JVC HA-FX850用ケーブル オヤイデ4N純銀撚り線&102SSC撚り線 1:2ツイスト *Numberd

JVC HA-FX850用としてストレートダウン型MMCXケーブル製作のご依頼をいただきました。

HA-FX850はJVCお得意のウッドドームを配したイヤホンですね。木の暖かみのある音色が感じられるイヤホンだと思います。
既に生産は終了しているようですが、流通在庫はまだあるようでお値段も発売当初からすると新品でもかなり安くなっているようで、欲しかった方には「買い」のイヤホンかもしれません。

今回ご依頼いただいた方からは、下記のようなご要望をいただきました。

・見た目は銅色のケーブルで、銀が少しまざるなど色の具合を少し変えたもの
・音のバランスを変えるのではなく、解像度をもうすこし上げながら音に開放感が出ればいい

との事でした。

基本的に銅色のケーブルとの事で、外装は無しか透明収縮チューブ仕上げになります。外装無しにされた場合は鋭利なもので引っ掛ける事だけをされないように注意して使っていただく必要は有りますが、外装無しにされた方が柔らかく使いやすいものができます。収縮チューブ仕上げは引っ掛けにも強く、耐久性が上がりますので特にハードに使われる方にはお薦めしています。ただし引っ張り断線だけは外装無し・収縮チューブ外装どちらでも耐久性に変わりは有りません。ナイロン編組チューブ仕上げの場合は引っ張り断線にも強くなりますが、線材の色は見えなくなりますので今回は当初からお薦めもしておりませんでした。

線材の使い方については何回かメールを交わしてご決定いただきました。具体的には銀1銅2でツイストしたもの、銀2銅2でツイストしたもの、銅3でツイストしたもの、それぞれ仕上がりがどのようになるかテストでツイストしてその風景を確認していただいています。今回は銅がメインで銀が少し入った、銀1銅2でのツイストを選択されました。

プラグ構成は全てNobunagaLabs製、分岐部パーツも太さ的に問題無く入りましたので使用しました。E4プレートとシリアルナンバーはケーブル中間部に取り付けると取り回しが悪くなる事が考えられましたので、分岐部パーツ上に取り付けています。
少しだけ銀色の混じった銅は銅一色の時よりも見た目が少し軽くなりますが、プラグや分岐部は全て黒で統一されており一体感が有るように思います。

ご感想をいただきました。

ケーブル作成ありがとうございます。とても満足いくケーブルでイヤホンライフがより一層楽しくなりました。

木の雰囲気が強いJVCのWOODシリーズには、やはり銅のケーブルが合うようです。
今回は銀も少し入っていますので、高域の伸び感や煌めき感が追加され、さらに永くお使いいただけるものになったと思います。

ありがとうございました。

汎用MMCXケーブル 100cm
分岐長35cm
スライダー有
E4プレート・シリアルナンバー有
線材:オヤイデ4N純銀撚り線&102SSC撚り線 1:2ツイスト
外装:無
ヘッドホン側:MMCX NobunagaLabs MMCX-DIY
アンプ側:2.5mm4極 NobunagaLabs NLP-PRO-IS25
商品代 23044円 (価格は製作当時の物です)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加