このViablueのRCAプラグ&ジャック、他のものと比べてもよく考えられた造りになっています。
プラグ・ジャックともに中心接点は割りピン構造になっており、確実な伝送が可能になっています。特にジャックが割りピン構造になっているものはほぼViablueのみといって良い程で、どのようなプラグでも確実にキャッチします。

plug_balヒロセ HR10シリーズ
プラグ HR10A-7P-6P 1700円
レセプタクル HR10A-7R-6S 880円
ヒロセ HR10Aシリーズは昔のiBassoのバランスアンプやAlbireo β.Cygniに搭載されていました。 今も接続の確実性と、その小型形状により自作アンプなどで使用する方は多いようです。

QQQ
RC5204マイクロコネクタ
プラグ E4-191J 600円
レセプタクル D4-156N 600円
このマイクロコネクタはRay Samuels AudioやALO Audio, Cypher Labs, Pioneerのバランスアンプに搭載されています。日本ではEIAJ RC5204として規格化されているものです。安価ながらも確実な接触と、頻回の抜き挿しにも耐える構造を持っています。
ジャック構造のものは存在しない為、必要な場合はシェルをパテなどで形成します。

Apple 30ピンドックコネクタ

aPlug_apple30N/B Apple 30ピン ドックコネクタ 700円
終了品ですが若干数残っています。在庫は流動的で黒のみしかない場合、白のみしか無い場合が有ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加