Philips Fidelio X1 & X2 3.5mm4極 GND分離化 専用ケーブル製作 2018年2月11日追記有り

少し前の事ですが、Philips Fidelio X1の3.5mm4極GND分離化のご依頼をいただきました。

PhilipsのFidelioシリーズもかなり拡充されたようですが、このX1が発売された時、開放型ながらも超低域まで響く重低音がかなり気持ち良かったのを覚えています。

X1はイヤーパッドの交換ができなかったりしますが、外れない事は無いので外してしまい(外さないと改造できません)、内部を弄って3.5mm4極ジャックを挿入、GND分離化を施しました。

専用ケーブルは依頼者さまがオークションかなにかで購入されたもの(断線状態)をプラグの付け直しで復活させたものです。

GND分離化を行う事でバランス接続にも対応させる事ができるようになり、まだまだ現役で頑張る事ができますね。

少し期間を置いて、別な方よりFidelio X2のGND分離化のご依頼もいただきました。

FidelioはX2になって少し外観色が変わり、またイヤーパッドが自分で交換できるようになりました。よりユーザーフレンドリーになった感じですね。

こちらもX1と同じように内部を弄って3.5mm4極ジャックを挿入、GND分離化を施しました。

また専用ケーブル製作のご依頼もいただきました。
線材はオヤイデ102SSC撚り線を4芯ツイスト、ナイロン編組チューブ(ナイトスカイ)仕上げとしたもので、アンプ側はXLR4極です。
ヘッドホン側は3.5mm4極で高品質な日本製、NobunagaLabsのNLP-PRO-IS35/4の軸とPailiccsのボディを合わせたニコイチプラグです。どうしてもヘッドホン側は段付きプラグにされたいとのご事情があり、NobunagaLabsのボディよりPailiccsのボディの方が約2mm程短いもので、段付きの分ボディを短くして取り回しを良くする為にお薦めさせていただきました。

元々高音質なフラグシップヘッドホンですが、GND分離化を行う事でバランス接続に対応させることができるようになり、さらに音質を高みに投げてやる事ができるようになりました。

ご感想をいただきました(2018年2月12日追記)

 初めてのバランス接続だったので、少しドキドキしながら試聴したのですが、
薄膜を一枚取った様な晴れやかな音になった様な気がします。

良くLive映像を観るのですが、ボーカルを近く感じ、低音域の量感が少し増し、
よりLive感が強くなった様な感じで、一週間前に行ったLiveを思い出す位です。

ケーブルも含め、とても丁寧な仕上がりで大満足です。

Live映像と共にバランス接続で臨場感溢れる音源を聴かれているのですね。
当時のその場所を思い出す事ができるほど、高音質化ができたようです。

ありがとうございました。

Philips Fidelio X2 GND分離化
商品代 9400円 (価格は製作当時の物です)

GND分離化 FidelioX2用ケーブル 150cm
E4プレート・シリアルナンバー有
線材:オヤイデ 102SSC撚り線
外装:ナイロン編組チューブ ナイトスカイ
ヘッドホン側:3.5mm4極 NobunagaLabs NLP-PRO-IS35/4 軸&Pailiccs段無し ボディニコイチ
アンプ側:XLR4極 NEUTRIK NC4MXX-B
商品代 19384円 (価格は製作当時の物です)

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加