インイヤー・ヘッドホン 専用プラグ

★FitEar

pPlug_FitEar_l FitEar用 4000円
(製作費換算時は1800円)
ロッキー須山さん曰く ”FitEarはストレートプラグ用にデザインされている。L型プラグは使えない。” だそうですが、お好みでどうぞ。透明も有ります。

pPlug_FitEar_s

★audio-technica

pPlug_ath-mATH-IM01 IM02 IM03 IM04 IM50 IM70等用 1800円
オーディオテクニカのインイヤーモニターシリーズ用 嵌合もパチンと嵌まり、使用にも問題ありませんでした。

pPlug_ath-eATH-LS400シリーズ
ATH-E70シリーズ
ATH-CKR100 CKR90
ATH-CKS1100

A2DCコネクタ TypeA 2300円
(製作費換算時1800円)
audio-technicaの新シリーズ用A2DCコネクタです。こちらも嵌合は気持よくパチンと嵌まり、MMCXのようにくるくる回転する事も無く安定した接続を得られる設計です。

A2DCコネクタ TypeB 2300円
(製作費換算時1800円)

audio-technicaが採用するA2DCプラグに新顔が入りました。今までのものとの違いはボディの形状違いのみですが、少し短めのボディになり取り回しが良くなっています。また左右の識別も溝の意匠に色が流されているもので、より識別が楽になりました。
ATH-EシリーズやATH-CKR、ATH-CKSシリーズには全てねじ込んだ状態、ATH-LSシリーズには1mmほどねじ込まない状態にする事で、それぞれのジャック形状に対応させる事ができます。一番右の黒のプラグが、最後までねじ込まずにATH-LSシリーズに対応させた状態です。勿論両対応とさせる為にねじ込まないで製作する事も可能です。
今までのものはtypeAとしてどちらも標準在庫とします。

A2DCジャック 1800円

やっと出てきました。A2DCのメス(ジャック)です。
新しい規格を作っては潰してきたaudio-technicaが、(多分)自信をもって作ったこのA2DCという規格は雌雄逆のシュリンクMCXとも言える形状をしています。
本家のA2DCジャックと同じく、ググっと入ってパチンと止まり、あまり回転しないようになっており、接続の安定性はMMCXよりも高いです。
使用する場合はヘッドホンやイヤホンのデタッチャブル化では同径の穴を開けて樹脂で固定したり、変換アダプタを製作したりします。

★SONY

SONY MDR-EX1000純正プラグ軸 6000円
SONY MDR-EX800ST純正プラグ軸 6200円

(共にケーブル製作費換算時1800円)

どちらも新品の純正ケーブルよりプラグ軸のみを抽出したものです。
ケーブル製作時、これらプラグはボディが無い為、アクリル形成により造成する必要が有ります。
E4UA初期の頃はMDR-EX800ST純正ケーブルが安かったのでこれを入手していたのですが、いつの頃からかこれが値上がりしてMDR-EX1000純正ケーブルの短い方が安くなり、最近はこちらのプラグ軸を使用していました。今回、価格を見直して両方のプラグ軸を常時在庫とする事にしました。
品質的には接点の材質・メッキの質は同じで、軸部分のプラスチックの色違いとネジ部分の金属の種類・色違いで音質的には変わりありません。

pPlug_son_mdr-ex_2MDR-EX600 MDR-EX800ST MDR-EX1000等用 プラスチックボディ2500円
(製作費換算時1800円)
やっと出てきました。こちらはネジ部分も全てプラスチックで造形されており、強度的には純正より劣りますが機能的には十分な所にあります。ケーブルとして製作する場合にもお値段を下げる事が可能です。

★Etymotic Research

pPlug_ER4ER-4B ER-4P ER-4Sなど用 2700円
(製作費換算時は1800円)
このままでの製作も可能ですが、下の写真のように軸部分のみを切り出して使いボディをパテ形成・UVレジン仕上げとする事で、純正のような使い心地になります。パテ形成の場合は色は自由に選んでいただけます。

