Fostex T60RP用ケーブル Mogami2799 300cm

Fostex T60RP用ケーブル製作のご依頼をいただきました。

FostexのヘッドホンはこのT60RPが出てT20RPとT30RPが生産終了となり、どちらもセミオープンのT50RPmk3gとT60RPの構成になりましたね。
ウッドハウジングのT60RPは今までのRPシリーズとは少し違った構成で、ドライバーが少し刷新され、またウッドハウジングとストレート出しのGND分離接続が可能な機種ですね。ストレート出しになったのでリケーブルの選択肢が増えたのが、今までの横出しと比べてかなり進化した点と思っています。

現行のT50RPmk3gには120cmと300cmのケーブルが付いていてスタジオや広いシステムでの運用も考えられている所、T60RPは小さめの?ホームユースを考えて作られたようで150cmのケーブルが1本付属しているのみと、ちょっとここで削られた感が有りますね。
今回ご依頼いただきました方、付属の150cmケーブルでは短すぎると感じられていたようで、T50RPmk3gに付属のものと同じ300cmのケーブルが欲しいとの事でした。

線材は、当初オヤイデ HPC-23TN V2を考えられていたそうですが、この線材はE4UAでは標準在庫とはしていない事、また少し太い線材である事から外装にナイロン編組チューブ仕上げができない事などをお伝えし、お勧めさせていただいたMogami2799での製作になりました。
300cmでXLR4極接続ですから完全にホームユースと考え、Mogami2799はジャケットとシールドの撤去をせず、そのまま使用しています。シールドはXLR4極でしたらGNDが出ていますのでこれに接続し、ヘッドホン側プラグ根本まで来ています。
外装は黒ナイロン編組チューブ仕上げとして目立たず、いつまでも使っていただけるものになっています。

ヘッドホン側プラグはT60RPの、少し埋まりこむ形状に問題無く使用可能なプラグとして、3.5mm4極でAEC アルミボディのプラグを使用しました。細身のプラグなので内部の半田付けやケーブルブーツの作成、ナイロン編組チューブの固定などが少し難しいですが、ケーブル穴径を少し拡大化して使用しています。
アンプ側プラグはXLR4極でNEUTRIK NC4MXXを使用しました。ヘッドホン側プラグも銀色のものですので、雰囲気の統一もできていると思います。

ありがとうございました。

FOSTEX T60RP用ケーブル 300cm
 線材:Mogami2799
 外装:ナイロン編組チューブ  (ブラック)
 ヘッドホン側:3.5mm4極 AEC アルミボディ
アンプ側:XLR4極 NEUTRIK NC4MXX
商品代 12159円 (価格は製作当時の物です)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加