SENNHEISER HD8DJ用バランスケーブル ACROLINK銀メッキ7NOCC ツイスト *Numberd

SENNHEISERは昔からケーブル着脱式ヘッドホンを製造していますので、やはりリケーブル製作のご依頼もよくいただきます。

今回はHD8DJ用ケーブル製作のご依頼をいただきました。
ご依頼いただきました方は何度かE4UAをご利用いただいている方でしたが、私もHD8DJを所持しているのをご存知で、お好みの方向性から線材のお勧めが欲しいとの事でした。

お考えの方向性としては、ロックやメタルの音楽に合い、ヌケ感が良く、アタック感を殺さず、低域の再現能力はそのまま・・というものでした。
以前より何度かご依頼をいただいておりましたので線材のお勧めはしやすかったのですが、今回はACROLINK 銀メッキ7NOCCをお勧めさせていただきました。
お勧めしやすかった理由としては、以前にも同線材でケーブルを製作した事が有り、その時に感じられた感想が、ほぼそのままHD8DJでも再現される・・とお伝えする事ができたからです。ACROLINK 銀メッキ7NOCCはとても濃密な音で淀み感が無く(ヌケが良く)、私もHD8DJ用ケーブルとして使用していますが、このヘッドホンの能力を開花させる事ができる線材と思っています。
この他にはBelden1804Aも高音質な銀メッキ銅線で、高域の再生能力は高いが低域の太さはACROLINK銀メッキ7NOCCの方が有る事などをお伝えし、最終的にACROLINK銀メッキ7NOCC(4芯ツイストペア)での製作になったものです。

外装はブラックのナイロン編組チューブ仕上げでどのような服にでもブラックのケーブルは邪魔にならず合いますね。
ヘッドホン側プラグは2.5mm4極プラグ軸を使用してボディを収縮チューブで形成しています。HD8DJはHD598ほどではないにせよヘッドホン内部にプラグが埋まりこむ設計ですが、ロック部分を回避した形でプラグを製作していますので引っ張ると抜けるものになります。この部分はご依頼いただく最初にご案内しておりますが、ロックが無い事でケーブルの捩じれが発生していても、アンプ側プラグだけではなくヘッドホン側プラグを回転させて捩じれを解消できますので、使い方によっては便利なプラグだと思っています。引っ張ると抜けますので、緊急時に引っ張りすぎて断線してしまう事も少なくなります。
アンプ側プラグはNW-ZX300を購入されたとの事で4.4mm5極NobunagaLabsNLP-PRO-TP44/5を使用しています。トープラ製プラグは切削・絶縁プラの射出・メッキの質共に最高レベルにあり、鑑賞していてもとても綺麗なプラグです。接続の不安定性も一切無く、長期間安定した品質でお使いいただけるものです。

ケーブル無事に到着しました。
相変わらず素晴らしい仕上げで感嘆いたしました。
音のほうも、「低音を殺さずにヌケを良くする」という要望に見事答えてくれたものとなっており大満足です。バランス接続の恩恵か、全体的にカッチリとした、それでいてマッシブな雰囲気があり、非常にノリが良いです。
取り回しも柔らかく絡まりづらい特性があり、非常に扱いやすいです。
この度はありがとうございました。

とのご感想をいただきました。
音質部分においてはご要望に十分に沿う事ができたようですし、仕上がりにもご満足いただけました。ポータブル用途として絡まりづらいというのは、使いやすいですものね。

ありがとうございました。

SENNHEISER HD8DJ用ケーブル 110cm
E4プレート・シリアルナンバー有
線材:ACROLINK銀メッキ7NOCC
外装:ナイロン編組チューブ  (ブラック)
ヘッドホン側:2.5mm4極 プラグ軸のみ 収縮チューブ仕上げ
アンプ側:4.4mm5極 NobunagaLabs NLP-PRO-TP44/5
商品代 17264円 (価格は製作当時の物です)

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加