P1010983プラスチックのボディ・パテ形成のボディ、共にプラグボディ内部に負荷抵抗を内蔵しますが、タクマン、アムトランス、Vishay、その他メーカーも可能な限り対応します。抵抗値はER-4Pの27Ω付近からER-4Sの100Ω付近まで、使い方と音の好みにより決めていただけます。

pPlug_ER4_2ER-4B ER-4P ER-4Sなど用 2500円
(製作費換算時1800円)
こちらは70度程度のL型プラグでボディが形成されています。パテ形成を行わなくても良く、またプラグがドライバーの径と同じに設計されていますので、装着時の違和感が殆どありません。


★SHURE他多数 MMCX

pplug_mmcx_nlNobunaga Labs
MMCX-DIY 1650円
外径6.5mm
ケーブル穴径3.0mm
(4.0mmまで拡大可能)
スプリッター
外径6.9mm
ストレート側ケーブル穴4mm
分岐側ケーブル穴2.2mm

MMCXプラグボディに6本のラインの意匠、左右識別は円周状の窪みに塗装仕上げ、全体は黒つや消し塗装となっており、深く沈み込む雰囲気を持っています。ハードに扱っても識別色は窪みの中で、これが消えたりする事もありません。
セットのスプリッターはこれを使用できる場合は使用しますが、分岐側のケーブル穴が小さめなので使用できない場合が多いです。

pPlug_mmcx_oオヤイデ
MMCXメタルボディ 1650円

外径5.8mm ケーブル穴径3.0mm
ケーブル穴は4.0mmまで拡大可能

プラグボディが太めで持ちやすく、赤(右)と黒(左)のラインが印刷されていますので左右の識別も容易になっています。

HUM MMCXプラグ GT-mmcx 1800円
ケーブル穴径3.5mm(拡大化で4mmまで)

少し前にGB-mmcxプラグが入荷されなくなり、新しい動きが出るのかな・・と思っていた所、新作プラグが発売されました。
こちらのプラグ、純銅製で24kメッキです。
純銅製と言うとEIDOLICのEM-CXP(ロジウムメッキ)が有りますが、あちらはスナップ式ボディ、こちらはネジ切りが無く接着剤などで仕上げる形になります。純銅をネジ切りするのがいかに難しいかという所なのだと思います。
ボディは直径5mm全長10mmとかなり小型で、L/Rの識別はレーザー刻印されていますので消える事もありません。
このサイズでもケーブル穴径は3.5mm(拡大化で4.0mm)が確保されており、例えばKIMBERの4芯も入りますのでかなり広範囲のケーブルが使用可能です。

pPlug_mmcx_m 
MMCXプラグ軸のみ 780円/2個
精度の良いものを在庫するようにしています。
SHURE系イヤホン・ヘッドホンに使用する際はMMCXプラグ後端をパテ形成しピン抜けや断線を予防し、また耳掛けワイヤも一緒に固定します。 SRH1840など用でもプラグ全体をパテ形成し収縮チューブで径合わせをします。
右のプラグ軸のみは、製品精度は今までのものと変わらず角の立ったとても良い切削がされたもので、ほぼ全てのMMCX機器に問題無くお使いいただけます。またプラグ座面に円形の鍔がついており、内径が5mmの筒にそのまま固定をする事ができるようになっています。その分全長が長くなってしまっているので少しボディを選ぶ所は有りますが、比較的使いやすいものです。

pPlug_mmcx_swalovskiパテ形成プラグのみの対応ですが、ラインストーン(スワロフスキー)を裏表にトッピングする事もできます。色はサンプルカラーよりお好みでお選びいただけます。

 
MMCXプラグ軸のみ CIEM2ピンプラグ(a)(b)ボディニコイチプラグ 各1650円/左右セット

小型で高品質なプラグとしてCIEM2ピンプラグ(a)(b)のボディをMMCXプラグ軸にニコイチする事で小型なプラグも製作可能です。
ボディのサイズは
(a)のものが色は黒で長さ10.5mm 直径5.4mm
(b)のものが色はシルバーで長さ10.5mm 直径5.8mm
です。
(a)の方はつるっとした表面をしており、ちょっと力は入れにくいかもしれません。
(b)シルバーのものは溝が入っており、プラグ抜去時に力を入れやすい形状をしています。

