RHA CL1 Ceramic用 4.4mm5極バランスケーブル ACROLINK極軟銀メッキ6NOCCツイスト

CL1用ケーブルが続いています。
もう一つ、別な方より今度はアンプ側4.4mm5極で、軽量なケーブル製作のご依頼をいただきました。

先のCL1用ケーブルもでしたが、私は同イヤホンを所持しておりませんので、イヤホン本体をお貸しいただける事が製作の条件となっています。
製作したものは、sMMCX形状のトレースは完璧に決まり、イヤホンへの接続も完璧、回転防止ロックピンも再現していますので、MMCXプラグ部は純正ケーブルと同等の使い心地になっています。

線材はご依頼者様はALO  audioのLitz Copper Earphone Cableを良く使われているそうで、これと似た感じで軽く柔らかいものをお探しで、Westone W60用ケーブルに使用していたACROLINK極軟銀メッキ6NOCCツイストを当初よりご指定いただいておりました。
このACROLINK極軟銀メッキ6NOCCツイストはestron Linumと同じようにポリウレタン被覆の線材で、とても柔軟で軽い為タッチノイズが殆ど鳴りません。強度的にもアラミド繊維混ですので引っ張り断線にも強く、価格の割に音も良く使いやすい良い線材だと思っています。

ヘッドホン側はsMMCX形状に通常のMMCXプラグを切削した後、ボディを現物合わせでアクリル形成しています。耳かけワイヤーは排除し、ケーブルブーツと耳かけ形状の保持を透明の収縮チューブにて形成しています。
アンプ側プラグは4.4mm5極でNobunagaLabs製、軸はトープラ製ですがとても精度高く製造されているもので、長期間安定した音でお使いいただけるものです。

ご感想をいただきました。

ケーブルとイヤホン、到着しました。

ケーブルの取り回しも見た目も、非常に良く、
純正ケーブルで不満だった部分が全て解消されました。

イヤホン側のコネクタも、カチッとしっかりはまって、
とても安定しています。

音の変化は、純正ケーブルは太めの音だったのが、
シャープな音になり、全体的にとてもキレイに聞こえる
ようになり、かなり好みの音になりました。

唯一無二のケーブルとして大事に使っていきたいと思います。

仕上がり、音、全てにご満足いただけましたようですね。
CL1の4.4mm5極プラグのケーブルは純正ケーブルを改造するか、E4UAなどのガレージメーカーが製作するか、どちらかしかありませんので、このケーブルは至上のものにしていただけるのでしょうね・・

ありがとうございました。

RHA CL1 Ceramic用ケーブル 120cm
分岐長40cm
耳掛けワイヤー無 収縮チューブによる形状固定
線材:ACROLINK 極軟銀メッキ6NOCC
外装:無
ヘッドホン側:MMCXプラグ軸のみ アクリル形成プラグボディ
アンプ側:4.4mm5極L型 NobunagaLabs NLP-PRO-TP44/5
商品代 24788円 (価格は製作当時のものです)

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加