DENON AH-MM400用バランスケーブル Mogami2799 ダークブラウン *Numberd

DENON AH-MM400用バランスケーブル製作のご依頼をいただきました。

ご依頼いただきました方、PioneerのXDP-300Rをお使いとの事でバランスケーブルをお探しでした。AH-MM400用のケーブルは、プラグがなかなか奥深くに埋まりこむ構造の為、アサインはMDR-1Aと同じでも刺さりきらなくて使えないものが多いようですね。
お求めの音質傾向は、純正ケーブルの音がちょっと薄く聞こえる為、厚みのある音への変化とバランス接続が可能な事を求められていました。

お薦めさせていただいたのは、AH-MM400でも定評のあるMogami2799です。
Mogami2799の音は、NEGLEX OFCの特徴でもあるのですがイヤホン・ヘッドホン用として十分な素線径を持つ事から深い低域を持っており、また銅線の中ではとても見通しの良い中・高域を持っています。AH-MM400でも何本もリケーブルを製作してきましたが、どちら様からもご好評をいただいているものです。

ヘッドホン側プラグは先述の通り、ヘッドホン内部に深く埋まりこむ構造の為、大抵のプラグを受け付けません。E4UAで在庫する金属ボディのあるものでは「長い段付きプラグ」のみとなっているのですが、このプラグは金属ボディで格好は良いのですがプラグが長く、ポータブル使用が主となるAH-MM400では装用感があまり良くならない事が判明しています。
ですのでここはSENNHEISERのMomentum等でも行っている、収縮チューブ仕上げのプラグをお薦めさせていただきました。
収縮チューブ仕上げとする事で形状的にも純正のプラグと同等のサイズ感になり、不要なプラグボディの長さを2/3程度にする事ができ、取り回しが圧倒的に良くなります。

アンプ側プラグは高品質な2.5mm4極プラグでNobunagaLabs NLP-PRO-IS25を使用しました。シックなダークブラウンの編組チューブとブラックのボディは存在感が有りながらも目立たないものになっています。

お写真とご感想をいただきました。

早速確認しましたが、まず
仕上げ非常に満足しております。
特に、ケーブルのしなやかさとヘッドホン側の、仕上げの素晴らしさは、想像以上でした。
肝心の音ですが、まだ数曲しか聴いておらず、細かいところの確認はこれからになりますが、一聴して低音側の質が大幅に向上している事を感じました。
(ウッドベースの胴鳴りが明らかに違う。)
高音については多少のエージングを待って、感想を述べるのが適切な感じがしておりますので、改めて報告させて頂きます。 

エージングからのご感想を待ってみようと思ったのですが、居ても立っても居られなくなり公開させていただきました。
音質・仕上げともに十分ご満足いただけましたようでなによりでした。

ありがとうございました。

DENON AH-MM400用ケーブル 100cm
E4プレート・シリアルナンバー有
線材:Mogami2799
外装:ナイロン編組チューブ  (ダークブラウン)
ヘッドホン側:3.5mm4極 プラグ軸のみ 収縮チューブ仕上げ
アンプ側:2.5mm4極 NobunagaLabs NLP-PRO-IS25
商品代 9492円 (価格は製作当時のものです)

1+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加