AKG K550mkII GND分離デタッチャブル化 デタッチャブル化K550mkII用ケーブル Belden1804A ブラック *Numberd

AKG K550mkII GND分離デタッチャブル化、及び取り外したケーブルより変換延長ケーブルの製作、専用ケーブル製作のご依頼をいただきました。

 

AKG K550 スタジオリファレンスクラスのヘッドホンですね。今ではK550mkIIIが出ましたが、こちらも息の長いシリーズです。

今回ご依頼いただいた当初はK550mkIIを両出しでデタッチャブル化をお考えでした。これは内部配線を変更しやすい事、内部配線を変更する事で音を揃えやすい事、またバランス接続を行うには両出しでないといけないと思われていたそうで、これらについて、また取り回しや断線のしやすさ、ポータブルでの取り回しの良さなどを交えてご案内させていただき、最終的に片出しでのデタッチャブル化を選択されました。K550は元から片出しモデルですので、ポータブル使用もされるのでしたらやはり片出しが良いと個人的に思ったのもあります。

一緒に専用ケーブルの製作も承りました。
専用ケーブルに求める音質としては、高域の広がり感を重視し、低域はどちらかというと締まったものがお好みとの事で、Belden1804Aをお薦めさせていただきました。
銀メッキ銅の線材で低域は深いですがアタックは早く、クール系の音質でモニター的に使われるには良いものです。
プラグ類はヘッドホン本体の雰囲気に合わせて黒系で、プラグも黒系をご希望でした。ですので外装チューブはブラック、プラグはヘッドホン側にはNobunagaLabsのNLP-PRO-IS35/4、アンプ側には同NLP-PRO-IS25を使用しました。沈む雰囲気のヘッドホンによく合っていると思います。

取り外した純正ケーブルですが、このケーブルの質感も気に入られているそうでこれは捨て置かず、NobunagaLabsNLP-PRO-TPFEMを取り付けて、2.5mm4極から6.3mmプラグへの変換・延長ケーブルを製作しました。お家で据置環境ではこのようなケーブルが1本有ると使いまわしもできて、一層便利に使っていただけるようになりますね。

ご感想をいただきました。

とても綺麗に仕上げていただいてありがとうございます。
3.5mmプラグの白線とヘッドホンの銀色部分が重なっている所などは、最初からこの状態で売られていたのではないかと思うほどです。
大した耳を持っていませんが、K550の音質傾向を変えることなく、レベルアップしたのが感じられました。製品を見ればお分かりだと思いますが、購入後1か月以内に送らせていただいたので、今後、ケーブルだけでなくユニットのエージングが進めば、もっとしまった低音になるのではと期待しております。
当初は、本体以上の費用をかけて改造することに意味があるのか、とも思いましたが、現在は依頼してよかったと思い直しております。内部配線を変更しなくても、ケーブルを変えるだけで結構音が変わるものなのは驚かされました。
本当にありがとうございました。

K550などの両出しヘッドホンは、実際の所内部配線は変更できないものが殆どなのです。理由は、ヘッドバンド部が分解できない構造だからです。これは大量生産品な為に仕方のない事と言えます。一部beyerdynamicのようにヘッドバンド部が分解可能なものでは渡り配線(内部配線)を変更可能なモデルもありますが、ヘッドホン全ての割合からすると少ないですね。
ですが今回のGND分離デタッチャブル化で、十分な変化を感じていただけました。ケーブルは音楽信号を伝送する大切な部分ですので、これを変えると音は変わります。変化した音も気に入っていただけましたようで良かったです。

ありがとうございました。

AKG K550mkII 片出しデタッチャブル化
商品代 6400円 (価格は製作当時のものです)

AKG K550mkII 純正ケーブル ヘッドホン側プラグ交換
ケーブル:AKG K550純正ケーブル ヘッドホンより取り外したもの
ジャック:2.5mm4極ジャック NobunagaLabs NLP-PRO-TPFEM
商品代 4300円 (価格は製作当時のものです)

デタッチャブル化K550mkII用ケーブル 150cm
線材:Belden1804A
外装:ナイロン編組チューブ ブラック
ヘッドホン側:3.5mm4極プラグ NobunagaLabs NLP-PRO-IS35/4  (SONYアサイン)
 アンプ側:2.5mm4極プラグ NobunagaLabs NLP-PRO-IS25
商品代 14684円 (価格は製作当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加