SENNHEISER IE800 MMCX化・デタッチャブル化

SENNHEISER IE800 MMCXデタッチャブル化のご依頼をいただきました。

今回ご依頼、メール返信の最初の方はケーブル中間部でのMMCXジャック取り付けだと思っていたのですが、なんとIE800本体上でのMMCX化をご希望でした。
お持ちのIE800は既に上記の方法にて既にMMCX化がされており、まだ断線には至っていませんでしたが、それも時間の内・・な感じでした。

今回のMMCXデタッチャブル化の形状は、ご依頼者さまより似たような形状に改造されたIE800のお写真を見せていただき、それと同じような形状でできないか・・といったご依頼でした。

IE800・・高級機ですね。
最近は私の腕も上がってきているのもあり、大抵の場所にMMCXジャックを搭載する事が可能になってきたのですが・・
やはり十万円以上もするイヤホンを直接改造するのはキンタマが縮みますねw

最終的な形状はいただいたお写真から、同じような感じで行う事を承ったものの、MMCXジャックのケース部分に少し悩みました。今回はNobunagaLabsのMMCX/CIEM2ピンプラグのボディ部分を流用し、これにMMCXジャックを内蔵しました。
IE800からごく短くケーブルを残してこれの被覆を剥いてMMCXジャックに半田付け、位置を固定した状態でアクリルで固定し、これを削り出し形成しました。MMCXジャックの角度は、私の耳でですがイヤホンを装着して写真を撮って、最適な角度を考えて製作しています。イヤホンは左右を入れ替える事で、イヤーピース出口側の向きを調整しています。
IE800側の固定は、アクリルが噛みこんで固定できるようにIE800のケーブル出し部分の出っ張りに溝を掘っています。ダイヤモンドビットが有ればセラミックでも削れなくはなかったですが、かなり硬かったです。

これで、断線の可能性のあるイヤホン直のケーブルは無くなりましたので、以後は断線の心配はしていただく必要は無くなり、耳掛けにて快適にお使いいただけるようになりました。

ありがとうございました。

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加