Shanling M2s 対 RSA Predator 接続用USBケーブル(TypeC-MiniB) 武藤製作所オーグラインUSB ViablueBraidingMeshSleeve仕上げ 6cm

Shanling M2sとRay Samuels Audio(RSA) Predatorを接続する専用極短USBケーブル製作のご依頼をいただきました。
このプラグ構成、結構古めのと最新のが同居しています。Amazonなどで見るとケーブル自体は有るようですが双方L型プラグというのが無く、またケーブル長も最短でいいとこ10cmと使いにくそうなものが殆どでした。

今回の製作では、まずE4UAに在庫するUSB TypeCでUSB2.0OTG出力対応のプラグ軸(中華製)を使用し、簡素な構成でMiniUSBへのケーブルを製作してお送りし、お手元の環境にて動作確認を行っていただきました・・が、結果は動作しないものでした。
やはりUSB TypeCはLightningとまではいかないまでも、少し気難しいもののようです。
ここで、ご依頼者さまより渡りに船が!DAPとDAC/AMPの貸し出しをご提案いただけました。
DAPとDACがあれば、完全に動作する組み合わせをこちらでテストしまくって、良いケーブルを製作する事ができます。二つ返事でお願いしました。

線材について・・依頼者さまは、特にこれが良い!というのは無かったそうですが、それでもUSBケーブルで好音質化できるのであればそれに越したことは無いと考えられており、E4UAとしては新入荷の武藤製作所 オーグラインUSBを使用する案をご提案させていただきました。
このオーグラインUSBは少し太めの線材ですので、今までのナイロン編組チューブには通りません。メタル編組チューブか、カーボン編組チューブ、またViablueのBraidingMeshSleeveが丁度のようで、今回はViablue BraidingMeshSleeveのBlackを外装にチョイスされました。

さて問題はUSB TypeCプラグを何にするかという所です。中華製は弾かれた事から、ここはやはり日本メーカー製のUSB TypeCからMicroUSB(B)などへの変換ケーブルを改造しないといけない所でしょうか。
気になったケーブルでエレコム U2C-CMB05NBKというのが有り、それほど高くもなかったのでこれを購入し、付いているMicroUSB(B)プラグを切除しここにMiniUSB(B)プラグを取り付けて動作確認・・これが完璧動作してくれたのです。

はこのU2C-CMB05NBKを分解してプラグ軸のみを抽出、極短で取り回しの良いケーブルを作りましょう。

抽出したUSB TypeCプラグ軸にオーグラインUSBを半田付け・・可能な限り低背化したいのでケーブルは基板に重ねたりせず真横出しとしています。
このオーグラインUSBケーブルをViablueのBraidingMeshSleeveに通し、接着固定をしっかりした上でUSB(C)側はボディをアクリルにて形成、ケーブルの逆側はBraidingMeshSleeveをだいぶ余らせた上で、MiniUSB(B)プラグを取り付けてBraidingMeshSleeveの長さを良い所に調整して接着、MiniUSB(B)プラグのボディをアクリルにて形成しました。

できたものをM2sとPredeatorに接続して重ねると・・

こんな感じです。
元々、どちらも小型なDAPとDAC/AMPですのでケーブルがかなり太く見えますね。ですがM2sのサイズが53×14.5×85.6mmで、それよりもPredeatorは小さいく、手の中にすっぽり収まる好音質多段DAPの出来上がりです。
音質面ではテストさせていただきました所、エレコム U2C-CMB05NBKをMiniUSB(B)に取り換えただけの時よりも、オーグラインUSBで極短で接続するとS/N比の向上と音場(奥行方向)が少し広がったような印象を受けました。

お貸しいただいたM2sはファームウェアが工場出荷のままの状態で、Predeatorとの接続においても再生中に途切れたりする事がたまに有り少し気難しいようでしたが、これをお送りしてファームウェアアップデートを行っていただくと、途切れる回数が一気に減った・・との事で、ファームウェアの更新の大切さも感じましたね。

ご感想をいただいています。

接続が切れる症状は前からあり他のDACで試しても同じだったので本体の問題だなと思っていました。
調べましたら最新のファームウェアがありましたので更新してみました。まだあまり聞いていないのでなんとも言えませんが今のところ症状は出ませんでした。それよりだいぶ音がよくなったような気がします。
本国のホームページを見たら更に新しいファームウェアがあるのでそのうち日本語版も発表されるのでしょう。

今回もいろいろ親身に対応してくださり本当にありがとうございました。
また、何かご相談することもあると思いますので、よろしくお願いします。

やはりファームウェアは最新の方が動作が安定しているようですね。
USB TypeCとMiniUSB(B)というかなり新旧(そしてUSB財団に認証されてないMiniUSB)のプラグを使用し、これまた極短のケーブルなんてのはそうそう無いように思います。
永くお使いいただけますと嬉しく思います。

ありがとうございました。

Shanling M2s 対 RSA The Predator 接続用USBケーブル 6cm
線材:武藤製作所 オーグラインUSB
外装:Viablue BraidingMeshSleeve (black)
DAP側:USB TypeC エレコム U2C-CMB05NBK 抽出軸 アクリル形成L型プラグボディ
DAC側:USB MiniUSBプラグ軸のみ アクリル形成L型プラグボディ
商品代 14548円 (価格は製作当時のものです)

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加