B&W P9 Signature用ケーブル 3種

B&W P9 Signature私も所持しておりますが、ほわっと優しい音で聴かせてくれる高音質なポータブルヘッドホンですね。私は頭が大きい方なので、ちょっとヘッドバンドが頭でっかちになってしまうのですが、それでも気持ちの良い音は移動時間を忘れさせてくれるかもしれません。

今回はそんなP9 Signature用ケーブルを3本、別な方より製作のご依頼をいただきましたのでご紹介させていただきます。

まずはこちら、線材はオヤイデ 4N純銀撚り線と102SSC撚り線を2:2でカッドツイスト、極細ナイロン編組チューブ仕上げとしたものです。

線材は、一番最初にP9 Signature用ケーブル製作のご依頼をいただいた時からお薦めしている組み合わせでもあるのですが、B&Wのヘッドホンはケーブルの接続部がヘッドホンの中に設置されており、ケーブル溝にケーブルを嵌めるようになっています。このケーブル溝の太さがP9 Signatureのリケーブルの難しさを加速させていて、直径3mm程度のケーブルしか溝に嵌りません。今ではE4UAでは4芯のツイストが正確に行えるようになりましたので、今回のようなMIXツイストも問題無く製作できていますが、昔は細く造るのは難しかったですね・・

ご依頼いただきました方からは「純正ケーブルでは中・高域が若干くぐもって聞こえる」のをなんとかしたい、またDAPにはNW-WM1Aをお使いとの事でバランス接続用ケーブルを、との事でオヤイデ 4N純銀撚り線と102SSC撚り線のMixツイストケーブルをお薦めさせていただきました。
外装は普遍的で目立たないブラックの極細ナイロン編組チューブ仕上げ、ヘッドホン側プラグは2.5mm4極プラグでボディは溝に合わせて極小に形成、アンプ側プラグは高品質な4.4mmm5極プラグでNobunagaLabs NLP-PRO-TP44/5を使用しました。

ご感想をいただきました。

製作頂いた商品が無事に届き、今日から使用を始めました。

私のDAP、NW-WM1Aは、残念ながらバランス接続側のエイジングをしていなかったので、まだ万全には程遠い音質だとは思いますが、B&W P9を純正ケーブルでアンバランス側で聴いていた音とは、明らかに違います。

P9の強みであった音場の広さとウォームな音、低音の締まりは残りつつ、中、高音域の音が凄く立ち、全体のバランスがとても良くなりました。

何より、「あ、こんな音が入ってたんだ」と思えるレベルで解像度が上がったのは、びっくりしました。

まだまだDAP(バランス側)のエイジング後の音が楽しみですが、現時点でも製作頂いたケーブルの恩恵を満喫できております。

そもそも、WM1AをP9のバランス接続で聴けるって事だけでも感激です。

この度は、有難うございました。

大切に使います。 

P9 Signatureもケーブルで化けるヘッドホンですね。E4UAで製作のご依頼をいただき、ご感想をいただいた方のほぼ全ての方が、ケーブルを変えた瞬間からその音の変わり方に驚かれています。

ありがとうございました。

B&W P9 Signature用ケーブル 120cm
E4プレート・シリアルナンバー有
 線材:オヤイデ 4N純銀撚り線&102SSC撚り線 2:2カッドツイスト
外装:ナイロン編組チューブ   (★ブラック)
ヘッドホン側:2.5mm4極 プラグ軸のみ
アンプ側:4.4mm5極 NobunagaLabs NLP-PRO-TP44/5 

商品代 18920円 (価格は製作当時のものです)

お次は、普段クラシック(弦楽器・交響曲・オペラ・声楽 中心)と ジャズ(女性ボーカル)を主に聴かれている方より、DMP-Z1に接続される予定との事で製作のご依頼をいただいたものです。

普段、モニター用としてMDR-Z7にKIMBERの組み合わせでお使いだそうですが、軽く音楽を楽しまれたい時などにP9 Signatureを購入されたのでしょうか。バランス接続は当初は考えておられなかったそうでが検索でこれを発見され、今後購入予定のDMP-Z1でバランス接続を・・と考えられたそうです。
線材は、どちらかというとP9 Signatureには暖かい音を与えてやりたいとお考えであったそうで、当初は上のケーブルと同じオヤイデ4N純銀撚り線と102SSC撚り線のMixをお薦めしていたのですが、純銀線を使用すると腰高になりすぎてしまうかもしれない事を考え、純銀線ではなく銀メッキ線でACROLINK銀メッキ7NOCC、これと102SSC撚り線の2:2Mixツイストをお薦めさせていただきました。

外装はP9 Signatureの雰囲気と合う、チョコレート色の極細ナイロン編組チューブ仕上げを行いました。色バランスは私の同ヘッドホンでも確認しましたが、全く違和感が有りませんでしたね。

