B&W P9 Signature用ケーブル オヤイデ 4N純銀撚り線&102SSC撚り線 1:1カッドツイスト ブラック *Numberd & 4.4mm5極-3.5mm3極プラグ 変換アダプタ

B&W P9 Signature用ケーブル製作のご依頼をいただきました。

同ヘッドホンは私も所持しておりますが、ほわっと聴かせる、良い音のヘッドホンですね。
私は頭が大きいので、ヘッドバンドを最大に伸ばしてやっと丁度なのですが、この状態ではかなり頭でっかちになってしまうのが、ちょっと悩みではあります(笑

ご依頼いただきました方、純正のSEC/P5S2に交換しSONY NW-WM1ZやCayin N8などで聴かれていたそうですが、それでも長く聴いていると高域の見通しの悪さが前に出てきてしまい、どうにも不満が出てきてしまうそうでした。
そこで、E4UAにケーブル製作のご依頼をいただいたものです。
E4UAではP9 Signatureにおいては、私自身B&Wが好きなのもあり発売当初より追っていたのですが、バランス接続も可能になっているのを発見しており、ケーブルの製作を行っています。
今回もNW-WM1ZやCayin N8というと4.4mm5極バランス出力が搭載された高音質DAPですし、是非ともP9 Signatureをバランス接続で花咲かせてやりたいとお考えでした。

線材はP9 Signatureでは実績のある、オヤイデの4N純銀撚り線と102SSC撚り線を1:1でカッド(4芯)ツイストを行ったものをお勧めさせていただきました。ACROLINK銀メッキ7NOCCと102SSC撚り線のカッドツイストも良いのですが、どちらかというと高域を咲かせたいとお考えの方には4N純銀撚り線をお勧めしています。
外装はブラックの極細ナイロン編組チューブ仕上げとし、一見純正ケーブル風な、目立たないケーブルにされました。

またケーブル製作と同時に、4.4mm5極プラグを3.5mm3極プラグに変換するプラグアダプタの製作も頂戴しました。
この変換プラグが有れば、例えばDAPの電池が切れた時でも、スマートフォン(に3.5mm出力が有れば)そのまま使用できますし、ショップでDAPの試聴をする時などにも便利に使う事ができます。

仕様を決めていく内に、アンプ側プラグに純銅プラグを使ってみたいと考えられたそうです。
純銅プラグの音のイメージは、解像感の高さと金メッキながらも中・高域の伸び感が良く、パァっと咲くような感じが有ります。
対して今までの真鍮プラグはどっしりとした音、安定した中堅のイメージで、比較するとちょっと暗い音に感じてしまうかもしれません。
今回は特に中・高域の伸び感を欲されていましたので、純銅プラグはアリだと考えるとお伝えし、採用となりました。プラグ単体の価格としては超高級品ですが、結果はどうだったでしょうか・・

お写真とご感想をいただきました。

本日、無事に商品を受け取りました。
結論、とても素晴らしい仕上がりに大満足です。
ありがとうございます。

早速聴いてみました。
純正のPEC/P5S2と比較するため、まずは今回一緒に作成頂いた3.5mm変換プラグとセットでアンバランスで聴いてみたところ、
これまではとにかく中低音が濃くウォームな一方で、高域は埋もれはしなくともどこか抑えられてしまっている印象がありましたが、今回のケーブルによって重心が高くなり、天井が高くなったかのような明らかに見晴らしの良い音になっていることが一聴して分かりました。中低音の締まり、高域にも伸びが生まれたことで、一つ一つの音の粒をしっかり聴き分けることができ、空間表現と生々しさが加わった印象です。
音が軽くなってしまうのではないかという不安に関しては結果そんなことは全くなく、まさに低域から高域までレンジが広がり、全域に渡って偏りなく高いレベルで解像度ある音を表現してくれるため、P9の大きな特徴である密度ある音をなるべく維持しつつ、絶妙なバランスにして頂けたと感じております。特にcayin N8の真空管モードとの相性は抜群と感じました。
続けて4.4mmのバランスを聴いたのですが、もう文句の付けようがありませんね。当然といえば当然ですが、音の分離は更によくなり、力強さの向上をしっかり感じ取ることができました。これはすごい!この選択肢を取って本当に良かったです。

長くなりましたが、
今回色々と面倒な質問を投げてしまったにも関わらずご親切にアドバイスを頂くと共に、依頼を快く引き受けて下さり本当にありがとうございました。

今後もし別の機会がありましたら、その際にはまた是非宜しくお願い致します。

今回も、きっちりと初聴きから良いベクトルでの変化を感じていただけました。
アンプ側に採用した純銅プラグの効果も有るでしょう、天井が無くなり突き抜けて消えていくような、見通しの良い音になったのでしょう。
バランス接続では左右のクロストークも無くなり、P9 Signatureのほわっとする音の粒が脳内を力強く、また優しく撫でて消えていく・・そんな感じになったのかなと思います。

ありがとうございました。

1+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加