FiiO X5 2nd 対 Q5 接続用 デジタルコアキシャルケーブル 53mm Mogami3351 53mm *Numberd

FiiO X5 2nd Generationから、同じくFiiOのQ5に接続する、極短・極小構成のデジタルコアキシャルケーブル製作のご依頼をいただきました。

FiiOはX3やX5の2nd Generationからでしょうか。デジタルコアキシャルケーブル出力が3.5mm4極プラグで行わなければならなくなり、ケーブルに難儀されている方は多いのではないでしょうか。
またFiiOのQ5もアサインは同じの3.5mm4極での接続であり、FiiO製のケーブルで接続するか、はたまたE4UAのようなガレージメーカー製ケーブルを使用するか、自作するか・・ぐらいしか方法が無さそうです。

E4UAではプラグボディをアクリルで形成する事で、ムク(中実)で強靭なプラグを作る事ができます。今回は3.5mm4極プラグ軸を極限まで低背化工作し、

これに線材を取り付け、ボディ形成を行いました。
E4プレートとシリアルナンバープレートは、ケーブル中間にこれらを持ってくると取り回しが極端に悪くなってしまいますので、DAP側のプラグボディにこれを透明アクリルで封止しました。
線材はMogamiの75Ωデジタルケーブルの3351をそのまま使用、極限の取り回しの良さを得ています。

ご感想をいただいています。

本日、改修をお願いしていたヘッドホンとケーブル無事到着しました。
メールに添付していただいた写真の通り大変すばらしい仕上がりでした。

同軸デジタルケーブルは今まで純正を2本つないで不格好だったので感動ものです。
ヘッドホンケーブルは解像度が上がったように感じております。 

やはり、良いDAPとAMPなのにケーブルが2本延長などされていると音も悪くなってしまうでしょうし、なにより取り回しが悪いですよね。
ヘッドホンは次回更新時に書かせていただきますが、十分ご満足いただけましたようで良かったです。

ありがとうございました。

FiiO X5 2nd 対 Q5 接続用 デジタルコアキシャルケーブル 53mm
E4プレート・シリアルナンバー有
線材:Mogami3351
外装:無
DAP側:3.5mm4極 低背化済み軸のみ アクリル形成プラグボディ
DAC側:3.5mm4極 低背化済み軸のみ アクリル形成プラグボディ
商品代 13902円 (価格は製作当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加