SONY WMC-NWH10改造事例いろいろ その2

私もですが、やはりSONYは皆さん大好きですね。

ハイレゾWalkmanはWMC-NWH10を通さないとUSB出力ができない為、このWMC-NWH10の改造のご依頼はよくいただきます。1Zや1A、ZX300が発売されましたがやはり、さらに高音質というか、好みの音に近づける為であったり、据え置きオーディオに接続したりと別なDACを持ってくるのは好音質化には欠かせない手段なのかもしれません。

先の更新より1年以上経った事ですし、今回はあれからご依頼をいただいたWMC-NWH10の改造の一端をご紹介させていただきます。

まずはこちら、充電側USBケーブルをお持ち込みいただき、取り付けたものです。
データ側はストックですので音質やこの部分の使い勝手的には変わらず、充電機能だけを付加する改造です。シンプル構成ですので、ずっと使えますね。

 

充電側USBケーブルをお持ち込みいただかない場合は、上の写真のようにこちらにある安価な日本メーカー製USBケーブルを取り付ける事も可能です。

特にWalkmanを車載されている方には、今お使いのWMC-NWH10をリプレースしてUSB電源を用意していただくだけで使用可能時間がかなり変わってきますので、お薦めできる改造です。

 

データ側・充電側どちらもケーブル交換のご依頼を頂く事もよくあります。
上(左)の写真はデータ側にはaudio-technica AT7797
電源側にはaudio-technica AT-EUS1000mn を使用したもので、どちらのケーブルもお持ち込みいただき取り付けたものです。車載環境でお使いとの事で、audio-technicaの車載用USBケーブルを最適な長さで取り付けました。ぶっといケーブルは耐震性能・耐熱性能が車載用に最適化されていますので安心感が有りますね。
下(右)の写真はデータ側にはELECOM MPA-AMBX2U12BK
電源側にはELECOM DH-AMB12を使用したもので、clarion Full Digital Sound Z3に接続されるとの事でデータ側はMicroUSB(B)プラグになっています。USBケーブルは銘柄指定でE4UAにて代理購入を行いケーブルの取り付けを行いました。USBケーブルは市販のものが種類も多く有りますので、ご予算と用途に合わせてお選びいただけます。

車載用ではこのようなケーブルもご依頼いただきました。
こちらのケーブル、PORSCHE 911 Type996において、センターコンソールの灰皿の中に設置する専用形状になっています。
灰皿の真上にWalkmanを設置、灰皿の中にWMC-NWH10をコンシールし、電源・データのUSBプラグは元々スイッチのあった穴にUSBメス側を設置してそこに最短で接続・・・
という、多分この世に1本しかないケーブルです。
WMポートコネクタは下出しL型にアクリル形成し、最適距離にてWMC-NWH10ケースに入力、ここからデータ側と電源側のUSBケーブルをBelden1804A流用で出してL型USBプラグをこちらもアクリル形成しました。

こちらはご感想とお写真をいただきました。

 
昨日、届きました。
車内に設置した写真です。
予定通り、配線を可能な限り隠して設置できました。
無謀な要望にお応え下さり、感謝しております。

個人的に、まずは目をひくのがドライカーボン製センターコンソールカバーです(笑
ケーブルは最短形状にてコンシールできたようです。現物をお預かりする事無く、採寸からのみで製作するのはなかなか怖かったですが、良い感じにできたようです。

純正状態ではケーブルが出ている所にUSB(A)メス・MicroUSB(B)メスを配置したもので、電源ケーブルを付加するのではなく、USBケーブルを交換式にしてケーブルの音の違いを確かめたり、取り回しを良くしたりする改造のご依頼もいただきました。
WMC-NWH10は純正状態ではWMポートコネクタがぶっ壊れるのではないかと思うぐらい、かなり硬いUSBケーブルが出ていますが、この位置にUSBメス側を配置すれば、USBプラグ分で少し全長は長くなりますが、柔らかいMicroUSBケーブルを使用すれば取り回しは良くなりますし、USB(A)でも純正のUSBケーブルの音を利用せず(内部配線は4N純銀単線仕様)、その他のUSBケーブルの音を直接楽しむことができるようになります。

   

勿論、ポータブル用に特化した両方L型プラグでの製作のご依頼も数多くいただいています。
DAC側はポータブルですのでMicroUSB(B)が多いですね。時代の変遷に伴ってMicroUSBもUSB(C)に移っていくのでしょうけど、USB(C)プラグでの製作も可能です。

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加