SONY MDR-EX1000用バランスケーブル カナレL-4E5C 120cm

p1140147 p1140149

SONY MDR-EX1000用ケーブル製作のご依頼をいただきました。

ご注文いただいた方、かなりのSONYマニアと自称されていました。とても愛されているようで、このMDR-EX1000もMMCX変換などではなく専用のバランスケーブルでドライブしてやろうと思われたそうです。また日本製という事にも拘りが有るそうで、外国製のケーブルに不信感のようなものを抱いてらっしゃるようでした。E4UAで扱う線材やプラグは外国製も勿論ありますが、それらの多くは日本製です。今回のケーブルの仕様では線材、プラグ、半田、全てが日本製での製作になりました。

線材は当初カナレL-4E5C&メタル編組チューブ仕上げをご指定でした。カナレL-4E5Cは所謂”普通の音”のする線材です。普通と言っても色々あるでしょうが、普通に良い音と考えていただいて良いと思います。
大抵の純正ケーブルは音質よりも使用感であるとか耐久性や原価の安さを主に考えられて作られています。MDR-EX1000の純正ケーブルは原価を少し無視して7N OFCがアンプ側プラグまで4芯で使われていますが、それでも他の純正ケーブルと同じようにリッツ線ですし、リケーブルによって音質をさらにアップグレードしてやる事のできるものです。
仕様策定の中で、メタル編組チューブは重くなる事、またカナレL-4E5Cはほぼ100%近いシールド率の編組シールドが有るので、ジャケットとシールドを撤去しないのであればメタル編組チューブは必要ではない事などをお伝えし、ストレート部はそのままでの使用となりました。
スライダー無しで分岐長50cmと少し長めでゆったり使うスタイルにされましたが、分岐部にはゴールド&平織カーボンのスプリッターを配し、分岐部は芯線のみをツイストしておりクールな外観を得ています。

ヘッドホン側プラグはMDR-EX800ST純正ケーブルより抽出したプラグ軸を使用し、ボディをアクリル形成、耳かけワイヤー部は3Ⅾ形状に収縮チューブによる形状固定をしています。MDR-EX1000のシリーズは、他のMMCXや2ピンのイヤホンとは違い、なかなか個性的なプラグが個性的な刺さり方をし、耳を周るケーブルも個性的な取り回しをします。これを収縮チューブでの形状固定とする事で、純正ケーブルでは形状記憶プラスチックというよくわからない素材できちっと固定できなかったものが、耳にイヤホンを装着してケーブルをひっかけるだけで装着完了という簡便さを同時に取り入れる事ができました。

アンプ側プラグは中村製作所 NP-254を、ほんの少しだけケーブル穴の拡大化を行い使用しています。2.5mm4極プラグがバランス接続用として音響の世界に来た当初より対応プラグとして使用されているもので、短めで少し太めのプラグボディは使いやすく、また日本製の安定した品質のプラグです。
こちらのプラグは購入したそのままの状態では半田付けに慣れていない人でもそれをやりやすくする為の基板が装着されて販売されています。基板には無用で別な種類の銅が乗っていますし、半田付けで接続される部分も必要な部分であれば仕方がないですが、少なければ少ないほど混ざりが無い音が出せるでしょう。2.5mmプラグは熱容量が少なく瞬時の半田付けが必要ですが、E4UAでは高音質化を狙っていますのでこの基板は除去し、線材を直接プラグ軸に半田付けしています。
半田は和光テクニカル SR-4NCuを使用しました。Mogami NEGLEX OFCと特に相性が良いと感じているこちらの半田ですが、カナレの線材とも相性が良いように思います。

ご感想をいただきました。

本日ケーブルが到着致しました。まだ数時間しか使用していませんが純正のケーブルと比較してノイズに強くなった印象です。やはりバランス接続の恩恵なのでしょうか。
音質の面では、私はマス工房のmodel404というヘッドフォンアンプを使用しているのですが、以前からアンプの実力が高いだけにケーブルなどで味付けをされた音ではなくこのアンプ本来の音を聴きたいとずっと思っていたのですが、尖った所が何も無いというカナレのケーブルは個人的に最良の選択と感じています。
純正ケーブルよりも解像度が高く、くぐもった感も無くなり言ってみればカーテンが開いた様な感覚です。見た目もクールですごく気に入りました。本当に良い買い物をしました。感謝しかありません。ありがとうございました。また機会がありましたら宜しくお願い致します。

バランス接続は、それだけでもノイズ耐性が有るものです。これがカナレL-4E5Cの緻密な編組シールドで強化され、さらにノイズには強くなっているのだと考えます。L-4E5Cの音は尖った所の無いものですが、それこそを必要とする方には線材は安価ですし良い選択になるのだと思います。

ありがとうございました。

SONY MDR-EX1000用ケーブル 120cm 分岐長50cm
スライダー無
耳かけ部 透明収縮チューブによる形状記憶
分岐部処理:青左 白右
線材:カナレ L-4E5C(分岐部のみ芯のみ)
外装:無
スプリッター:Yスプリッターa ゴールド・カーボン平織
ヘッドホン側:MDR-EX800ST純正ケーブル抽出プラグ アクリル形成プラグボディ
アンプ側:2.5mm4極 中村製作所 NP-254
商品代 31260円 (価格は製作当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加