MMCXプラグ軸のみ 極短タイプ 780円/2個

特にプラグの長さが極短の形状をしたMMCXプラグを入れてみました。ヘッドホン側変換アダプタはほんの数mmの長さでも短い方が使いやすい事が多いためです。品質的には今まで使用していたMMCXプラグも日本製、こちらも日本製で角の立った、精度の高いものです。

MMCXジャック 780円/2個

ヘッドホンのデタッチャブル化、MMCX変換プラグ・ケーブルの作成などに使用します。

pPlug_mmcx_f_2極小MMCXジャック 1200円(2個)

余分な金属を可能な限り削ぎ落としたジャックです。WestoneのMMCXモデルにも使われているような形状で、極小空間でのMMCX化に使用できそうです。全長は上のものとほぼ同じです。

pPlug_mmcxtype強力なMMCXプラグ 2000円

MMCXのような形状をしていますがMMCXではないようなプラグです。
通常MMCXプラグはリングは別体になっていますがこのプラグは一体で成形されていて、リングごと4つに割れています。MMCXプラグはよく回転する構造ですが、かなりがっちり嵌って回転しにくい構造になっています。ただし抜けにくいです。抜去時にヘッドホン側を破壊する危険性が有ります。無責任ですがこのプラグを使ってヘッドホンを破壊されても責任は持ちません。

NIDEON NDMMCX-2B 6000円

NIDEON製MMCXプラグをテスト入荷してみました。
正直言ってこの価格のMMCXプラグに需要が有るのかどうか甚だ疑問ではありますが、絶対的に高品質なものを求められる方もおられますので選択肢としては有った方が良いという考えです。
こちらも2.5mm4極プラグと同様にSaw tooth加工が施されたプラグボディで抜去時に使いやすそうです。MMCXプラグ軸は外周電極がSONYのものと似た形状(先が膨らんでいて4つに割れている)で、ガタつきは少なそうです。
パッケージには以下のように記されています。
・特殊バネ材を使用し、接続性を大幅にアップ
・GHz帯まで減衰が少ない高周波対応構造
・中心コンタクトを固定し、抜けにくい構造
・レアメタルを添加摩擦に強い硬質金メッキ
・抜きやすいSaw tooth型金属削り出しケース
・レーザー印字による消えにくいL/Rマーク
・プラグとケースはネジ式で組立
・最大Φ3までの太いケーブルに対応
です。プラグボディ内部は広く、ケーブル穴径を拡大化すればさらに穴は広げられそうで、かなり多くの種類のケーブルに対応できるのではないでしょうか。

EIDOLIC EM-CXP 3000円/set

テスト入荷ですがMMCXプラグに新顔です。
NorneAudioはアメリカのプラグ・ケーブルメーカーですが、ここが代理店となりEIDOLICの高品質なMMCXプラグが発売されました。プラグ軸は全てロジウムメッキが施されています。中心電極はテルル銅(快削銅)が使われ、また絶縁材にはテフロンが使われていたりと、特に音質に配慮されています。
プラグ軸をボディに入れると、プラグ軸に配置されたリング状のバネでMMCXプラグのように嵌まり、特別な接着剤など必要とせず固定が可能になっています。
ケーブル穴径は4.4mmと太め(拡大不可能)で、多種のケーブルが使用可能です。

★SENNHEISER

pPlug_sen_ie80IE8 IE80用 1800円
少しプラグサイズが大きめのこれら機種に合わせる為、3分割式のプラグになっていますが十分強度は保たれています。

Jerry Harvey Audio

pPlug_JH4JH 4ピンプラグ 7700円
(製作費換算時は3000円)
極小空間に4極を配置したRoxanneやLayla, Angieなどに使われる4ピンプラグです。

pPlug_JH4_vrこのプラグを使ったヘッドホンはLo, Mid, High それぞれの信号用とGNDに配線し、Lo用ラインには低域の調整用に可変抵抗が付きますが、プラグボディに可変抵抗を乗せてアクリルで追加のボディを形成する事(c)で低域調整を温存したまま2芯の線材にも対応可能になります。勿論3芯やそれ以上の線材にも対応可能で、線材の選択肢が広がります。

pPlug_JH4_2JH4ピンプラグ 透明 7700円 
(製作費換算時3000円)

