SONY NW-WM1A 4.4mm5極 audio-technica AT-NF200 RCA接続用ケーブル オヤイデ4N純銀撚り線&102SSC撚り線 2:1ツイスト ゼブラ *Numberd

SONY NW-WM1Aの4.4mm5極バランス出力を、RCA入力のカーオーディオに接続されたいという方より、接続ケーブル製作のご依頼をいただきました。

今回のご依頼、当初よりRCA入力側はaudio-technica AT-NF200を使用するという事で製作を行ったものですが、基本的にこの仕様のケーブルは販売されていないものです。
これ、何故かといいますと、まず”ヘッドホンの”バランス出力というものにはGNDの概念が有りません。あるのは左右のHotとColdです。対してRCAは外周電極はGND、中心電極はHotであり、左右の外周電極は機器内部で合流しているものです。RCA入力に”ヘッドホンの”バランス出力をそのまま接続すると左右のHot側はそのまま機器に接続されますが、Cold側は左右が導通してしまいます。この状態はアンプにとってはとても負荷のかかっている状態であり、発熱・最悪は故障を招きます。ですので、バランス出力をRCA入力に接続するケーブルは(基本的には)市販されていません。
上記ケーブルは何故これを製作する事ができたかというと、audio-technica AT-NF200の使用が前提であったからです。

audio-technica AT-NF200は、過去に中村製作所からヘッドホンコンディショナーとしてNXT-1やNXT-2が発売されていましたが、あれの普及型と考えられるもので、AT-NF200の内部は巻線比が同じトランスが2つ入っており、これらの入出力はどことも共有されていません。ただ普及型という言い方はAT-NF200に対して失礼かもしれませんね・・こちらの方が先ですから。
バランス出力のCold側をそのまま束ねる事はできませんが、トランスでアイソレートしてやれば出力側でこれを束ねる事は問題無い事です。即ち、AT-NF200を間に挟む事で4.4mm5極のバランス出力を安全にRCAに入力してやる事ができるのです。
この、AT-NF200が間に入った4.4mm5極バランス出力の音と、3.5mm3極シングルエンド出力の音、どちらが音が良いかは使われる方それぞれに判断を委ねさせていただく所ですが、満足度的に言えばバランス出力の方が高いのではないでしょうか。ケーブル自体は4.4mm5極のヘッドホン用ケーブルを改造すれば作れるものですが、今回は線材も吟味していただき製作にあたりました。

線材はオヤイデ4N純銀撚り線と102SSC撚り線を2:1でツイストしたものを使用しています。
今回はご依頼いただいておりました当初より、低域の量にはこだわりは無く、それよりも中・高域の質を重視してほしい旨を受けておりました。同時に変換ケーブル2種(XLR4極プラグを4.4mm5極プラグにするもの、4.4mm5極プラグを3.5mm3極プラグにするもの)の製作のご依頼を受けており、それらのケーブル用にオヤイデ4N純銀撚り線と102SSC撚り線を2:1でツイストしたものをお薦めしていましたが、この4.4mm5極対RCAケーブルにもそのケーブルを使用して製作する事になりました。
中・高域の質のみにこだわるのであれば、4N純銀撚り線のみを使用した方が良さそうに思う所ですが、変換ケーブルの段階で元の音からあまりにも低域を締めあげてしまってはもし他のケーブルにした時、それらのケーブルの良さをスポイルしてしまう事も考えられます。ですので今回は先ず変換ケーブル用にこのMixツイストの線材をお薦めさせていただきました。
次にこのRCAケーブルですが、最初は変換ケーブル用にお薦めしていましたので短い距離であればそれほど高価にはならず製作できるのですが、100cmのケーブルをMixツイストするとそれなりの金額になってしまいます。ですので最初からはお薦めしておらず、E4UA標準の銀メッキ線であるBelden1804Aをお薦めしておりました。

今回はRCAケーブルで受け側はハイインピーダンス、ノイズの乗りやすい伝送でもあります。ですのMixツイストした上からさらに錫メッキ編組シールドを施し、収縮チューブで固定、ナイロン編組チューブ仕上げとしています。
DAP側は4.4mm5極の純銅プラグであるNobunagaLabs NLP-PRO-TP44/5CQを使用しました。見た目ではほぼ変わりありませんが、低・中域の押し出し感のある真鍮製プラグに対して中・高域の伸びのある純銅製プラグは今回の求められる音にも合致していると思います。
AMP側はRCAプラグでMogami 7551を使用しました。こちらもシルキータッチな挿抜感のある日本製の高品質なRCAプラグです。

ありがとうございました。

4.4mm5極 – AT-NF200用RCAケーブル 100cm
AT-NF200側分岐長6cm
E4プレート・シリアルナンバー有
線材:オヤイデ 4N純銀撚り線&102SSC撚り線 2:1ツイスト
シールド:錫メッキ編組シールド
外装:ナイロン編組チューブ ゼブラ
アンプ側:4.4mm5極 NobunagaLabs NLP-PRO-TP44/5CQ
AMP側:RCA Mogami7551
商品代 31236円 (価格は製作当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加