KZ ZSE MMCX化

なんと言ってもKZのイヤホンは、安いという所に尽きますね。
このZSEなんて、1000円以下で買う事もできるようなものですよ。
この値段でもマイク付きですから、スマホに刺せばそのままそこそこ良い音で通話もできて音楽も聴ける・・良い時代になったものです。

ですがそんなイヤホン、音が良いだけでは勿体ない?(いや勿体なくないけど)
ケーブル交換できたらもっと楽しい筈!
ですよね?

で、やっちゃいました。MMCX化

ケーブルを変えれば音は変わる・・このZSEも、低域はちょっともっさりしてたり中域に変な盛り上がりがあったり高域は霞がかかっているようにも感じますが、ケーブル変えれば結構変わります。
線材のお勧めは個人的には純銀線で、オヤイデ4N純銀撚り線でリケーブルしてやると低域は筋肉質に締まり、ボーカルは艶やかに、高域の霞が晴れて気持ち良く伸びました。
でも線材の代金だけで、イヤホンが何個も買えるなんて・・ちょっと本末転倒チックです。
でもまぁ、やってみないと分からないのはやってみよう!な感じです。

MMCX化においては造形が大事ですが、ケーブル出し方向はそのままで、極小タイプのMMCXジャックをアクリルにて固定し、削り出し&磨き出しにて造形しています。
イヤホンの本体はスチレンかABSのようで、アクリルとの融合接着ができたのも小型化に貢献しています。使用感が悪くなる事も殆ど有りませんでした。
硬いケーブルを使用すると、ストレートダウンで使用するとケーブルの動きでイヤホンが外れそうになる事は有りましたが、デタッチャブル化していますので左右の入れ替えも可能で、左右を入れ替えて耳掛け使用すれば結構動いても大丈夫な感じでした。

純正ケーブルはとりあえずMMCXプラグを取り付けていますがこちらは収縮チューブ仕上げの簡単な工作で、基本的にはリケーブルをして楽しめるようにしました。

オークション出品中です!
元々が1000円程度のイヤホンに、どこまで出せるか?な所かもしれませんが、気になる方、見てみてください。

よろしくお願い致します。

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加