プラグ軸及びボディが透明なものも在庫しています。
ボディに抵抗を搭載する場合は透明のアクリルで形成しますので、全て透明の涼しげなプラグができます。

pPlug_JH4_fJH4ピンジャック 4500円
かなり用途は狭いですが、JH4ピンケーブルをMMCXやCIEMに変換したい場合などに使用可能です。

★Ultimate Ears

pPlug_ue_10pro_mTriple.fi 10 PRO用0.75mmピン
メタルボディ 1800円

メタルボディのタイプで、カスタムIEM用の2ピンプラグのボディ(800円)と互換性が有ります。

pPlug_ue_10pro 

Triple.fi 10 PRO用0.75mmピン
プラスチックボディ 1800円

どちらも部品代は変わりませんが、ケーブル径が太い時はプラスチックのタイプを太穴化したものでしか対応ができない場合もあります。ケーブルスプリッターとスライダーは線径がかなり細く、適合する時のみ使用可能です。黒と透明があります。
UM MentorV2に適合する事を確認しています。

pPlug_ue_ProProfessional Reference Remasterd,
18Pro, 11Pro, 7Pro, 5Pro, 4Pro用 2200円
(製作費換算時1800円)
0.75mmピンでプラグ側埋まり込みL型、 Reference RemasterdやProシリーズ専用品です。 (黒・透明どちらも在庫)
QDCの新型2ピンもこちらが使用可能です。

pPlug_ue_10pro_pin0.75mm ピンのみ 780円(2個)
ue系プラグはピンのみですと弱いものですが、CanalWorksなどではこの0.75mmピンがヘッドホン側埋まり込みで使われている事があります。プラグボディはパテ形成して使用します。

pPlug_ue_10pro_fUE系 0.75mm 2ピンジャック
2000円

ヘッドホンのデタッチャブル化の際、0.75mmピンでケーブルを揃えられている方にはこちらの方が良い場合があります。変換アダプタなども製作可能です。

pPlug_ue_Pro_fProfessional Reference Remasterd,
18Pro, 11Pro, 7Pro, 5Pro, 4Pro用 ケーブルジャック 2200円
かなり用途は少ないですが、MMCXやCIEM2ピンに変換したい場合などに使用可能です。

★Westone

W4r UM3X UM3RC等 0.78mm 2200円
(製作費換算時1800円)
ヘッドホン側埋まり込み、スリット無しの0.78mm L型プラグでピン太さはカスタムIEM用プラグと互換性が有ります。

pPlug_Wes_M_bodyWESTONE MMCXモデル用
MMCXプラグカバーのみ 680円

WESTONEの少し特殊なMMCXプラグに専用設計のプラグカバーを使う事で確実な嵌合ができます。

★カスタムIEM

pPlug_ciem_oオヤイデ
CIEM用メタルボディ 1650円

外径5.8mm ケーブル穴径3.0mm
ケーブル穴は4.0mmまで拡大可能

オヤイデ MMCXと同じボディが使用されており、また軸は24Kメッキが施されており、他のオヤイデのプラグと同じように長期間安定した品質を保つ事ができます。

Nobunaga Labs CIEM2ピンプラグ
NLP-CIEM-DIY 1650円

このCIEM2ピンプラグは「初心者にも使いやすいものを」とNobunagaLabsが考えられ、E4UAでは製造において監修をさせていただきました。
E4UAからお伝えした事は
・軸部分のプラグボディに埋まりこむサイズ(ねじ切り部)を最小限に
・軸に使用するプラスチックを耐熱性の高いものに
・メッキ後の洗浄を確実に
で、これらを全て叶えてもらう事ができました。