ヘッドホン側プラグはP9 Signatureの場合2.5mm4極プラグを収縮チューブにて形成する他に方法が有りませんが、今回はアンプ側プラグに純銅プラグでNobunagaLabs NLP-PRO-TP44/5CQを選択されました。純銅プラグは真鍮プラグに比べて音のヌケがとても良いものです。ウォームな雰囲気とはまた違った方向性ですが、この選択は間違っていないと思います。

ご感想をいただきました。

本日、無事受け取りました。 
私のわがままな希望に対しての 的確なアドバイスとご対応、そして 丁寧で迅速な製造に感謝いたします。有難うございました。

本来の使用の予定の SONY DMP-Z1の入荷予定が 12月8日以降ですので、
とりあえず ウォークマンと繋いだ感想ですが、 それでも 充分に違いがわかりました。
特に 女性ボーカルとヴァイオリンの音色が 清らかでいて それなのに何とも甘い!
若き日に ミッシャ・エルマン(エルマントーン)を初めて聞いた時の感動を 思い出しました。
正に、私が P-9に求めていた 音楽 が そこにあった! といった感想です。
まずは取り急ぎ ご報告まで。   今後また何か ご相談申し上げることもあると思います故、よろしくお願い致します。 

ACROLINK銀メッキ7NOCCとオヤイデ102SSC撚り線の組み合わせで、「清らかでいて何とも甘い」とのお言葉をいただきました。やはり、純銀線ではなく銀メッキ線をお薦めしてよかったなと思います。

ありがとうございました。

B&W P9 Signature用ケーブル 150cm
E4プレート・シリアルナンバー有
線材:ACROLINK 銀メッキ7NOCC&オヤイデ 102SSC撚り線 2:2カッドツイスト
外装:ナイロン編組チューブ  (★チョコレート)
ヘッドホン側:2.5mm4極 プラグ軸のみ
アンプ側:4.4mm5極 NobunagaLabs NLP-PRO-TP44/5CQ
商品代 24316円 (価格は製作当時のものです)

変わってこちら、P9 Signatureを普段からご愛用されている方から、NW-ZX300を購入したのでバランス接続を体験したく思われ、検索でE4UA blogを探し当てていただきました。

検索されて来られたページは2018年9月1日のものでしたが、やはりリケーブルで向けられたい方向性は持っておられる方でした。
ご希望としては「P9の全体的な暖かみはそのままで、中高域が艶やかに、こもらない感じで聞こえたら」とされていましたが、また「P9を愛用されている方の一般的な希望と、あまり変わりないかもしれません」とも話されていました。

B&Wのヘッドホンのケーブルは同社のヘッドホンの構造により”溝に嵌らなければいけない”という宿命があります。
純正ケーブルで3mmのものはめずらしくないですが、リケーブルにおいては原価よりも音質を採るのもあり、あまり細い線材が有りません。E4UAでは多種の好音質なヘッドホン・イヤホンケーブルを製作する為に色々な素材が有りますが、やはり細くするというのは難しく、ケーブルブーツもきちんと作りこむとなると選択・ご提案できる線材も選択肢が少なくなってしまいます。
音の聞こえ方は千差万別ですので、絶対というものはありません。ですがP9 Signatureに感じておられた事は私も同じようなものでしたので、線材のお薦めはオヤイデの4N純銀撚り線と102SSC撚り線のMixツイストでした。
極細ナイロン編組チューブ仕上げを行ってかなり良い感じの太さに仕上がってくれるのでお薦めしている構成です。

お写真とご感想をいただきました。

昨日、受け取りました。
送って頂いたお写真でも、頑丈そうに見えておりましたが、実際手にして、
ちょっとやそっとでは切れなさそうな、タフなケーブルに惚れ惚れいたしました。
ウォークマン本体と同じ色の黒にしてよかったです!

さっそく、取り替えて、視聴しました。
初のバランスということで、それにも感動しましたが、
今までの、少しもっさりしていた部分がなくなり、全体的に音がクリアになりました。
奥行きが広がったといいますが、知らない音がいろいろ聞こえてきました。
これから細かく調整していくつもりですが、初めて聞いただけでも、音の違いがわかりました。
高音も伸びやかに出ており、たいへん有り難かったです!

不慣れなオーダーでご迷惑をおかけいたしましたが、
希望どおりに製作していただきまして、本当にありがとうございました!

ヘッドホンやイヤホンのケーブルは、特にポータブル環境では断線がつきものです。ケーブルを交換できるのならば、なるべく断線しないようなもの・・永く使っていただけるものを製作するのが私の喜びですのでそのように造ります。 早々断線させない自信は有ります。
音の変化も良いベクトルで感じていただけましたようで良かったです。

ありがとうございました。

B&W P9 Signature用ケーブル 120cm
線材:オヤイデ 4N純銀撚り線&102SSC撚り線 2:2カッドツイスト
外装:ナイロン編組チューブ  (★ブラック)
ヘッドホン側:2.5mm4極 プラグ軸のみ
アンプ側:4.4mm5極 NobunagaLabs NLP-PRO-TP44/5
商品代 18920円

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加