beyerdynamic T5p 2nd Generation用ケーブル Belden1804A 120cm “03H”

p1120831 p1120834

beyerdynamic T5p 2nd Generation用ケーブル製作のご依頼をいただきました。

T5p 2nd Generation(以下T5p 2G)はT1 2nd Generationの次に発売された、beyerdynamicのポータブル用ヘッドホンのフラグシップモデルですね。こちらもT1 2Gと同じようにリケーブルできるようになっていますので、今回のようにお好みのケーブルでリケーブルしてやって音や雰囲気を追及していただけます。

線材はBelden1804A 高品質な銀メッキOFC線です。元々がマイク用ケーブルで4芯の構造で編組シールドが有りますのでノイズに強く、ヘッドホン用に転用するとBeldenらしいバシッと筋の通った音がする線材です。今回は新入荷のメタル編組チューブに通す事で対ノイズ性能をさらに向上させ、また見た目もT5p 2Gのシルバーの色とマッチさせる事ができました。
E4プレートとシリアルナンバーは銅ではなく銀色のもので行ってほしいとご依頼をいただきましたので、洋白板に刻印を行いました。ケーブル全体の雰囲気とも合っていると思います。

ヘッドホン側プラグはT1 2GやT5p 2G、他にはAK T1pなどにも使っていただける形状のニコイチプラグです。これらのヘッドホンはヘッドホン側プラグが段付きで細身のプラグしか入らず、E4UAではこれをプラグ軸とボディをニコイチする事で製作しています。

アンプ側プラグはAstell&Kernロゴ入りAK-2.5MM-PLUGです。とても高品質なプラグ軸をもったプラグで、Astell&Kernはもとよりその他の2.5mm4極バランス出力を備えたDAPやアンプでも使っていただきたいプラグです。

お写真とご感想をいただきました。

dsc_0050

早速、試聴させていただきました。

先ずは外観からですが、イメージ通りヘッドフォンにマッチしており、高級感及び落ち着きが出たように感じます。
強いて言えば、分岐部のチープ感が否めませんが、プレートの埋め込みでカバーされていると思います。

次に音質についてですが、先ずはリケーブル効果を試したかったので、3.5mm3極変換アダプターを取り付けて、アンバランス接続で、純正ケーブルと比較してみました。

結果、全域にわたりメリハリが出て、音離れが良くなりスピード感が出ました。
特に低域の変化は素晴らしく感じました。

次にバランス接続では、上記の変化に加え、音の厚みが増し、分離感及びパワー感が向上したように感じました。

外観、音質共に満足できる結果となり、ありがとうございました。

密閉型ながらメッシュのようなヘッドホンシェルとメタル編組チューブの雰囲気がとてもマッチしています。
また音の変化もとても良いベクトルで感じていただけましたようです。

ありがとうございました。

beyerdynamic T5p 2nd Generation用ケーブル 120cm 分岐長30cm
E4プレート・シリアルナンバー有 (洋白)
線材:Belden1804A
外装:メタル編組チューブ
ヘッドホン側:3.5mm3極 T5p 2G対応ニコイチプラグ
アンプ側:2.5mm4極 AK-2.5MM-PLUG
商品代 16907円 (価格は製作当時のものです)

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加