軸部分はボディに埋まりこむ構造をしています。この埋まりこんだ後(組付け後)のボディの内容積は、ケーブルと接続子が半田付けされ、これが保持される為に必要な部分になります。MMCXであれば回転するので保持はそこまでは気にしなくてもいいのですが、CIEM2ピンは回転しない構造であり、ケーブルの動揺はプラグ軸に直接加わります。この部分での保持が完全でないと、ケーブルの動揺が半田付け部に連続的にかかり、金属疲労が溜まって断線に繋がります。
ここで、ボディを長くすればこの容積は大きくできるのですが、それでは使い勝手が悪くなってしまいます。この為、半田付け後のケーブルを保持する為のスペースをより確実に確保できるように、軸のネジ切り部分を極限まで短くしてもらいました。
また、ボディに埋まりこむ部分はプラスチックの射出形成で製造されています。材質は色々あるのですが、耐熱性の低いプラスチックを使用すると半田付けの熱で軸が歪んでしまいます。今回はネジ切り部分を短くしてもらったのでプラスチック部の熱容量も少なく、すぐに軸が歪んでしまう事が考えられましたので、このプラスチック部分にはLEMOなどでも採用されているPEEK樹脂を使用してもらいました。PEEK樹脂は最近で言えばトープラ製の4.4mm5極プラグなどにも採用されているもので、耐熱性がとても高い樹脂です。PEEK樹脂を使用する事で、半田付け初心者にも扱いやすいプラグになりました。
さらに、メッキ後の洗浄を確実に行ってもらう事を確認しました。洗浄を確実に行ってもらう事で、半田の濡れ性を上げています。半田が早く流れると、熱を与えすぎる事も無くなり、軸の歪みも起きる事が少なくなります。

こちら、通常はスプリッターとのセット商品ですが、E4UAでは多様な線材を使用しておりセットのスプリッターは使用可能な場合のみ使用します。

pPlug_ciem0.78mm 2ピンプラグ (a) 1650円
ヘッドホン側埋まりこみとスリットに対応したプラグです。
使用可能線径は4.0mmとなっており、有る程度太めの線まで対応可能です。

pPlug_ciem_20.78mm 2ピンプラグ (b) 1650円

ヘッドホン側埋まりこみとスリットに対応したプラグです。
使用可能線径は4.0mmとなっており、有る程度太めの線まで対応可能です。

EIDOLIC E2-78-PG 3000円/set

こちらも電極にテルル銅(快削銅)が使われ、またプラスチック部分にはPEEK(ポリエーテルエーテルケトン)が使われたCIEM2ピンプラグで音質への配慮がなされています。PEEKという材質はあまり耳にする事が無いものですが、超高耐熱の樹脂でLEMOプラグの絶縁材にも使われているものです。
こちらも特別な接着剤などを必要としないスナップ式のボディ、ケーブル穴径は太く多種のケーブルが使用可能です。

pPlug_ciem_flat 

埋まり込み無し2ピンプラグ 2200円
(製作費換算時1800円)

NOBLE Audioなどの埋まり込み無し2ピンのCIEM用プラグです。

pPlug_ciem_f_a0.78mm 2ピンジャック(a)
2000円/2個セット

カスタムIEMの2ピンも元々オーディオ用ではないですがMMCXよりも接点の接触面積は多いので安定性はあります。 軸の強度はあまりないので強大な力がかかると曲がったり折れたりする恐れはあります。埋まり込みタイプは曲がったりしにくく、ヘッドホンのデタッチャブル化などにも使えます。

pPlug_ciem_f_b0.78mm 2ピンジャック(b)
1800円/2個セット

こちらはMMCXジャックと似た形をした、2ピン用のジャックです。 上のジャックでは場所が取れない狭小部や、MMCXが使われたヘッドホンをこれにするとカスタムIEM用ケーブルが使えるようになります。
現在の所透明のみ在庫

CIEM2ピンジャック(c)
埋まりこみ有り 小型 1800円/2個セット

今まで在庫していたCIEM2ピンジャックで埋まりこみ有りのタイプより、少し小型のものも入荷しています。変換アダプタは小型な方が使いやすい事が多いのですが、埋まりこみプラグをお持ちでどうしても埋まりこみでないと強度の不安が有る方にお薦めさせていただきます。

CIEM2ピンジャック(d)
埋まりこみ無し 1800円/2個セット

今まで在庫していたCIEM2ピンジャックで埋まりこみ無しのタイプは、MMCXメスのような形状をしたものでした。あちらは縦のサイズ(写真では横方向)はかなり小さく使いやすいのですが、こちらは横(写真では縦方向)のサイズが小さく、使用する場面によって使いやすいものを選ぶ事になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加