Final SONOROUS II用バランスケーブル Mogami2534 ネイビーブルー *Numberd

Final SonorousII用ケーブル製作のご依頼をいただきました。

今回のご依頼は、当初は断線してしまった純正ケーブルの修繕という所でご質問をいただいていました。この断線箇所がヘッドホン側プラグ根元との事で、プラグはそのまま使用して断線修理、またアンプ側プラグを交換してのバランス接続対応化を考えられていました。
大抵の純正ケーブルというものは、工場のラインで製造されています。ここには射出形成の工程が有りますが、これは線材とプラグ軸を半田付けしておいたものが金型にセットされ、プラグのプラスチック部分を溶かして金型に流し込むという工程で製造されています。プラスチックは溶けると柔らかくなりますのでラインで形成するのは楽なのですが、これを分解してプラグ軸を取り出して断線修理の後再度プラグを取り付け・・という事には向きません。分解した時点でプラスチックはバラバラになり、再度組み立てるには射出形成を行わなければいけないからです。
E4UAはガレージメーカーであり、射出形成を行う設備は無い為、射出形成されたプラグの断線修理を行う場合は別なプラグを取り付けるか、アクリルでボディを削り出して製作するかのどちらかになります。アクリル形成は細部まで形成する事は可能ですがとても時間のかかる作業な為、断線修理にはあまり向きません。
またFinalの純正ケーブルはD8000の極太ケーブルを除き、分岐部でGNDが合流している仕様になっています。この為アンプ側プラグのみを交換してバランス接続に対応させる事ができません。
これらの事をお伝えし、今回はケーブルは新規に製作する事を承りました。

線材はMogami2534をお勧めさせていただきました。これは、現在の純正ケーブルでは中・高域の再生能力は良いが低域をもう少し前に出されたいとお考えであったからです。Mogami2534は大抵のヘッドホンで、低域がもう少し欲しい・・という方にお勧めできます。
元々はスタジオ用のマイクケーブルですがジャケットとシールドを撤去してナイロン編組チューブ仕上げとする事で、純正ケーブルなどよりは少し硬いですが軽くて使いやすいケーブルができます。

また今回はオヤイデ製Yスプリッターを入れる事も承りました。
このオヤイデ製のYスプリッターは、本来はイヤホンケーブル程度のケーブル穴が空いており、Mogami2534のような少し太めの線材は対応していないのですが、穴を極限まで拡大化する事で使用しています。サイズ的には丁度程度なので、もう少し穴の大きいバージョンも出して欲しい所ですね。

ヘッドホン側プラグはSonorousシリーズで使用実績のあるNobunagaLabs製 NLP-PRO-TP35を使用、左右プラグの識別は段部分に少し穴を開けて青/赤の塗料を流し込んでいます。Sonorousシリーズはヘッドホン側プラグは3.5mm2極ですがNLP-PRO-TP35は3極です。これは根本の2極を導通させて使用する事で、2極プラグと同様にお使いいただけるものになっています。
アンプ側プラグは2.5mm4極でこちらもNobunagaLabs製 NLP-PRO-IS25で、どちらも高品質で筋の通ったプラグです。

ありがとうございました。

Final SONOROUS2用ケーブル 120cm
分岐長35cm
E4プレート・シリアルナンバー有
線材:Mogami2534
外装:ナイロン編組チューブ  (ネイビーブルー)
外装:オヤイデYスプリッター
ヘッドホン側:3.5mm3極(2極として使用) NobunagaLabs NLP-PRO-TP35 1560円
アンプ側:2.5mm4極 NobunagaLabs NLP-PRO-IS25
商品代 17604円 (価格は製作当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加